ダイソーの250円のクロックス風サンダルを一ヶ月履いてみた結果

近年、日本でもおなじみのクロックス型サンダル。

これまでの普通のサンダルや、ビーチサンダルなどとちがって、

いいことづくめ。

履きやすいし、長距離を歩いてもぜんぜん疲れません。

スポンサーリンク
336×280

その名も「ワクワクサンダル」

そこで、百均・百円ショップのダイソーで売っていた、クロックス式のサンダル

その名も「ワクワクサンダル」を買いました。

DSCN3577

英名だと、Exciting Sandals

なにがエキサイティングなのかよくわかりませんが(笑)

さすがに100円じゃないけど、たった250円という安さなので、どこまで履けるのかレポートします。

DSCN3579

DSCN2321

ワクワクサンダルの利点

まさに、クロックス型サンダルは、靴とサンダルの長所を合わせた点です。

履物界の革命児

といっても過言ではないと思います

これまでの普通のサンダルや、ビーチサンダルなどとちがって、

◆履きやすい

◆長距離を歩いてもぜんぜん疲れない。

しかも足全体をカバーされているので、

◆つま先がむき出しのビーチサンダルなどとちがってケガをするリスクも減る。

◆何年でも履けるぐらいに丈夫。

しかも、普段は使わないけど、かかとのホルダーが付いているので、

◆脱げることがない。そのまま海や川にも入って行ける。

DSCN2363

DSCN2357

いいことづくめの革命的なサンダルです。

サイズについて

私の足のサイズは、26cmです。26.5cmの靴を履くと、ちょっと大きいかなというぐらいです

なのでふだんは26cmの靴を履いてちょうどいいぐらいです。

しかしコスト削減のためか、大まかなサイズしか売られてないようで、そのサンダルはMサイズで、25cmから26.5cmまでという大ざっぱなワイドレンジぶりだった

それでも26.5cmとかかれているので、自分の足26cmだと、見てのとおりぶかぶかだった。

DSCN2317 DSCN2318

サイズが気に入らないという人は、ちょっと高いけど靴流通センターでもいろんな種類が売ってるので、それらを試してみてもいいでしょう

そして、実証開始

最初の1日

まずは初日履いてみた結果。

やはり、まだまだ馴染んでない気がして、充分余裕があるのにかかわらず、妙に歩きにくかった気がした。

そして3日~1週間後

ほどすると、違和感が出てきた。

左足の甲の右の部分がサンダルに当たるたびに少し「痛い」と思うようになった。

そのあたってる部分(指差してる部分)が、小さく赤くはれている。

DSCN2302

1ヶ月以上たった今でも残っているが、残ってるのは痕だけなので、痛みとかは全然問題なし。

そして2週間後以降、1ヶ月後

しかしは履いているうちに痛みも感じなくなり、足もサンダルに適応してきたきたようだ。

そしてだいぶ歩きやすくなってきた。

1ヵ月後の状態

これが新品時

DSCN3579

そして1ヵ月半後。そんなにすりへっていない。

DSCN2327

はいてみた感想

250円という安さだから、ヤワだろう、履きにくいだろう、すぐダメになるだろうと思ってた

だけど、意外と丈夫でした。すべることもなかった。

最初は痛かったけど、足が慣れていた。

そして安物サンダルで懸念していたのは、底がヤワだと、大きめの石を踏んでしまったりすると痛いということ。

しかしこのサンダルは安くても底がしっかりしているので、石とか踏んでも全然問題ない。

250円ならとにかく安いので、4個買っても1000円。

サンダルも消耗品なので、裏がすり減ってきても問題なし。ぜんぜんお財布に負担がかからないので、何個か買うのもいいかもしれませんね。

タイなどの東南アジアを旅するなら、これだけでいい!

タイなどの熱帯アジアを、バックパッカーや放浪の旅をしようと思う人は、

250円サンダルだけでいい。靴なんかいらない。

1ヶ月以上履いて歩いたので、実証済みだし。数ヶ月ぐらいの旅なら、靴の裏も充分持つ。

タイやインドシナでは、サンダル履きが主流。雨季などになると水がたまって靴だとちょぐちょになるけど、ワクワクサンダルならそんな心配もいらない。

日本と同じく、タイでも安宿や寺院などでは靴を脱ぐことになるので、サンダル履きのほうが適している。

クロックスならサンダルと靴の両方の利点を兼ねるので、靴も靴下もいらないので、荷物も軽くできる。

だから自宅から海外、そして自宅までずっとワクワクサンダルで行こう!まあ日本の冬だと、自宅から空港まで行く道中がちょっと寒いかもだけど、空港などの中は充分あったかいので、全く問題なし。

思った以上にとにかく便利ですよ!

14,024 total views, 5 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. トモキーナ より:

    ちょうどミャンマーから帰ってきて、この記事を拝見しました。
    ミャンマーも基本はサンダル。
    お寺では必ず靴を脱ぐし、気温38度で暑いのでサンダルが最適でした。
    ずっと中米でも愛用していたサンダルが壊れたので、現地で250円ぐらいで購入したけど、ここで紹介されているダイソーサンダルもとっても良さそうですね!
    街歩きやお寺めぐり、ビーチでも大活躍しそう!250円という価格も魅力的!
    次回ミャンマーへ行く時は、ぜひ、このダイソーサンダルを持っていこうと思います!

    • たびいち より:

      そうです、是非お買い求めください。(といってもダイソーの回し者ではありませんが)
      中米は文化的に靴を履いたりするけど、東南仏教アジア件ですと、サンダルですからね

      旅の品々は、現地で買うべきか日本で買うべきか迷うところですが
      このサンダルなら日本の基準で作られてるので、かぶれたりする心配がないので安心ですね
      昔タイでサンダル買ったら、えらいかぶれてしまいました

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*