(63)ふざけたひとのちかつてないやさしさ

1月30日

こないだの野宿よりは状況はいいとはいえ、やはり全然眠れず、5時起床。外の気温13℃。

5時半ごろHotelという名のレストランが開いたので、チャイ10を飲みながら夜が明けるまでパソコン作業をする。室内は温かいし、電源もあるので助かる。見かけはノマドワーカー。

今日は、朝もう一度アダーラジの井戸を撮ったら、一気に380km先のジャイナ教の聖地マンドゥまでいくことにする。ノルマは19時着。タイムトライアルみたいだが、これまでの道中、走っては止まって、そしてどうでもいい写真ばかりを撮って全然距離が伸びないので、雑念を振り切り走りに専念しないと。

いかりのちかつてないやさしさ

アダーラジの井戸は8時ちょうどに開門したので一番乗りで見れた。そのあとGSで給油したのだが、空気入れの金額でもめにもめた。店員の態度と昨日宿に泊まれなかった不満と睡眠不足でコチンときてしまった。

その後、環状道路ぞいにあるAGORA MALLというショッピングセンターに入ってみたが、駐車係の男が仏頂面で「(駐車代は)テンルピー」と言い放った

出会う人間、不快の連鎖。そのため

「市ね!志ね!誌ねーーー!!」

と心の中でふてくされまくっていた。とにかくこの世の全てを憎むかのような険悪な表情になり、最悪の状態だった。

怒りの中で入ったその店は・・・

そして少し環状道路を走ると、いいにおいがしたので、掘っ立て小屋の食堂に入る。

掘っ立て小屋には何人か男たちがいたが、客は私だけ。「日本から来たの?」と、みな興味津々。今朝出会ったやつらとがらっと変わり、みんなとても親切で、態度もとてもやさしい。

メニューはないので、なにか食べるものを、とたのむと、お好み焼きのようなものが出てきたが、あまりおいしくなく、すごくギトギトの油っこいので食欲が失せるが、いい人たちなので無礼なきよう、ガマンして食べきる。

お金を払って出ようとすると、タダでいいよといわれた。しかも60ルピーもするお菓子まで持たせてくれた。店主のおじさんは、見かけに見合わず、少女のような純粋さと、限りないやさしさを持っていた

みんなに見送られて出発。「みんな、ほんとうにありがとう!」

IMGP6916

このインドツーリングの始めの頃は、見るもの全てが新鮮で、人々もフレンドリーな人が多く、インドが大好きになりそうだったが、このところもめたりと、無意識のうちに精神的に疲れてきているようだ。

当初の計画どうりに進まず、非常に苦しい事や大変な事も多すぎる。精神を打ちのめされたときに、この「限りない純粋なやさしさ」に出会った。

そのため、走ってる途中、ヘルメットの中から泪があふれてきた。

昨夜、「部屋はない!」とウソ言われたホテルと仏頂面のショッピングモールも、見かけは小奇麗で「お金」という尺度があるから、自分が下に見られたのではないか。

その点、その食堂は見掛けはとても汚くて貧しいけど、スタッフたちの純粋素朴、心は清らかだった。

これまでに溜まった怒りの気持ちは、泪と共に洗い流したい。そして、この美しく清らかな思いを、誰かに汚されたくないので、

今日はどこにも休憩せず、いっさい誰とも話さず、きのうガンジーのような「見ざる言わざる聞かざる」モードで、夜まで一気に走り続けることにした。

アーメダバードから国道59号で東へ。片側1車線のち高速道路で、夕方5時、ダホドという町についたが、地図を見るととなりのMP(マディヤプラデシュ)州にも町がある。せっかくだからMPに行こう。

インドDVD写真集発売!画像4500枚 商用利用にも対応
インド一周24000kmの旅で撮ったDVDデジタル写真集 「インドDVD4500」 が完成しました! 銀行振り込みとメー...

州境には、EUの国境のような、何レーンもある広大な検問所がある。まるでアフリカ、南ア>スワジランドとか、ケニアタンザニア間などの国境を思い出した。

GJ(グジャラート)からMPに入ると、グジャラート文字からヒンディー文字に変わり、再び酒屋も解禁(といってもほかの州よりも高い)。インドの州は、EUのような一つ一つの国のあつまりのようだ。同じ国なのに。

DSCN0573

州の検問所には職員用宿舎もある大きな規模。

高速のパーキングや料金所と同じく、トイレもあるし、食堂もある。

しかしまだ夕食時間じゃないので、お菓子とスナックしか置いてなかった。

DSCN0559

MP州最初の町、ジャブアについた。老舗の大きなホテルは、部屋も広く、テレビもついてシーツも清潔でありながら、350ルピーは庶民価格なので安い。即決。ただ蚊もいたし、物音がやたら響いてうるさかった。

走行300km

237 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*