1年続けて判ったこと。たびいちドットコムの運営は、天職だ。ところが・・・・ 

好きな旅で食べていきたい。

と思いつつも、トラベルライターにもなれず、世界を股にかける(あっちのほうじゃないよ)ツアーガイドにもなれなかった私は、これまでになかった新しいジャンルの職業・旅のWEBクリエイターに託すしかない。

その思いで1年前に始めた、たびいちドットコム。

いわば、アウトカーストのインド人が成り上がるために、カーストの職業制約にないIT産業(紀元前には当然コンピューターなんてあるわけ無い!)をめざすのと同じようなもんですね。



ブログ・サイト運営のメリット

自分の経験が生きる
ほぼノーリスク
ゲーム感覚で仕事になる

適性:

パソコンが得意
経験を世に伝える情熱とパワーがあるか

パソコンが得意:

ファミコンやゲームが大好きで、マイコンBASICマガジンを読んでたような小学生時代。さすがにプログラミングやコードもよくわからなかったものの、抵抗は無かった。

それからインターネット時代になって再びパソコンをいじるようになってからは、給料の高いSEを目指ざそうかとも思っていたけど、PearlとかC言語など、何から資格を取ればいいのかもよくわからんし、当然ストレスまみれのかなりきつい仕事らしいので、どうも乗り気になれないうちに時が過ぎた。

とはいえ、それでもPCの仕事をやりたく、Webshopの受注管理とか、顧客契約登録などの仕事もやっていたので、PCスキルの向上や売れる・売れないWebマーケティングなども少しはわかった。

私は大の目立ちたがり屋ですが、
記事を書いたり、編集したり、記事のPRや収益をより上げるためのSEO作業など全てしなくてはならんので、現実は修行僧のように地味です。

天職だからこそ、何倍も力を出せるのじゃ!

そして大事なのが

経験をどれだけ世に伝えるパワーがあるか

正社員になれば、リストラさえされなければ窓際族だろうが給料ドロボーでも生きていけるが、
サイト運営は、芸能界と一緒です。

激しい競争社会なので、自らどんどん記事書きという仕事を作って、成り上がって、のし上がって多くのPVと収益をえなくてはならない。

飢えたオーカミのように、貪欲さが必要になる。

どっこい、たびいちドットコムの運営は天職なので、面白くて仕方が無い。

世界の経験を、面白く書いて、収益になっている。
何十年前から望んでいた仕事が、やっと見つかり、実現できたのです。

もちろん大変なときもあるし、ヒットも無くて収益が低いと失望するし、記事にするのは労力がかかるが、書いてしまえば徐々に見てくれることを知った。たくさんの失敗を重ねるうちにPVを上げるコツもつかめた。

ハンターと同じで、自分から掴み取らなくてはならない。

もちろん人によって向き不向きあるけど、もともと私は、自分の情報をアホみたいにジャンジャンバリバリ発信しまくりたい人間なので、私にとってこれだけおいしい仕事は無いと思っている。

たとえば従来の紙媒体の場合、ミニコミ作るにせよ、余計な労力と初期費用が大変かかっていた。

しかしこれはドメイン代とサーバー代だけなので、経費は年間3000円ぐらいしかかかっていない。
月間250円の収益とネット環境があればいいので、250円ならどんなに死ぬほど不人気でも、赤字になることは無い。充分回収できる。しかも紙媒体とちがい気軽に世界中に発信できる。

それでも自分に向いてなければ、ほかの仕事を目指せばいいだけのこと。
たとえ更新するのをスパッとやめたとしても、ある程度のPVがあって、たとえ毎月数百円でも入り続けば、こづかい程度でも、労せず黒字になるのである。

たびいちドットコム生誕当初は、全くの不人気で、最低のPVしかない月で、どんなに低くても月当たりの収益では充分回収できたし、
今後はスーパーハイリターンになっていくのです。

20,30代のうちに貯めた経験を、存分に操る

たびいちドットコムの運営には、確固たる信念と軸があるからです

1億人に向ける
おもしろく人の役に立つ情報
長く運営する
時代の流れに合った記事
小学校高学年でもわかる、わかりやすく読みやすい文章を書く
http://tabi1.com/website-for-100million

写真も、国内外の15年間で40万枚以上撮っているので、
ある意味ビョーキかもしれないけど
もうありあまるぐらいの面白い写真があるので、あの大げさな西洋人のリアクションやジェスチャーばかりの、見ていていらつかせるフリー画像なんぞ使う必要もないわけです。

なぜなら、いまや誰もがスマホでもいい写真が取れる時代なので、おおげさでくっだらないフリー画像なんぞに頼らなくても、ちょっと外を歩けば美しいものや面白いものはいくらでも転がっている。

私ぐらいの同年代で力入れてサイト運営やってる人は割合的に少ないと思う。
なぜなら、時給で換算すると、普通に働いたほうがよっぽど金になる。

しかし、20年、30年という長いスパンで見た場合、低迷時代から回収できる見込みはある。
たびいちドットコムの収益で、少しでも老後の生活の足しにしなくてはならない。
それで自分の年代でやってる人間が少ないとなれば、ある意味有利かもしれない。

ブログやサイト運営に必要な、たった一つのもの

それは

「強い信念」があるか。

11230263

どんな低迷期でも、自分を信じて、しっかり歩き続けること。

それによって明暗が分かれる。

先達諸氏の言うとおりに、

毎日1年模範的に記事の更新を続けてみた結果、

そう思うようになりました。

しかし、今年になると

・・・・・・と、ちょうど昨年は上記のような強気なことを言ってました。

しかし、今年今月になってからは、PVが激減。

というのも、SNSによる集客が今年から効かなくなってしまったからです。PV激減ゆえに、やる気もそがれてしまい、スランプになってしまった。

まあ、先月とかは調子に乗ってガンガンSNSで拡散しすぎたせいもあるのだけれども。

だけど、二年目からはまた仕切りなおしと言うことで、SNSに頼らず、己の力だけでがんばる「真の戦い」になるのです。

389 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*