ノートPCの液晶画面を交換!11社の中から一番安い業者を選んだ結果

前回苦労したパソコン選び。

ブラインドタッチの速さを保つなら、こんなノートPCを買おう!
たびいち流パソコン選びの話です。 前回はタッチタイピングがどれだけ大事かを書きましたが どこの職場でも職場のパソコンでは...

そこで、高くてもいいものを買おう!

ということで選んだのが、レッツノートの14インチ CF-LX4でした

どんな中古でも程度のいいものだと11万円以上はする中、オークションでWin10モデルで73000円というのを買ってしまいました。激安で買ったものの、コンディションもバッチリ。

しかし、激安な分だけ、画面にキズが付いていた。まさに「玉にキズ」である

まあ天板や本体裏にもたくさん傷が付いてきたけど、それは気にならないので全く問題ない。
しかし液晶画面のキズは本当に目ざわりなのである。

画面のキズは、長さ1.5cmぐらいの、太い白髪のような一本のキズが、画面の上の真ん中のほうについている。

ブラウザを全開にすれば、色の濃いタスクバーで目立たなくすることもできるが、それ以外のときはどうしても目障りである。

ちょっとのキズのために大金を出すか、ガマンするか

ということで、

キズに目をつむりながらも、我慢して使い続けるか?
それとも3万円ぐらい出して、いっそ液晶交換をしてもらうか?

たかがちょっとのキズのために、3万円ものビッグマネーを出して交換するのは、はたから見ればじつにバカバカしい。
しかし!キズのために毎日ストレスを感じながら何年間も使い続けるのは、もっとバカバカしい。

かりに3万円出して修理しても、トータルは103000円なので、中古が11万円以上で売られていることを考えると、それでもおつりが来るのだ。

しかもキズモノの液晶も、充分使えるわけだから、一緒に返却してもらえば、キズモノでも緊急用の予備として再利用できる。

ということでいったん5月に見積もりを出してみたものの、やっぱり値段が値段なので悩んでしまい、めんどうなのでしばらく放置していた。

だけど8月になって、これから本格的にレッツノートを使い始める前にやっぱりスッキリさせておこう、ということでもう一度何社かに見積もりを出し、交換することに決定しました。



自分で液晶交換する場合

液晶交換は意外と難しくはない。
事実、nx4300を使っていた頃は、ジャンクPCを何千円かで何個か買って、自分で液晶パネルをとっかえひっかえして交換をしたことがあるぐらいです

そしてレッツノートの液晶パネルはネットオークションで1万円で買えるのでそれなら安く上がる。

しかし、その案はあえなくボツです。

なぜなら、ジャンクではない買ったばかりの高いPCの画面分解するのはリスクがあってこわいし、
そもそも送られてきた液晶画面がもし不良品だったら、1万円をドブに捨てることになる。

ならばその道のプロである業者に依頼したほうが安全で確実だろうということで、見積もりを出すことにしました。

11社に見積もりを出した結果

液晶の交換業者を検索すると、探せば探すほどゴロゴロ出てくるので、手当たりしだい片っぱしから見積もりを出してみました

5月に見積もり(以下、敬称略)

レノーヴ
オープンリペア
液晶修理センター
液晶修理屋

8月に見積もり

インバースネット
パソコンお直し隊
パソコン修理本舗
マスター
ズバット
シャイニングリペア
GOG

計11社に見積もりしました。

その結果、安かったところは

レノーブ

https://www.renov.jp/

GOG

https://www.gog.co.jp/pc_syuuri.php

ズバット

http://www.pc-zubat.com/

これらは交換代金や送料など全て込みで大体28000円前後でした。

ほかの業者は高かったり、液晶画面の在庫がなかったり、ということでした。

しかし、その中で抜きん出て一番安かったのが、シャイニングリペアの税抜き18480円(返送梱包代や消費税などは含まず)でした

http://shining-repair.com/

一番安いところに依頼するべきか?

とはいえここまで安いと、交換のクオリティは問題ないか、この値段で本当にやってくれるのか、あとでやたら追加料金取られるのではないかと不安だった。

なぜかというと、むかし日本で交換するよりも安いということで、バンコクでMBKデパートの4階の修理屋で、iPod touch 4G の電池交換を依頼した際に、帰国後になって全然充電できなくなったという症状が発生し、失敗したことがあるからです

だったら、2番目に安いとこにしようか?といろいろ悩んだのですが、シャイニングリペアのHPを熟読したり、口コミなどを調べた結果、

そんなにほかの会社とは差異はなさそうな気がするし、ここは日本だし、自分の経験上液晶交換はそんな難しい作業ではないし、いずれにせよ、ちゃんとしたパネルで新品の状態になって戻ってくればいいわけなので、トータル的に予算内で終わればいいかなと。

ということで、

次回はシャイニングリペア依頼編です。

どんな結果になるのか、こうご期待。

おまけ:悪徳業者にも見積もりしてみた結果

そして、この11店の中に、悪徳業者とされる某店にも見積もりを出したのですが

返答されたメールでは、「6800円以上」というあいまいな金額しか提示されず、翌日から毎日電話が来るようになった。しかもオペレーターは暗い感じの女性だった。

要するに電話でドツボにはまらせようという魂胆なのかもしれないが、だったら最初から堂々とメールで概算見積もりを出せばいいのに。

そもそも自分は電話連絡は望んでいないのに、客の都合を無視して勝手に電話を一方的にかけてくるのはもってのほかだと思い、すぐに丁重におことわりしました。

一度ネットで悪評をされては、完全な逆宣伝となり、もはや消すことのできない致命傷でしかない。それなのによくぞ営業を続けることができるなと思いました

225 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*