フレデリック バンティング 「あの病気」に効く成分を発見した医師

きょうのGoogleロゴは、フレデリック バンティング 生誕125周年になっています。

はじめて聞く名前ですが、

バンティング医師が発見したその成分は、

現在では多くの人を救っています

彼が発明したもの。

それが、インスリンです

インスリンとは何か

インスリンは血糖値の恒常性維持に重要なホルモンである。血糖値を低下させるため、糖尿病の治療にも用いられている。逆にインスリンの分泌は血糖値の上昇に依存する。
従前は「インシュリン」という表記が医学や生物学などの専門分野でも正式なものとして採用されていたが、2006年現在はこれらの専門分野においては「インスリン」という表記が用いられている。一般にはインスリンとインシュリンの両方の表記がともに頻用されている。

インスリンの結晶

220px-insulincrystals

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3

ノーベル賞受賞の功績

バンティングとマクラウドは、1923年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました

バンティングはカナダで初めての世界的な科学者として、国内で広く尊敬された。カナダ政府は彼に対して終身の研究費を与えた。1934年、ジョージ5世は彼にナイトの爵位を与えた。

不遇なる最期

1941年2月20日夜、イギリスに向かうために乗った飛行機)がニューファンドランドで墜落して重傷。翌日息を引き取ったそうです。

そして21世紀

2013年に、インスリン発見に至る研究と、その後に各国から集められた報告などが、カナダからユネスコ記憶遺産に登録されました

まとめ

現在人が長生きできるのも、こういう先人の苦労の結晶があってこそ。
泪にくれる人々を救ってきたカナダの英雄、バンティング医師。

ということで、
糖尿病などの現代生活習慣病にならないよう、

インスリンのお世話にならないよう、

みなさまも健康に気をつけて、がんばりましょう。

447 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*