沖縄放浪 島の高校生からバックパッカーまで運ぶ船 石垣島

3月26日

19時、石垣行きのフェリー飛龍に乗った。

大阪からのときは飛龍21だったが、今回のは21のない方。といっても21とほぼ同じ。

いまは無き沖縄台湾国際航路 フェリー飛龍21 船内の写真
日本でも、かつては台湾を結ぶ国際フェリーがありました それが有村産業の、飛龍21。 名古屋から大阪>那覇>宮古>石垣>そして台湾...
だがこれがとってもすごいのだ。何がすごいかって、名古屋大阪から那覇、石垣、そして台湾の基隆や高雄へ行く国際航路飛龍は、北海道一周や日本一周するようなツーリングライダーはもちろん、南の国を目指す白人女性バックパッカ-もいれば、島に帰る学校帰りの制服姿の女子高生もいたりしてなんでもありのすごい船内だったのだ!

今回の飛龍は、活気がある。

早朝宮古に寄港したあと、10時15分、いよいよ石垣に入港。

那覇に比べればこじんまりとした街並み。フロリダのキーウェストのような感じで、郊外のショッピングセンターもアメリカ的だ。旅行長期滞在の白人の姿も多い。島を走っても各県のナンバープレートが見れる。石垣島は気温26度だけど、日差しが強く首が思いっきり焼けていたいよー! 車は法定速度通り40km/h以下で走ってるし。だから125ccでも楽に追い越せる。



石垣島にあるキャンプ場を見てみると

ホクレンの旗や礼文島ステッカー、美瑛町や札幌ナンバーを見るあたり、オイオイここは沖縄なのか?と、地理的には全く離れていても北海道ツーリングの延長そのものではないか。日本一周するつわものが当たり前のように泊まっている。

米原、伊野田と「石垣島伝説のキャンプ場」を貧さんとともに見てきたが、一番いいのは私営の「南夢楽園」というキャンプ場だった。南夢楽園は一泊500円だが無料のシャワーと洗濯機、コンセントもついているから携帯やデジカメの充電も出来るし至れり尽せり。(2017年現在閉鎖)

昔は公営の米原、伊野田キャンプ場は無料だったので旅人天国だったのだが、一泊250円になり、さらに来月2002年4月から400円になる。

公営キャンプ場。もはやキャンプ場というより、長期生活者の家。

しかも楽園のほうが港や市街地から近いので、もはや市街地から20km以上離れた米原や伊野田に泊まるメリットはない。米原の時代はもう終わったのだ。

結局、どれをとっても楽園の圧勝。ここを基点に行動しよう。

【沖縄で泊まる】一泊800円の激安宿から、海の見えるホテルとキャンプ地まで
沖縄ではどうやって泊まるか?沖縄を放浪したたびいちが、宿泊に際し失敗を防ぐためのいい方法をまとめました まずは沖縄の季節:避寒を考えている...
3月27日

同じキャンプ場に泊まったオーストラリア人のカップル、スコットとカリ-ナ(車の名前ではない)と話す。

ダイビングをしに来島したが、日本語もちょっと話せる。やはりオージーらしくとても陽気な二人で、22歳でビキニ姿のカリ-ナは元気いっぱい。だが、今日キャンプ場を出るので残念だ。オーストラリアでまた会いたいわい!

キャンプ場においてあった、DIYな三線

ツインテールな鬼武者。

九龍城のように、すぐそこに飛行機がかっとぶ石垣島

601 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*