知らないと損する!Windows10 と7(8.1)の両方が使える方法

両方使えれば、もう迷う心配なし!Windows10のアップグレード期限が迫る中、

とくに「2020年まではWindows7を使って、その後に10を使いたい!」という人は必見です!

すでにWindows10に切り替えた、と言う人もいれば

やっぱりそのまま7(または8.1)を使い続けたい、と言う人もいるのではないでしょうか

そこで、これから10にアップグレードしようと言う人は、

ちょっと待った!

Win10にアップグレードをする前に知っていただきたいことがあります。

それは、Win7(または8.1)と、10が両方使えて、

しかもバックアップにもなると言う、

一石二鳥にも三鳥にもなる夢の方法です。

その方法は何か?

ハードディスクドライブ(HDD)のクローンです。

「HDDクローン」と言う方法は、パソコンに詳しい人だったら、既に御存知だと思いますが

そんな超便利な方法が、まだまだ一般的に知られていないのも事実です。

それを、たびいちドットコムが、わかりやすくお教えします

「今年8月以降、Win7が無くなるのは困る!7と10両方使いたい!」

「2020年までは7を使って、その後は10を使いたい!」

と言う人にぴったりの、まさに救世主とも言える方法なのです

クローンとは何か?

わかりやすく言えば、新しいHDDに元のHDDの内容を、完全完璧にコピーすることです

たぶん「クローン人間」とか「クローン羊」など、聞いたことがあると思います。

たとえば、パーマンというマンガで、「コピーロボット」というのがありましたね

コピーロボットの鼻のボタンを押すと、押した人と瓜二つのロボット(クローン人間)ができあがるという。

それがクローンです

つまり、別のHDDに、そっくりそのまま完全コピーをすること。

クローンの3大メリット 「これはもうやるしかない」

1、Win7と10の両方楽しめる。

2、データのバックアップになるので安心!

こまめにほかのHDDにクローンしてそっくりバックアップしておけば、

元のHDDがこわれたり、OSが起動しなくなったり、ウイルスにやられたとしても、

クローンしてあったHDDをそのままPCに交換すればいいだけなので、

めんどうなリカバリや一から再設定をする必要が無い!

そして今度はウイルスなどで起動しなくなったほうを、

逆に再度フォーマットしてキレイにしてクローンすればいいわけです。

3、HDDの容量を大きくしたり、SSDにしてPC高速化ができる

たとえば法人向けのビジネス用PCの払い下げ品を買った場合、

安い分だけ、元のHDDは小容量(80GB)しかない場合がある。

だけどいまどきたかが80GBしかないと、到底不便。

そこで、クローンをすれば、新しいHDDは好きな容量にできる。

500GBだろうが1000GB(1TB)だろうが、SSDに替えてもいいので、思いのまま。

80GBからいっきに1000GBなんて、相当なものですよ。

メリットばかりで、デメリットが無いすばらしいクローン。

「これはもうやるしかない!」

 クローンの流れについて

まずはヘタクソな図ですいません(笑)

図1

DSCN2028

これは更新のお知らせが来て、普通にWin10にアップグレードするタイプですね

10にアップグレードしても、1ヶ月以内なら7に戻せるというが、後々のことを考えるとめんどくさい!

そしてHDDがクラッシュした場合、アップグレード後のリカバリとかはどうする!?

そこで、

図2は

DSCN2030

新しいHDDを用意し、元のPCのHDDの内容を、

まっさらな新しいHDDに完全コピー(クローン)すると、

二つのWin7のHDDが出来上がる。

(クローン作業の際、新しいHDDだけでなく、HDDケースを用意する必要があります(後述)

図3は

DSCN2031

クローンにより、うりふたつのWin7のHDDができあがった。

そこで、

HDDの一つはそのまま、7のまま。

HDDの一つは7から10にアップグレードする

そうすると、それぞれ

そのままにした7の入ったHDD

アップグレードした10の入ったHDD

となり、7のHDDと、10のHDDを入れ替える事によって、一つのPCでWin7 とWin10の両方を自由に使い分けて楽しむことが出来ます

実践編 クローンに必要なものは以下の3つです

HDD(またはSSD)

HDDケース

プラスドライバー   です。

 


HDD(またはSSD)

何年も使うのならもちろん新品を買うべきですが、

バックアップ程度しか使わないというのであれば、もちろん中古でも利用できます。

ただし注意!

現在のPCのHDDはほとんどがSerial ATA(SATA)タイプですが

あまりに古いタイプだとUltra-ATAの場合もあるので

必ず確認を!

自分のPCのHDDが2.5インチか。デスクトップの場合は3.5インチの場合もある。

そしてHDDの厚さも、7mmタイプか9.5mmタイプか。

必ず確認してから購入してください!

よく判らない場合は、自分の使っているPCのHDDに

品番の数字(例:HTS5475759E384)が書いてあるので、

品番で検索すれば同じHDDが出てくると思います

なお、回転数が5400rpmと7200rpmと2タイプありますが

7200は高回転なぶんだけ、高熱、高電力消費になるため、

5400rpmのほうが無難で安全で、バッテリーの稼働時間もその分長くなるでしょう。

もっとも今の時代、速くしたいのであればSSDを使いましょう。

といっても、やはり大量の画像や動画などを持つ人は、HDDがいいでしょう。

そこで私のおすすめなアイテムを選んでみました

2.5吋 厚さ7mmタイプ (5400rpm)

2.5吋 厚さ9.5mmタイプ (5400rpm)

高くて容量は少ないけど、

衝撃を気にせず、軽量で速くしたいならSSDがお勧め

ひところに比べてだいぶ安くなってますね

これだけでなく、ほかにもいろいろSSDはあります

まちがえて7mmタイプを買っても、7mm厚から9.5mmにするスペーサー(アダプター)もあります

 


HDDケース

もちろん、HDDを動かすためには、

USB駆動で動かさなくてはなりません

クローン作業が終わったあとも、

USB外付け型ポータブルHDDにもなるので、買っておくと大変便利です

SATAタイプなら、すぐに簡単に装脱着できます
ガチャポンパッ

 


プラスドライバー

ネジをあけるために使う。

自前のでもいいし、HDDケースを買うとおまけでついてきたりするので、それでもOK。

 クローン作業開始

まずは、新しいHDDと、HDDケースを用意する

DSCN2016

HDDをHDDケースにはめこみ

DSCN2017

フタをして、完了!あとはUSBでつなぐだけ。とても簡単。

DSCN2015

クローン製作ソフト

EaseUS Todo Backup Freeを使います

無料でしかも大企業でも利用しているので安心です

ダウンロードはこちらより

http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/easeustodobu/

http://jp.easeus.com/backup-software/free.html

EaseUS Todo をダウンロード&インストールして起動すると、

この画面が出てきますが

ここでは黒丸で囲った「クローン」を選択。

houhou1

そして、ソース(PC側・元のHDD側)を選ぶ

黒丸で囲ったところにチェックを入れて、次へ。

houhou2

ターゲット(新しいHDD側)を選択

HDDからHDDのクローンの場合は、青丸の部分にチェックを入れて、次へ。

houhou3

なお、クローンする前にHDD容量やパーティションなどのサイズ設定をしたい場合は、

右の「編集」とかかれたところをクリックして、容量を調整する。

そして、HDDからSSDにクローンする場合は、クローン中にSSDとの間にずれが生じるため、

「SSDに最適化」にもチェックを入れてから、次へ。

houhou4

くれぐれもターゲット先などを間違えないように!

そしてクローン前の確認画面になるので、不備が無ければ「実行」を押す。

houhou5

実行を押すとクローンが開始されます。

ターゲット先にデータが残ってる場合は、自動的にフォーマット(初期化・削除)

された後、クローンが開始します

所要時間は、ほとんどデータが無い状態なら45分ぐらいで済むけど、

画像や動画などのファイルデータが何百ギガもある場合は、数時間におよぶ事があるので

寝る前に仕掛けておくと便利です。

そしてクローンが完成!



クローンが成功したか確認する

まずは、HDDケースから、ターゲットのHDDを外す

DSCN2016

そして、PCのHDDをはずす:

電源をシャットダウンした後、バッテリーやACアダプターも外し

プラスドライバーを使ってPC裏側のネジを外し、

DSCN2032

カバーを空けます

DSCN2033

元のHDDを、コネクタから外す。

するととこんな具合になる。

DSCN9199

そこにクローン済みの新しいHDDに入れ替えて、ふたたびコネクタに装着。

DSCN2033

カバーを閉じて、ドライバーでネジ止めして元に戻す。

DSCN2032

そしてPCを起動。

成功すると、

元のHDDの画面がまったくそっくりそのままで、出ててきます。

初めてクローンした人にとっては、

必ずビックリすると思います(笑)

元のHDDでもWin10へのアップグレード案内が出てた場合、

新しいHDDでもちゃんと案内が出てくるので、

あとは指示に従えばWin10にアップグレード完了!

これでクローンは完了です!

やっぱりWin10から7に変えたい場合

とはいっても、やっぱり10よりも7で使いたい、という場合は

PCをシャットダウンしたあと、

さきほどのように、win10のHDDをPCから外し、元のWin7 のHDDにさし直せばOK!

そうすると元のwin7の画面が出てきます

すでにWin10にしてしまって、もうひとつWin7のHDDがほしい場合

すでに10にしてしまったけど、やっぱり7がほしいと思う人も多いでしょう

その場合、先のクローンの方法で、ふたつのWin10のHDDをつくり、

そのうちの片方のHDDを10から7に戻せば(ダウングレード)すればOKです

なお、再びダウングレードできる期間は1ヶ月までなので、早めにダウングレードしましょう

以上になりますが、

「役に立った!」「クローンができて7と10両方楽しめて、バックアップにもなって便利になった!」

と感じたら、ぜひこの記事を多くの人に拡散していただけるとありがたいです。

6,378 total views, 7 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*