元旦営業は是か非か? →意外といいことづくめ。好きなときに休めるほうがいい

もういちど、あけましておめでとうございます

最近では、正月早々開店している店も多いようですね。
今年の正月は、結局ずっと家にいました。

そしてこの記事なんですが、

元旦営業は是か非か?

最初みたとき、正月もお客様のために開店?

なんてひどい会社だなと一瞬思ったけど、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170101-00000531-san-bus_all

しかし!記事を読んでみると、理にかなっていると思った。

それは、どこもかしこも閉まってるときに店を開ければ収益が上がるわけなので、その分苦労することなく客を呼ぶことができる。

それよりも、自分の休みたいときに休むことこそが一番大事だと思った。

スポンサーリンク
336×280

元日に働くのは、意外といいことづくめ

というのも、
以前自分が通信系の仕事で働いてたときは、当然インフラにかかわる業務なので365日営業です。

そこであまのじゃくな私は、大みそかと正月3が日は必ず出勤してました(笑)

なぜなら、年末年始に家でゴロゴロしててもしょうがないし、三が日は手当てが付いて稼げたからです。

まあ私は自慢じゃないけど成績の悪い人間だったので、かわりに人手が足りないときに出勤して「貢献度」という評価を上げて、そのかわり自分の好きなときに休みたかったからです。

しかもいいことがあります。

家にいるときはせっかくの正月も、ずっとゴロゴロしてるので気がつけば夜になったりしてたが、

正月に外出ると冷たくも青い空に富士山がくっきり見えて、こりゃあ新春早々縁起がいいなと思ったり。

通勤電車も空いてるし、正月の東京はゴーストタウン状態な分、とても空気はきれいだし。

私にとってはいいことづくめでしたよ。

逆に、正月やGWやお盆など、横並びで休むよりも、フランスとかのように好きなときに休むほうが大事だとおもう。

たとえば年末年始の代わりに閑散期である1月下旬とか、GWのかわりに5月下旬とかに代休の連休をもらったほうが、旅行したときも飛行機代とかも安く済むし、いらぬ混雑で無駄にいらいらすることもない。

働きたいときに働き、休みたいときに休む。
ワークバランスというのはそういうのが大事だと思った、2017年の寝正月でした。

368 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*