AUS15 野生の趣あるバイロンベイとバブルなるゴールドコースト

バイロンベイでは、石垣島で会ったオージー女子のところに泊まった。

そこで男女何人かがハウスシェアで共同生活をしていた。

私が泊まったのは、家の外のキャンピングカーの中。その中には別の一人が泊まっていた

肩肘張らぬ、典型的なオージースタイルだ。

ここに住んでいるのは、場所柄、ヒッピースタイルなオージーもいた

11090010

車の中は狭いが、必要充分

11090011

ここが家の中のダイニング。みんなが集う

11090003

スポンサーリンク
336×280

オーストラリア大陸最東端のバイロン岬

オーストラリアは大陸の割りに人口が少ないので、大陸の最北端などに行くのは容易ではないが、最東端ならバイロンベイからも近く、一番行きやすいので、観光客も多い。

バイロン岬は、NSW州の最果てともいえる場所なのだが、日本人観光客が多い。

なぜだろうと思っていたら、ここからだと、QLD州(クインズランド)のゴールドコーストのほうが近いのである

すなわち、バイロンベイは、同じNSW州の州都シドニーよりも、ゴールドコーストはもちろん、QLD州都のブリスベンのほうが圧倒的に近いのである

11090014 11090020 11090030

ゴールドコーストと、バブルの思い出

ゴールドコースト(GC)と聞くと、

私の年代だと何が何でも!どうしても!

「バブル時代」

と言うイメージになってしまう。

バブルの当時「金余り大国」だった日本は、投資目的もあって、こぞってGCの物件を買い漁っていてGCがブームになっていた。

といっても、マンションの一室などを買ったはいいけど、日本人は仕事が忙しすぎるためGCに訪れるヒマもないとなれば、本末転倒、何のために買ってるの、アホじゃなかろうかとすら思っていた。

成金で金持ち国家になれても、あくせくがつがつしていて品性が追いつかず、お金はばらまいてるけど海外から見ればエコノミックアニマルのみっともない国。そういうかつての日本に対する情けない思いが、自分の少年時代に深く焼きついていた。

まあそれはともかく、バイロンベイからはGCが近いので、せっかくなので寄ってみることにした。

小笠原諸島のようにのどかなバイロンベイ村から来ると、摩天楼のGCはあまりにも大都会に見えてしまう。

11090046

GCのサーファーズパラダイスは、写真通り&文字通りのサーフィン天国だ

そのためか、ワーホリも多い。

11090047c

11090052

大都会なので、単車はショッピングモールの地下駐車場に置いて散策した。

11090048

こうして、GCを味わったあとは、のどかなバイロンベイに戻ったのだった

現地の仲間の家で過ごす夜。

夕食は、どんなものが出てくるんだろうと思ってたら、ポークステーキのグレービーソースがけと、皮のついたままのジャガイモを8等分に切ってそのまま揚げたものだった。まさにオージースタイルだ。

お返し代わりに、私は日本の焼きそば(日清インスタントやきそば)をつくったげた。くわせてみると、日本の味は、向こうの人にとっては微妙だったかな?

そのあとは、ドレッドの白人がジャンベをたたきながらすごす、のどかな夜であった。

226 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*