(60)グジャラート州都アーメダバードで、AKIRAなホテルを発見!



1月27日

鉄椅子の固く冷たい寝床で一晩中寒さに震えて、蚊の猛攻をうけて、ようやく20分ぐらい寝て、また目がさめて苦しむという死ぬほど辛い夜で、5時50分頃商店の店員に起こされる。まだ暗い。今朝は8.8℃まで下がり、非常に寒い。

日が昇ると、現地の人がチャイや朝食をとりにやってくる。みんな好意的である。やはり、「毛布も無く野宿するなんて、骨のあるやつだ」と思ったにちがいない。

みんなと一緒にたき火にあたり、あったかいチャイを飲んで仲間になると、昨夜の辛さはいっぺんに吹き飛んでしまう。

IMGP6790

IMGP6791

のんびりして8時半頃出発。バブナガルと州都アーメダバードを最短で結ぶ州道は、湿原や泥地の地平線が広がり眺めがいい。

DSCN7902

朝の埼京線よりも過酷なトラック荷台

DSCN7900

グジャラートの半島は、ラジャスタン州とちがって封建的で文化が違うのかとても旅がしにくく、田舎は飯もまずいし、辛いことばかりでぱっとせず、もう行きたいと思わないので、東海岸を経由しておいてよかった。行き納めだ。

やっとアーメダバードから60kmあたりで国道に合流。片側二車線の高速道路になり、喜びはひとしお。だいぶ空腹なので、オムレツ屋台に入る。なんて書かれてるか全く判らないので、とりあえずオムレツを、というと、近くにいるおじさんが「どこからきた」「旅しているのか」「仕事は?」「いま我々が食べているのはキーマだ」と言ってきた。

オムレツをたのんだつもりが、おじさんと同じキーマカレー味のスクランブルエッグが出てきた。

DSCN8175

日本でおなじみのキーマカレー味のスクランブルエッグはあんまりおいしくなかったが、食べ終わって「なんぼですか」と店員に尋ねると、おじさんが、「君はゲストだから私が払う、心配するな」といわれて30ルピーを払ってくれた。

ありがたい半面、あとで何かあるんじゃないかと一瞬複雑でもあったが、本当の志だけならば、遠慮はいらない。素直に好意を受け取る。

となりの店でチャイを飲んだりすると、やはり店員やほかの客から「どこからきた」だのといわれ、いちいち答えていると、正直結構疲れる。かといって無口・無愛想よりは全くマシだけど。

ここでは立て続けに「ウィスキーは持っているか?」といわれた。酒を飲みたくても、禁酒州なので買えないらしい。

「だけどここグジャラートはセーフなのだ。自由に酒の飲めるデリーはノットセーフだ」といわれ、なるほどと思った。制約の分だけまじめで風紀が良くなり「安全・安心」が手に入る。

ぎゃくにあらゆるものが野放しだと、危険である。南米とかアフリカはそうだった!

アーメダバードまで13kmの地点から環状道路に行きアダーラジの井戸へ。あらかじめGPSに記録させたのだが、GPSをフォローするとしっかりたどり着くことが出来た。今日は井戸にはいかず、場所だけ確認。アダーラジには宿はなさそうなので、アーメダバードの駅へ行く。

駅近くには宿が何軒もあるが、そのうちのひとつ、SURYAKIRANに泊まる。中庭にバイクが泊められるのと、すでにお気づきの人もいるとおもうが、ホテルの名前にAKIRAが入ってるので即決(笑)

DSCN8371

テ レビは写らず部屋はとても汚いが、めずらしいことに扉や壁が厚いので、道路に面していてもそんなに外の騒音が気にならない!450ならまあ妥当な価格。昨 日の拷問のような野宿に比べれば天国である。そしてすぐ近くのARBI レストランのマトンカレーと、とくにチャパティが安くて最高にうまい。食事もうま けりゃ一気に最高。

DSCN8447

し かしやっぱりここはインドスタイル。11時ぐらいになっても廊下で大きな話し声やら不躾に階段を走る音がひびき、とてもやかましく、ほかの人へのマナー・ 配慮が全然なっていない。あまりに頭に来たので、うるせいと文句をいった。がっくりだが、インドの宿はだいたいこういうかんじ。喜怒哀楽が混じる旅。

走行265km

インドDVD写真集発売!画像4500枚 商用利用にも対応
インド一周24000kmの旅で撮ったDVDデジタル写真集 「インドDVD4500」 が完成しました! 銀行振り込みとメー...
28日

10時ごろ起床。今日は洗濯をして、昼3時ごろからアーメダバード市内を回る。しかし、駅から2kmの階段井戸や、ガンジーアシュラムとかも、結局見当たらず。なんだかんだであっというまに一日が終わってしまった。

近くの食堂、マトンマサラとチャパティ、相変わらずうまい。そして安い。日本のインドカレーと同じ味で肉の旨みとコクがあるので、このマトンカレーならなんど食べても飽きない。

0時前に寝る。室温23度。

走行45Km

421 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*