5部屋の一軒家が、なんとたったの120万円!!これなら楽に生活できるかも?

これは少子化・貧困問題に光明か??

長野県に移住して妻子を持つN氏が、こんな物件を紹介していました。

スポンサーリンク
336×280

「長野市から南に25km・麻績村の物件がすごい!」

物件番号:28-1 駅より徒歩5分。村中心部に立地し、通勤や買い物に便利

物件内容
土地及び建物
木造2階建(昭和25年築) トイレは汲み取り
部屋数5部屋
現状渡し(小規模修繕必要 2階の畳替え・1階縁側の天井)
ペット不可
賃借人が行う修繕可能
備考
駐車場なし
希望価格
売買120万円 賃貸10,000円/月

http://www.vill.omi.nagano.jp/rurallife/housing/
2016年12月11日時点

平成25年築

ではなく

昭和25年築

ということは築66年で、駐車場なし。とはいえ、もちろんこれは非常に安いので、人気があると思うが、
このほかにも麻績村でなくても、一戸建て月2万とか、200~300万円の物件なら多数あると思います。

もちろん田舎ぐらしの懸念材料としては、その地域でうまくやっていけるかという問題。

地方によっては、非常に封建的・閉鎖的なところもあるけど、新幹線もある長野市近郊や、五輪やスキーなどで開発が進んだ県北部ならそんなに閉鎖的ではないと思う。実際白馬には多くの西洋人が移住しているというし。

写真:雪の長野市内

麻績村なら環境もよく、夏はアウトドア、冬はスキーやスノボも楽しめるメリットもある。

超過密都市・東京に住み続ける価値はあるの?

もちろん一人ぐらしや子供がいない夫婦ならいいけど、
子育てするとなれば、2本志ね!と無理に東京で消耗するよりも、
田舎に移るという選択肢を入れるべきかもしれない。

なぜかというと、家賃が非常に安い。

都内とかだったら月30万稼いでも家賃やらなにやら高いので不安かもしれないが、田舎で家賃が0円(賃貸でもたった1万円)しかかからないのなら、仮に現地で仕事して手取り15万円だったとしても、東京とちがってムダに見栄を張ることなく、肩肘張ることなく何とか生活ができると思うからです。

家賃だけでなく、食事や教育なども安くつくし、無理な残業をしてまで生きることは無いと思うし、保育所の問題も、そして家族の時間も取れる。

二本氏ね!と叫ぶぐらいにぎすぎすしたコンクリートジャンゴーで追い詰められた人は、発想の大革命で、田舎に移り住んだほうが、意外に快適で仕合せな家族になれるのではないかと思いました。

372 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*