東北・函館・18きっぷの旅7 函館>秋田編 「青函トンネル最後の特急」

帰路 1日目

函館1027→木古内1131
木古内1159→蟹田1252 白鳥22号
木古内1248→蟹田1343 スーパー白鳥24号
蟹田1405→青森1442

青森1729→弘前1816
弘前1953→秋田2223



函館>木古内

3月9日、

函館から帰るときに、事件発生!函館駅では目を疑った。

なんと自分の乗ろうとしている白鳥22号が、運休なのである!!

DSCN5993

これでは本州に帰れないのではないか!と一瞬パニックになったが、

駅員に聞いてみたところ、なんのことはない、次の白鳥に乗ればよいとのこと。

次の特急は、白鳥22号ではなく、スーパー白鳥24号。

しかも、運休した白鳥の40分後にスーパー白鳥が12:48に木古内にやってくるので、

木古内1159→蟹田1252 白鳥22号
木古内1248→蟹田1343 スーパー白鳥24号

蟹田1405→青森1442

蟹田での乗りつぎに問題ないどころか、あの便利な木古内の道の駅でさらに40分休む事ができるわけだ。

しかも「スーパー」がつくだけあって、新しいタイプである

災い転じて福となすってことですなあ。

函館駅

DSCN6028

函館から木古内の天気は、雪が舞ってきたと思ったら、しばらくすると急に晴れてきたりと、イギリスの天気のようによくわからない天気だった。

内陸に住んでると、晴れてるか雨が降ってるかがハッキリしてることが多いけど、

変化に富む天気も、海沿いの天気っぽくていい。

DSCN6066DSCN6064

木古内駅前のただならぬ雪解け

おもえば3月6~8日まで函館にいたが、

ちょうどその3日間は、拍子抜けするぐらいに寒くなかった。

(といっても気温は関東の平年と同じぐらいだけど)

雪解けも進み、木古内駅前の1mぐらいあった雪も、なんとなくなっていた。

3日でここまで変わるとは。

これが3月6日。まだかなりの雪が残っている

DSCN5212

3月9日になると、このとおり。歩道の雪も消えた。ロータリーの雪も半減。

DSCN6124

3月6日

DSCN5265

3月9日

DSCN6158

木古内>蟹田

こちらでお楽しみ下さい

青函トンネル最後の特急

【永久保存版!】さらば白鳥、スーパー白鳥の写真 「青函トンネル最後の特急」
ついに、北海道と本州を結ぶ特急白鳥は、本日3月21日が最後の運行日となりました。 この青函トンネル最後の特急・白鳥をネット遺産とすべく...

蟹田>青森

蟹田駅は、北海道新幹線の後はさびれゆく駅になる

なにもない駅なのに、なぜか韓国系の観光客がいた

DSCN6337

ぼちぼちいくかに

DSCN6363

下北半島を見ながら進む

DSCN6370

右に見えるは青森市側。どんどん近づいていく。天気もよくなってきた。

DSCN6375

やっぱり鈍行の旅はいいなとおもう

DSCN6405

青森市に戻った。

きのうまでは拍子抜けするほど寒くなかったが、

今日になって寒さが戻ってきた。

昼間の気温も、たったの1℃。風が強く、とにかく寒い!

三角形の建物・アスパムの2階で昼食にする。海を見ながら食べるのは格別。

北国らしい、複雑な空。

DSCN6466

青森>弘前

さらば青森、しばしの別れ といっても青森市は何度でも来る機会はあるけどね

DSCN6607

夕方なので、電車の中は混雑していた。弘前駅に到着

DSCN6630

DSCN6664

外に出ると、乾いた雪が舞っている。

東京の街とちがって、街が新しく、間取りが広い。人も少ない。ロサンゼルスのリトルトーキョーのような街だ

城下のある旧市街からは離れており、駅周辺はとくに見所はないのだが、

と思ってたら、ちょっと歩くとゲームセンターを発見。

1階はプリクラやら音楽ゲームとどこにでもある感じだが、2階に行くと今では見かけなくなった、筐体型の90年代のレトロゲーム機(パズル・シューティング・格闘ゲーム)もここでは健在だった

さすがにレトロと言っても、インベーダーやパックマンのようなのはなかったが。

魔女の宅急便の、町おこしバージョン?

弘前を舞台にした「ふらいんぐうぃっち」

ちょうどテレビ放映中。

DSCN6684

弘前>秋田

そして秋田に戻った!さあどこで寝ようか。

DSCN6824

つづく。

594 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*