インドでオートバイを売る方法

半年かけてデリーに戻り、我がインド一周の旅も終わった。

しかし、最後の任務は、半年の苦楽を共にしたFZに別れを告げることだった。

いつまでも感動の余韻には浸っていられぬ。

無慈悲な言い方をすれば、「どうやってFZを少しでも高く売るか」である。

「欲しい人に直接売るか?」それとも「買ったバイク屋で売り戻すか?」である。

というのも、デリーに戻ると「君のFZを売ってくれ!」という人が何人も出てきて、彼らに売ったほうが高く売れるのではと思った。

スポンサーリンク
336×280

しかし、結局は買ったバイク店で売り戻した。

なぜなら、中古で買うと、RCというICチップが組み込まれたカード型の登録証がもらえるのだが、自分がもらったのはなんとラミネート加工されたコピーだった。本物のRCはどこにあるのか、店側にあるのかは知らない。

そんなRCなどの書類の無い状態で欲しがってる人に売ろうとすると、「本物の書類・RCはどこにあるの?まずはそれを用意して」と言われるし、それでなくても「お金を持って無い」とか、「いま金もって無いからほかに欲しい人紹介するよ」とかいって、たらい回しにされて、結局労力と時間を無駄にするだけなので、それだったら素直に買った店で売った方が早い、と思った。

そもそも、デリーのバイク店に戻って交渉した時、店の人から「エンジンの調子も悪く、名義変更もせず、あとでクレームなどがおきたら問題になってうちに迷惑がかかるため、他の人に売るのはダメ」と言われてしまった。

しかし、店の通りに従った結果、店に売るときに「エンジンを回すと煙が黒い。エンジンに思った以上にダメージがある」と思いっきりと足元を見られてしまった

バナナの叩き売りのような必死の交渉の結果、19000ルピーになった。

もし日にちに余裕があれば「それじゃダメだ!他の人に売る!」と啖呵を切ってたかもしれないが、RCもないし、もう帰国日が迫っているし、個人相手だと面倒なやりとりが続くし、名義変更などでこじれると思うので、妥協した。

昨日店を訪れた時は25000でもいいとかいっていたので、「話が違う」と一杯食わされた気分だが、もっとも、カロルバーグのバイク街ではいちばん安く買えた店なので、「安く買って安く売った」ことになるし、そもそもインド一周で24000kmも走り倒し、エンジンは棺おけに片足を突っこんだやばい状態でなんとか戻ったので、途中で壊れたことを考えれば、買った金額の半額戻ってくれば、やむをえない選択かもしれない。

だけど最後に露骨に店に足元見られたので、後味の悪い別れになった。

「感動のゴール」のあとの、現実。人生なんてそんなものなのね。

※エンフィールドでインド一周している日本人ライダー曰く

「かならずRCはもらっておく」

「インド人より、旅行者に売った方がいい」

とのことだった。

472 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*