【永久保存版!】さらば白鳥、スーパー白鳥の写真 「青函トンネル最後の特急」

8月15日、tabi1.comは新サービス開始!

https://note.mu/notes/nb6de56650b9e

広告収益にまつわるマル秘話、解禁。

=====================================

ついに、北海道と本州を結ぶ特急白鳥は、本日3月21日が最後の運行日となりました。

この青函トンネル最後の特急・白鳥をネット遺産とすべく、撮った写真を余すところ無く掲載します

(写真をクリックすると拡大します)



青函トンネル 通過予定時刻表

DSCN6284

白鳥93号 蟹田→木古内

青森805→蟹田843

蟹田851→木古内946   白鳥93号

木古内1228→函館1333

2015年3月6日 8:51

小雨の中、定刻通りに、白鳥93号、蟹田駅到着。

春まだ浅い津軽路のプラットフォーム。

DSCN4999

DSCN5000

DSCN5001

18きっぷでも乗れる自由席は2,3号車。

1号車と4~6号車は指定席。

自由席でも充分余裕があった。

2号車側から見た1号車の連結部分。

DSCN5003

2号車側。手をかざせば、モーゼの十戒の如く扉は開く

DSCN5005

2002年にデビューした当初は、ここに100円で通話できる車内公衆電話が置かれていたと思われる

DSCN5004

洗面台。熱いお湯に御注意下さい

DSCN5007

DSCN5006

DSCN5088

ごみ箱

DSCN5008

トイレ

両側には、男子用(小用)と男女兼用トイレがある

DSCN5009

男子用トイレ

DSCN5010

DSCN5011

男女兼用トイレ 飛行機のトイレ同様、バキューム式。

DSCN5015 DSCN5016

DSCN5018 DSCN5019 DSCN5020

DSCN5084

DSCN5089

DSCN5091

DSCN5090

自由席 車内

DSCN5033

DSCN5114

DSCN5093

DSCN5047

DSCN5035

北海道の海の幸山の幸など。まるで飛行機の機内誌

DSCN5039

DSCN5048

車内販売も行っている。飛行機で言うCA。

DSCN5013

どんよりとした津軽の雪景色。

蟹田からトンネルまでは、在来線区間なので速度は100km/h弱。

DSCN5041

里の景色から、山の景色になり、いよいよ、青函トンネルに入る!

DSCN5057

青函トンネル

最深部へ下ると、ものすごい風切り音がする

気圧のせいで蟹田駅では-65mだったが、最深部では-280mを示した。

DSCN5077

トンネルを抜けると、ついに北海道だ!

といっても、海の中を潜る青函トンネルとはいえ、山の中の入り口から入り、山の中の出口から出たので、なんだか海を越えたという実感が湧かない。本州と北海道は陸続きのような、不思議な気分でもある。

単車で北海道に行ってたころは、青森や大間、新潟などから必ずフェリーに乗らなくてはならないため、海を越えて北海道という大地にわたる実感があった。

青函トンネルを出ると、相変わらずの雪原が広がる。

DSCN5098

最高速は140km/h。トンネル内と出口直後のスピード。

DSCN5110

トンネルを出てまもなくすると、130、120・・と速度を下げて、そしてまもなく木古内に着いた。

18きっぷの人はここで降りるわけだが、降りる人はいかにも鉄分豊富な面々ばかりである

そのなかで青森から同じ列車だった、紅一点の若い女性も一人いた。

DSCN5127

木古内のプラットホームに降りると、すぐに白鳥は去っていった

DSCN5125

やはり快適さでは普通列車とは違うので、今年から18きっぷで乗れないとなると実に残念である。DSCN5132

スーパー白鳥 木古内→蟹田

3月9日、

函館から帰るときに、事件発生!函館駅では目を疑った。DSCN5993

なんと自分の乗ろうとしている白鳥22号が、運休なのである!!

これでは本州に帰れないのではないか!と一瞬パニックになったが、

駅員に聞いてみたところ、なんのことはない、次の白鳥に乗ればよいとのこと。

次の特急は、白鳥22号ではなく、スーパー白鳥24号。

しかも、運休した白鳥の40分後にスーパー白鳥が12:48に木古内にやってくるので、蟹田での乗りつぎに問題ないどころか、あの便利な木古内の道の駅でさらに40分休む事ができるわけだ。

しかも「スーパー」がつくだけあって、新しいタイプである

災い転じて福となすってことですなあ。

ということで、木古内でぬくぬくとくつろいでから、スーパーに進化した白鳥に乗りました

DSCN6169c

行きのときに乗った白鳥93号はいかにも特急、という感じだったが、スーパーのほうは、外も中もデザインも斬新でカラフルで、まるで新幹線だ。

2号車 赤いシートに対し

DSCN6287

3号車 ボーカロイドのような水色緑色?

DSCN6171

DSCN6297

DSCN6277

LED案内板、スーパー白鳥のほうが、白鳥よりもいろいろ細かく表示してくれる

DSCN6288

車内販売

DSCN6202

DSCN6230

DSCN6256DSCN6252

DSCN6193

スーパー白鳥のトイレ

便座はヨコに傾けるタイプ。こんなの人生はじめて見た。

DSCN6186

DSCN6188

DSCN6189 DSCN6191

男子小用トイレ。行きの白鳥93よりも小奇麗だ

DSCN6228

DSCN6239

自動扉の開き方も、いちいち芸術的。

トンネルで本州に抜けると、新しくできる新幹線駅・津軽いまべつ駅のすぐとなりを通過した

蟹田駅到着

こうして、青函トンネル最後の特急・白鳥、スーパー白鳥に乗る、という目的を達成する事ができた。

しかし、これからは、もう永遠に乗ることが出来ないと思うと、じつにさびしかった

DSCN6317

DSCN6314

DSCN6318

さらば白鳥、スーパー白鳥!

DSCN6319

1,461 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*