旅の相談室 1 旅向けの単車選び

先日、この記事より、はじめて相談をいただきましたので、
ここで旅の相談室を開設します!
よう より:

こんにちは。楽しく見させてもらいました。
色んな国でバイクって買えるんですね。

実は、自転車で世界一周し、先日帰国。次の目標を模索中です。

次は、世界をバイクで走りたいなと考えています。今回は一周ではなく、オーストラリアや南米などを単発で上限3ヶ月ぐらい走ってみたいと思っています。「バイバッグ」が簡単にできるのは嬉しいですね。

自転車の知識はある程度あるんですけど、バイクの知識はあまりありません。昔、原付をいじっていた程度です。中型免許もこれから取得予定です。
まずは、日本で練習しようと思うのですが、オススメのバイクありますか?

・タンデムで行こうと考えている
・もちろん、ツーリングキャンプに適しているもの
・お金はあまりない(笑)ココ切実(汗)
・体重は軽い(2人で100キロ程度)
・スピードは遅くてよい

模索段階でガッツリ質問して申し訳ございませんが、アドバイスよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
336×280

バイバックといえば・・・

前世紀の90年代は、単車で世界を回るとなると、世界一周が主流だったと思います

まだ日本も経済力があって、佐川急便とかで3年ぐらい働けば、1000万円貯めれた時代ですからね。

当然バイバックのできるオーストラリアも大人気で、90年代は日本人ライダーでウジャウジャしていたわけです。

方や最近のワーホリでは、出かせぎ傾向に戻っているとのこと。野良仕事をすれば、日本で時給800円や1000円という世界なんぞとは、訳が違うぐらい稼げるらしい。

話はそれましたが、いまはお金もない時代。

車種選びとしては、

ゆっくりでもいいので経済性を求めるなら、やはり、125cc。

タンデムの快適性を求めるなら、250cc。

ただ、タンデムとなると、125だと車体自体が軽いので、タンデムだと多少安定性がないかもしれないけど、二人で100kgなら問題ないでしょう。

おそくても良く、お金が切実に無いとのことなので、

ここでは経済性抜群の125ccをとりあげます

125ccのなかで、旅向きで、タンデムシートも座りやすそうなのは、EN125 、YBR125、GN125、などでしょうか。

ただGN125だとシートは厚いが、車体が小さめなので、タンデムの旅だと、ちょっときつい。サイドバックも付けにくいだろうし。

(因みに、私がもし次に125ccを買うことになったら、YBR125を買う予定です)

タンデムになるとキャンプの荷物は後部座席に括り付けられないので、サイドバックは必須。リヤキャリア&ボックスも必須です。

安定性があれば、ホンダのCD125のような「実用車」もありでしょう。売ってるかどうかはわかりませんが。

かつて「2X ツーエックス」という伝説のミニコミ誌を作ってた編集長が、CD125に嫁さん後ろに乗せてキャンプツーリングをしていた記事を見たことがあります

おすすめのバイク用サイドバック

私がオーストラリアやアフリカに行ったときは、以下の最大容量のサイドバッグを使ってました。72L入ります。おそらく今でもサイドバックのなかではいちばん大容量でしょう。

これを買ってから13年!経ちますが、さすがにボロボロで変形してても、いまでも使ってます

これからもバイクに乗るのであれば、買って損はありません。

Amazonで買う場合:

楽天とやふー

リヤキャリアとリヤボックス

シンプルで安くて使いやすいのが、老舗のメイホー・カスタムセブン 20年以上愛用してます

これも昔と同じデザイン。

Amazonで買う場合:

楽天とやふー

このほかにも、いろんなタイプのボックスが安く売ってますが、先に述べたとおり、亜流品や二流品よりも、カスタムセブンのほうがシンプルで使いやすいです

亜流品は、日本のものとちがってきめ細かくなく、中に入れたものがキズがついたり、勝手に鍵が閉まったりと、使いにくいからです

ところで、このカスタムセブンは、さっきのサイドバックとちがって、そんなに大きくはありません。フルフェイスヘルメットが一個入る程度です。

なぜかというと、125ccバイクについているリヤキャリアは小さく、積載許容量は、3kg程度が限度です。

欲張って大きなボックスを買って、10何キロもの荷物を入れると、当然重量オーバーになり、キャリアが折れたり、根元のボルトが脱落したりと、金もかかるし非常に面倒なことになります!

リアボックスは防水性と堅牢性があるため、PCやデジモノ、書類を入れるわけですが、そうなるとあっというまに3kgを越えます。なのでボックスを入れても、せめて5kg以下にしたいところです。

そしてバイクの重心を取るためにも、重いものは、サイドバックに入れましょう



サイドバックとリアボックスをEN125に装備した結果。

322

SCN5485

GSR(250cc)だとこんなかんじ

DSCN0315c


ということですが、まだまだ補足とかがありましたら、返答しますので、お寄せ下さい。

たびいちドットコムを盛り上げていきましょう! おたがい旅をがんばりましょう!

1,891 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. よう より:

    こんなに丁寧にありがとうございます!!
    非常に分かりやすく、参考になりました。
    夢が広がる思いです。

    自転車とバイクでは、旅のテクニックも変わってきそうなので、勉強していかなければなりませんね。修理も含めて…。

    もし、たびいちさんが次に250ccを買うことになったら、どの車種を選びますか?参考に教えてください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*