(87)急速な発展をする高原都市・バンガロール

近年、日本でも知られるようになったバンガロール。真夏の軽井沢のようなさわやかな気候とIT産業で急速な発展を遂げて、日本人コミュニティまでできた高原都市です

スポンサーリンク
336×280

チェンナイからバンガロールの道

18日

7時50分起床。室温31度 朝食はお菓子とか牛乳500ml 24ルピーなど。

昼食はオムレツ10ルピーを2個。安い。

午前中はチェンナイの町で買い物など。おそらくチェンナイに来るのは人生で最後かもしれない。そう思うとぐだぐだいてしまい、

結局宿を出たのが14時すぎ。そして出発。

15時11分、アウターリング(環状道路)。そこから国道4号で西へ。

思えば15年前、マドラスからバンガロールの国道4号は片側一車線の田舎道だったが、

世界一周03 インド南部・出発篇
★ついに世界一周の旅がオートバイとともに始まった。 想像を絶するインドの道中はこれから。 果たして何が待ち受けているか! 第3...

いまでは3車線の高速道路が全線できていた。

dscn9104

途中、サービスエリア風の店に入る。お菓子が売っている店。キットカット20ルピー。外に備え付けの冷水機の水がうまい。

dscn8822 dscn8823 dscn8832

せっかくなので15年前に走った旧道に入る。片側一車線の道は町の中を通るのだが、そのときの車の数、人の数。大混雑。うんざりして高速に戻る。昔はほとんど車もなく、のどかだったのに、15年でこんなに変わるとは・・・ 昔の面影はもうなかった。dscn8873

夜、よさげな野宿場所を発見。国道沿いの食堂で、油っこいパイ生地のようなパロタ2枚、オムレツ、マサラドーサで計70ルピー.食後はチャイ2杯で20ルピー。

食べ残しはパーセル(Parcel:お持ち帰り用の箱)に入れてもらい、明日に回す。

そのあと、ガソリンスタンドでシャワーを浴びる。バスルームはGSの建物の裏にあり、囲いがしてあるだけの青空シャワー。

といってもGSでは人も来るので、GS外れの広大な空き地で寝た。ここなら静かで安眠できる。

走行202km

19日

6時10分起床。野宿すると早起きになれる。宿に泊まっていたときは、6時10分に「寝ていた」。6時19分が日の出らしい。

imgp7550 imgp7554

6時25分、食堂で朝食。きのうのドーサなどの残りを持ち込み、牛乳200ml12ルピーを2パック、チャイ10をと一緒に朝食。まったりする。

8時7分出発。ゆるやかながらもどんどん標高があがっていく

タミルナドゥ州からカルナータカ州に戻る。

バンガロールの郊外。建設中の高層マンションが見える。そして都市高速もできていた。初めての有料道路。高架道路。通行料は20ルピーと安いが、10kmもしないうちに終点。

dscn9247

11時40分、195km走ってカルナータカ州都バンガロールに着いた。

チェンナイからバンガロールの335kmは、15年前は片側一車線の田舎道だったのにかかわらず8時間で着いたが、今回は例によって写真取ったり寄り道したりで、実質9時間以上かかった。

バンガロールの肥大化と急速な発展

バンガロールは、IT産業などで急激に発展し、インドの中でも日本人も多く住む都市だが、とにかく渋滞がひどすぎる。

dscn9842

この15年の間に急激に人口増加して、交通インフラが追いつかないのである。当時は高層ビルが1軒あったぐらいだが、今ではどんどん建設中になっている。

昼はバンガロールの渋谷のような街中へ。そこから少し行き、大学の前(St.Joseph’s college of commerce)に安食堂を見つける。といってもそこは大学前なので、けっこう洒落ている。ネパール人らしき留学生で繁盛するその店は、Chicken Kebab(から揚げ)100gで30、Eggnoodle(やきそば)30と安い。

dscn9406

となりのカフェでチャイ12。うまいので2杯。妙に落ち着く。ホーンも少ないし。インドの地方都市にくらべると洗練された都会である

夜は宿の近くの下町的な街。少し行くとムスリム街で、南インドのイスラム街では牛肉が食べれるのがありがたい。屋台の焼肉(炭火焼ステーキ)は30ルピー(60円)。といっても焼肉は塩辛すぎる。ケバブは1串20ルピー。

そのあとジューススタンドでメロンジュース30ルピー.屋台でバナナ一本7ルピー.

0時半寝る。疲れの極み

走行264km

20日

8時半起床。28度。高原都市なのでいくらかすずしい。

昼食はムスリム街の食堂でビーフビリヤニ50ルピー。

夕方バンガロール出発。夜はバンガロール郊外の国道7号沿いの食堂。チキンビリヤニは80と高くなった

さらに進み、田舎の空き地で野宿。

走行147km

15年ぶりに訪れたあの場所

バンガロールのインペリアルホテル

目まぐるしく変わるバンガロールでも、ここは15年前と変わっていない。(より汚くなった)

ホテルは改装閉店中だった

IMGP7562DSCN9359 DSCN9357

 バンガロールの街かど

ミナミインドの帝王
IMGP7588

バンガロールには高架鉄道もある

dscn9307

バンガロールの銀座のような通り。

店の前で、何が始まったのかと思いきや

dscn9330

ソニーの最新大画面テレビで、クリケットの試合を見る男たち。

それにしても店の前で、何のはばかりもなくタダ見してるところが、セコイ!インドらしくて笑える。

dscn9332

都会的だからこそ、田舎のインドにはないポップな店。萌えるシク教

dscn9632

イスラム街:昔ながらの露天から、ハイテク製品まで

dscn9538 dscn9539

イスラム街にて

dscn9924

下町のネトゲ少年たち

dscn9972

471 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*