沖縄放浪 沖縄の後に向かったその島は?島のシスター・カソリック

4月22日
ついに沖縄を後にする日がやってきた。

朝8:50に沖縄北部の本部港からフェリーに乗り込む。

フェリーには海が見える風呂があって、眺めも最高。こびりついた旅の垢を落としまくる。

  

そのフェリーは那覇を出港して、本部により、与論島や沖永良部、徳之島経由で、

その日の20時50分に奄美大島の名瀬港に着いた。

上陸すると、鹿児島リコーとか鹿児島銀行と言った看板が目に付いたが、まだ島旅中で沖縄の延長みたいなので不思議な気分だった。

しばらく走ってオフシーズンの海の家の広い軒下で野宿。夜中でも車がやってきて落ち着かない。石垣島で替えたブレーキパッドもすぐに減ってしまった。そう思うと気分がますます重くなる。もう疲れた。帰りたい。



4月23日 島のシスター

今日は大島の北部を走る。奄美諸島の南の与論島や沖永良部島も鹿児島県だが琉球の影響が強くのこっているようだが、徳之島から奄美大島はすっかり鹿児島の影響下なので、シーサーはほとんどないし、屋根も瓦風、墓も沖縄の大きい墓ではなく日本風墓。

本来は島唄等をとっても琉球と同じ文化圏だったのが、薩摩の影響下で本土色の方が強くなっている。

大島東部の果てにある笠利(かさり)町は、奄美大島に多いカソリック教徒が特に多い町。だから「笠利」なのかもしれない。

町には小さな教会も多くて、集落ごとに教会がある。フィリピンや東欧のように少し日本離れしている。

これを見たとき、無宗教な自分にとっては、アンペアとかオームとかで、電流や電気の計算に見えてしまうのであった。

大笠利教会のアンゼラスの鐘を見る。この鐘はフランスから送られてきたが戦時中幾多の苦難の末に再び笠利に戻ってきた。

これまでカソリック信仰の厚い中南米を半年以上旅してきた。居候させていただいた家もカソリック教だし、インドのゴア(旧ポルトガル領)では教会にも泊まったのですごく興味があり、鐘の下で中南米の旅に思いをはせる。

すると、中年の日本人女性のシスターがやってきた。ちょうど正午だったので15回鐘を打たせてもらう。そのついでに教会の中に案内してくれた。

聖堂の中には産まれたキリストを抱くマリア像があったが、その背景が波状になっていた。シスターによれば人生の荒波に負けないようにと言う願いを込めて彫られたものだが、それがカソリック教と奄美の海洋風土が見事にミックス、チャンプルーされていてじつに興味深い。

 

そういえばカソリックといえども東欧、南欧、ゲルマン系でもオーストリア、そしてアフリカ、中南米、アジアではフィリピン、インドや中国の一部などなど、と全世界に浸透しているので、たとえば南米ならカソリックとインディへナの土着信仰が少しチャンプルーされたように、少なからずその土地の文化に合わせている事が多い。

シスターは信仰活動の一環として南米のペルー、ボリビア、ブラジルを訪問した事があり、その話を興味深く聞かせていただく。シスターは奄美訛りのない標準語で落ち着いた風に話す。

話によれば貧しい国ほど信仰心が厚い。ミサの時に教会に入りきれず、あふれた人々が窓から覗き込んでまで一心におミサをする信者に一番感動しました、とシスター。

そのかわり豊かなヨーロッパでは信仰、教会離れが想像以上にひどいと言う。考えてみれば日本も同じようなものか。

そのあとカトリック新聞と言うのを読む。それによると日本のカトリック信者数は50万人弱。日本国民の0.4%が信者。東北や四国では0.1%だが長崎県では4%の65000人もいる。

教会を出ると、長い旅の疲れがドドドッとたまって不機嫌だった自分の心も癒されて、なんだかスッキリ晴れ晴れした気分になった。やはり聖なる信仰の力なのか、教会は不思議なものだ

夕方、名瀬に戻る。那覇ではスクーターで帰るサラリーマンが多いが、名瀬では自転車で帰るサラリーマンの姿が目に付く。コンパクトな街である。

名瀬市内を俯瞰

名瀬のアーケード。

石垣島はコンビニや広いショッピングセンターが2~3軒あってアメリカ的だったが、名瀬は同じぐらいの人口の割にはそんなものがなく、個人商店に毛の生えたほどのコンビニと、3階建てのダイエーがあるくらいで、沖縄より観光客も多くない封建的な感じの島だった

それでも大型古本店や百円ショップぐらいはあった。店に入るとピアスした地元の高校生がいてその会話を聞いてみると

「115円も120円も変わらんちゃん」

などと言いあっていたが、彼らの会話のアクセント、訛りが栃木や茨城あたりの訛りにかなりそっくりなのに驚く。

中学校の校庭を見ると、日も暮れかけた6時40分だと言うのに鹿児島らしくまだ部活をやっている。沖縄とは大違いだ。あきれたことに7時を過ぎてもまだ運動部員が残ってグラウンドの片付けをしていた。

うちの中学校時代でさえ夕方6時で完全下校だったからこれはやりすぎだ。これじゃあ帰ってから宿題する暇もなかろうに。

男子中学生は今なお丸坊主頭で、学帽までかぶっている。古風な姿がひっそりと今なお残っている。

4月24日

バス停で目覚める。色々奄美の森の中も走ったりするが、結構枝道も多く道とかもくねっているので目的地まで案外時間がかかり、面積の割に広く感じる。林道の宝庫なのだ。

21時30分頃名瀬港から鹿児島行きのフェリー、クイーンコーラル8に乗るが、そこもわかなつおきなわ同様船内満員で息苦しくしかも隙間なしの難民船的雑魚寝状態。

さすがに泡盛飲んで騒ぐ団体はいなかったけど、何で高い船代払ってこんなひどい思いをしなけりゃならんのかと思うと、本当に虚しくなった。

252 total views, 4 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*