(75)「会いに行ける歴史上の人物」それがオールドゴアの主・ザビエル。

ビーチ&クラブだけがゴアじゃない!歴史の古いオールドゴアでは、あの歴史上の人物にも会うことができました!

スポンサーリンク
336×280

2月17日

11時20分起床。今日はヤマハの店を探すも、見つからず。といっても単にバッテリーが古くなっただけならヤマハの店で無く、適当な修理店に行けば売ってるだろうし。キックスターターもあるのがいい

夕方Café del marに行くと、今日のDJがインド人だからか、全然夕日にあわない曲がかかってがっくし。やっぱりゴアのCafé del marはニセモノだったわけだが、ネットが出来たのでよしとしよう。

夜のマプサの町では、ほかのインドの街とちがって、ビール瓶片手のよっぱらいが多く、一触即発のような雰囲気。禁酒州のグジャラートなどインドの田舎では見られなかった異様な光景だ。気分がクサクサしてくる。

宿に戻ると、せっかく静かな宿に替えたのに、近くの部屋では長期滞在してる西洋人らが23時になってもやかましい。今日は気分が荒み、何もかもが嫌でしょうがない。がまんできず「もう寝るんだから静かにしてくれ」と注意した。

やはり、ゴアについてやっと自由な雰囲気だ、と喜んでいた反面、「自由の裏返しにあるもの」に失望しるのも早かった。

第60話で書いた、禁酒州グジャラートで聞いた言葉を思い出す。

禁酒州のここでは、立て続けに「ウィスキーは持っているか?」といわれた。酒を飲みたくても、禁酒州なので買えないらしい。

その反面。

「だけどここグジャラートはセーフなのだ。自由に酒の飲めるデリーはノットセーフだ」といわれ、なるほどと思った。制約の分だけまじめで風紀が良くなり「安全・安心」が手に入る。

ぎゃくにあらゆるものが野放しだと、危険である。南米とかアフリカはそうだった!

ここゴアにとどまっては淀んでしまう。このプロジェクト・インディアを決行した以上、どんどん次なる道へ走り続けなくてはならない。

0時半ごろ寝る

走行119km

18日

9時半ごろ起床。今日チェックアウトしようか迷ったが、日程が遅れてるし、キリがないのでやっぱり出ることにする。オールドゴアを観光しようと思うも、結局ぐだぐだしてしまう。

それでも今日の昼食は大当たりだった。

その店は「ロイヤルレストラン」と大仰な名前だけど、実際はインド人向けの至って庶民派レストラン。場所はパナジから国道17号で北へいき、橋を越えてしばらく行くと、バガビーチ方面とムンバイ方面に分かれるY字路の信号のある交差点にある。

DSCN2303

ゴアン・フィッシュターリー100ルピーはゴア版・幕の内定食で、小さなかれいのフライ、チャパティ、ごはん、あさり、いもとカリフラワーのサラダ、小エビのサラダ、カレーには小さな白身魚と海老が入って超豪華。

DSCN2295

これなら日本のインド料理店で、「ゴア風シーフードデラックスターリー」として売れば、8倍の1600円ぐらい取れる価値があった。

そのあとオールドゴアに行く。2ヶ月前、10年ぶりにフランシスコ・ザビエルのミイラが公開されて日本でも話題になり、そのときには間に合わなかったけど、今日大聖堂に行くと、祭壇の上の棺おけに入ったザビエルのミイラをちゃんと見ることができた。

IMGP7154

あのまん中にザビエルがいる!

IMGP7199IMGP7191

見上げると、荘厳なる装飾。

IMGP7198

威容に満ちた棺桶

IMGP7194

そして・・・・!

IMGP7189

ついに

IMGP7186

ついに、400年以上の時空を超えて、ザビエルを見た!

ザビエルは1549年(以後よく伝わる)に鉄砲を伝えたり、山口で初めてのクリスマスを開いたりと、そんな歴史の教科書に載ってた人なんですよ。

思えば自分の中学時代とかは、ザビエルといえばその輝かしき頭部ゆえに、だいたいが授業中に後頭部を落書きされてしまう宿命を持つ人物なんですが、そんな世界史の人物と、なんと50センチぐらいの距離まで近づけたので、

それを考えるとすごい事だと思う。

時代を超えた出会い。

あらためてインドの旅をした甲斐がある。

ザビエルに会ったおかげで、縁起も戻ってきた気がした。パワーをもらえた気がした。

そのあと、海に沈む夕日を見た。今日は雲ひとつ無く、太陽が完全に海に沈むのを見ることが出来てよかった。

IMGP7179

たくさんの人が海で夕日を見ており、インド人カップルが口づけを交わしていた。ほかのインドのビーチではできないね。カッチ塩原で見た夕日と違って、大勢で見る夕日もいいね。

日がくれて、今日は州都パナジの街中の宿に泊まる事にした。

通りにいたおじさんが「ゲストハウスを探してるのなら案内しよう、私の友人のところだ」といわれ、ついていくと一軒目は安くないのでパス。二件目に、Roomsとしか書かれてない、店名のない民泊のような所を案内され、なんとか500ルピーにしてもらい、チェックイン。

DSCN2737

まあ特に変哲のない安宿。水シャワーを浴びる。張り紙を見ると、部屋での洗濯炊事ダメといろいろ厳しいが、今夜は寝るだけなので問題なし。

しかもチェックアウトは朝8時半とやたら早いが、明日はゴアを脱出して思いっきり走りまくりたいので8時半でも問題なし。

走行127km

337 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*