「D・カーネギー人を動かす」は、全人類に最適の万能の書。

ブロガー・経営者・教師・モテたい人等、全人類に最適の書

12年前、黒歴史ともいえるキャッチセールスの仕事

私の黒歴史 ~就職先は悪徳キャッチセールス(1)説明会と研修編~
たびいちドットコムをはじめて大分経ちました。 始めた当初はビギナーズラックでPVも多く広告収入も入ったものの、このところPVも低迷し収入も...
をクビになり、それからしばらくした後、私のバイク仲間であり、職場の先輩だった人のツテで再就職できたわけですが、その職場ではその人にはとてもいろいろお世話になったわけです。

そのときに薦められたのは、

この「人を動かす」と言う本です。

DSCN1857

さっそく買って読んでみると、

私の人生で悩みに悩み、迷っていたわだかまりが解けて、導いてくれるような一冊です

はっきり言って、そこらへんの巷にあふれる自己啓発本とは、全然価値が違います。

これぞ本物です。

なんたって、あのエーちゃん・矢沢永吉も読んでいたほどの

「世界の名著」ですからね。

なぜなら、

正直言って自己啓発家や成功者が書いたものは、

実践しようとすると、役に立たないものが多い。

それは、その人の考えと、一般の人間では違うからだ。

成功してトップに立つ人は、大抵、狂気ともいえる情熱や、恐れを知らぬタフな性格、溢れ出るカリスマ性、生まれながらの天才的な素質や才能や爆発力を持っているので、普通の人の何倍もの能力を持つバリバリスーパー人間を、平凡な人間が真似しても到底かないっこない。

なので自己啓発本を読んでも

「これはすばらしい考えだ!明日から自分も実践しよう」

と発奮しても、気がつけば「現実」という大波に呑まれてしまうのがオチ。



何千人もの実例が濃縮エッセンス

ところが!「人を動かす」は
歴史上の偉人から、市井の人々まで、何千人という人の実例の根拠と、データに基づいて分析されたものを精製しているので
著者のバイアスや偏り・矛盾が無く、誰にでもできることを実例をもって書かれている。

笑顔を忘れない
心からほめる
人の立場に身をおく
命令しない
重要感を持たせる
などなどなど。

たしかに「笑顔を忘れない」など、ごもっともだけど、ではそれを具体的にどうやって実践すればいいのか?
その方法が、この本に書かれています。

読むだけでなく、実践する事

そして大事なのは、この本は雑誌や小説のようにただ読んで終わり、ではなく、
書かれてあることを実践する事

なので「人を動かす」をバイブルのように一生本棚に置いて一生ものにする。

しばらく経って、忘れかけたり、異性にふられそうになったり、人間同士の事で行き詰ったりしたら、何度も読みなおしてみる。
そうやって自分にとって最良の生き方を身につけていく。

なのでこの本は、すべての人に万能の効果があります。
人を動かす。ということはつまり


「教師になりたいけど、どうやって生徒と向き合えばいいか」
というのに最高の効果があるし、

「異性にモテたい!どうやってもてるようになれば?」
というのに当然効果があるし、

「これから子供が出来て、どうやって子どもを育てていくか」

にもぴったりです。


とくにこれから事業をしたり、経営者などの

「人を動かす」立場の人はマストです。

一家に一冊。読んで、実践。

そしたら日本も、

大分生き易い世の中になるんじゃないでしょうか。

413 total views, 3 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*