(48)青い町から白い町・ウダイプルへ タダでは見れないジャスワント・タダ

15日

8時50分起床。おそく起きてしまった。昨夜は寒く、今朝は霧も出て寒い。デリーの空と同じ。

でもデリーのほうがもっと寒かった。

今朝は、ジャスワント・タダというRPG風の建物に入る。

インドでは入場料がベラボーに高いところが多く、

高い入場料のかかるところは入らない主義なのだが、

ここならタダではないけどカメラ持込代合わせても、55ルピーと安いので中に入った。

ミニ・タージマハルと言った感じで、天気は良くなかったせいか、

そのぶん人も少なめでなかなか良かった。

IMGP6592 IMGP6577

ジャスワントタダなどインドの写真をもっと、そして原寸大で見たい人は、これでお楽しみ下さい

インドDVD写真集発売!画像4500枚 商用利用にも対応
インド一周24000kmの旅で撮ったDVDデジタル写真集 「インドDVD4500」 が完成しました! 銀行振り込みとメー...

Vickyの店でフレンチトースト25。といっても普通のオムレツとほとんど同じだけど5ルピー安かった。

今日で、そんな名物男・Vickyともお別れである。

DSCN1127

次会うときも、ちゃんとリンダリンダを歌えてるだろうか。

そしてどんなネタを披露してくれるのだろうか。楽しみにしておるぞよ。

預けた荷物を引き取り、ついに重い腰を上げて、1週間過ごした青い町・ジョードプルにあとにする。

今日こそは三度目の正直だ。

と思ったら、50kmほど走ると、またまたまたトラブル。クラッチあたりから悲鳴をあげている。

またまたジョードプルに戻ろうかと思ったほどだが、エンジンは問題ないしキリが無いのでとりあえずウダイプルまで様子見よう。(音がMAXになったときに、一旦カクンとなったが、そのときのショックのせいか悲鳴が小さくなり、ウダイプルにつくころには悲鳴はなくなっていた。)

またひどいようだったらヤマハの店に行き、途中で動かなくなった場合はトラックをヒッチしてもっていけばいいや。インドの長い旅。柔軟に考えたほうがいい。

やはりデリーのカローバーグで売っているのはロクでもないのが多い。

書類手続きさえなければ中古よりも新車で買いたかった。

国道62号はそこそこ快適だが、パリの町(もちろんフランスの首都ではない)をすぎると

Udaipurの標識が出たので、国道を離れ、州道へ。

そこを通れば白い町・ウダイプルの最短距離である。

DSCN1560

しかし高速道路ではないので、まぬけな牛どもをいちいちよけなくてはならず本当に困る。

途中でなんども町や村の真ん中をとおるので、走りにくいし距離が稼げない。

DSCN1573

峠への山道になると、このあたりだけ降水量が多いのか、いきなり緑が濃くなる。

DSCN1631

そして標高750mぐらいの峠を越えると、またも乾いた風景になる。

DSCN1671 DSCN1672

国道8号に戻ったが、ウダイプルへの8号は高速区間ではない。

ところどころ高速道が作成中だったが、片側1車線の所も多く、街中を通ったり、砂埃がひどかったり、そのくせトラックも多く、走りにくいことこの上ない。

このあたりは大理石の産出地らしい。

大理石会社と思われる会社の大きなビルや、社員通勤用の新型エアコンバスも見かけた。

インドの建物は大理石を使うので、どうやらこの産業は景気も良さそうだ。

DSCN1798DSCN1772

夕方、例によって国道沿いの茶屋にて休憩。

18gでたった5ルピーのポテトチップスを2袋食べながら5ルピーのチャイを2杯。

たった40円。身も心もあったまる。

DSCN1740 DSCN1741

5時54分、日が沈む。6時11分、ポジションライト点灯。6時20分、ヘッドライト点灯。

そこからが恐怖の道となる。

多くの車がハイビームのまま走っており、なかには自分の顔めがけて超ハイビームを向けているどうしようもない車もあって、その直撃を受けたときは全く前が見えず、本当に恐かった。

インドやアフリカなどの途上国の夜はとても危険なので走りたくないのだが、もう少しでウダイプルなのでやむをえん。

なのでこれからは朝早く起きて、どんなにおそくても夕方6時までには泊まる町に着くようにしないと。

白い町、ウダイプルについたのが7時40分ごろ。6~7時につくと思っていたが大分遅れた。

ジョードプルとちがうのは、街中には牛がほとんどいないこと。なので路面もその分きれい。

人々もジョードプルよりもおとなしくあっさりしてる気がする。

夜中は、ジョードプルはヒンズーの音楽とかががおそくまで流れていたのに、

ウダイプルではホーンなども全然聞こえず、まるで日本に帰ったかのようにとても静か。

今日の宿は3軒あたって、Hotel Shiv Shakti Palace が500ルピーのところを350で泊めさせてもらえたのでそこに泊まる。8時50分チェックイン。

DSCN1857 DSCN1888

部屋はテレビもあってきれいだけど、

昨日の快適だったダイヤモンドとちがって、もろにインドクオリティ。

くつろいでいるのにいきなり大きなブザー鳴らされて「ディナーはどうか」と呼んでくるし、

当然WiFiはないし、部屋の外はうるさい(夜中になると静かになったけど)し、

やはりホットシャワーが出ないのがつらい。

まあ野宿より快適だし、350に値引きして泊まってるのだから、ぜいたく言ってはいかんですな。

マンゴジュース・MaazaMango750ml 38ルピーを買って部屋に戻り、Pazztaを作って夕食。

DSCN1860

そのあとPC作業するうちにあっというまに23時になる。

やるべき作業はいっぱいあるが、早く寝ないと。これからは毎日が忙しくなりそうだ。1時半寝る。

走行291km

232 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*