(100)震災直後のカトマンズの速報と状況と日本の撮影クルー

2015年5月上旬。今泊まっているホテルも水や電気はなんとか復旧してますが、このところ長い時間の停電が続き(なぜかWifiはできる)震災前にくらべれば不便ですが、強く生きています。これまでの野宿に比べればぜんぜん快適ですしね

ただ、カトマンズはひびや倒壊があるほかは、意外に通常通りだそうですが、店は閉まっていて不気味。

DSCN9112

だけど新しいインドビザを取らないと八方塞のゲームオーバーなので、本当に参っています。最悪のタイミングですがなんとかしなくては

4月28日についたカトマンズ。あれから開店する店も増えて、少しずつ元の活気を取り戻しつつあるようです。だけどまだまだ行きたい思う店がことごとく閉店になってるのは本当につらい。夜になるとほとんどの店は閉めてしまいます

それでも日ごとに再び開く店もだいぶ増えてきたように思います

スポンサーリンク
336×280

カトマンズは壊滅したのか?

そんなことはありません。建物の大方のほとんどは無事だと思います。新しい建物はわりと問題ないようですが、ただいくつかの建物はひびが入ったり傾いたりしており、タメルではあちこちで通行止めになっています

DSCN9216 DSCN9223

ニッテレの特派員?

TBSも撮影班がいる

近くにはTBSの取材クルーのワゴン車がとめてあった。ネパールのレンタカーだが、真新しいワゴン車のため、ワゴン車につまれた機材と荷台を見てると、日本と変わらん。

あと、空き地や公園、寺の敷地は被災民のテント村になっています

5月1日はカトマンズより被害がひどく、死臭漂うというバクダプルに行って来ましたが、その後救助捜索が進んだのか死臭はなかったですが、やはりカトマンズよりは被害に遭っている建物が多かったです。古い建物は玄関が閉鎖してあって入れないようです

と、特派員のような報告になってしまいました。

そして先日、カトマンズタメル地区在住の邦人に会うことができましたが、そこで働くスタッフもみんな帰ってしまい、苦悩に満ちた表情をしていました。

そしてインド大使館のビザセンターがまだ閉鎖中なので、ビザが発給できない。そこでインド大使館に行くと、来週にはビザセンターが復旧するので、5月15日にはインドビザは取れる、と言われたが、どこまで信じていいのかわからない。もう毎日が不安だらけです。

これは私がカトマンズで合流した日本人ガイドの話です。(4月初旬からヒマラヤをトレッキングして29日にカトマンズに戻ってきた)転載しておきます

「このネパールの地震、わからないことだらけだ。

いったい震源はどこなのだ?

もし報道通りにラムジュンヒマールなら、地震発生時にまさにその山塊の麓に私はいたのだが、たいして揺れてないし、揺れも長くはなかった。

どうしてそこに近いポカラは無傷なのか。ランターンの村村は本当に消滅したのか?

インド軍のヘリが相当来ているはずなのに、なぜ山奥の村村の状況がわからないのか?

私もカトマンズ入りするまでは、タメルは壊滅状態と思っていたが実際はほぼ無傷に近く、食料も水も大量に備えていったのに、実際は新鮮なフルーツも捕れたての魚も店先に並んでいる。

なぜ日本の報道は、水や食料が不足し病気の蔓延など、不安を煽り立てるようなことばかり書くのか?これらの疑問を放ってはおけまい。

また、ネパールが非常事態なのは疑いなく、それを放って逃げてくるようなことがあってはならない。」

132 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*