ジャガディッシュ チャンドラ ボースを生んだ理数系の国・インドの秘密とは?

きょうのGoogleロゴは、ジャガディッシュ・チャンドラ・ボース生誕158周年になっています。
はじめて聞く名前ですが、

ジャガディッシュ・チャンドラ・ボース(ベンガル語:ジョゴディシュ・チョンドロ・ボシュー1858年11月30日 – 1937年11月23日)はインドの物理学者ならびにSF作家です。

イギリス統治下のベンガル行政区マイメンシン生まれ、カルカッタのセントザビエルカレッジ卒業。薬学を学ぶためロンドン大学に留学したが、健康を害して帰国。プレジデンシーカレッジ(Presidency College)の物理学教授に就任した。インドの無線科学、SFの父と呼ばれる。研究分野は広範で、クレスコグラフ (Crescograph) の発明は有名である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%B9

インドでは無線科学の研究をされていましたが、

音響会社のボーズBoseや
インドの独立運動家・チャンドラボーズとは、関係ありません。

てっきりスピーカーのボーズの創始者のことかなと思ってたので、意外でした。

もちろん、彼の頭は「ボーズ頭」ではありません(笑)

ボースが学んだ地・カルカッタとはどんなところなのか

カルカッタ(現:コルカタ)を実際に旅したのですが、日本でたとえると大阪とよく共通しているとおもいました

古くから文化の中心都市
かつてはインド一の都市で首都だった
現在はデリーやムンバイにリードされてしまった
人の密度と活気がすごい。

カルカッタ・シアルダー駅前で遊ぶ子供たち。思ったとおりのインドらしさ。

DSCN4915

立ち食いカレー屋台。1食たったの20円!!

IMGP5897
2000年のカルカッタ

世界一周02 インド篇 カルカッタ・マドラス
☆今回はいきなり苦難のどん底篇!インドへの飛行機に乗ったとたんに始まる不吉な予感!果た してインドでは何が待ち受けているか! ...
2015年のカルカッタ(コルカタ)
(19)ついにインドに来た!天国から地獄な気分。
2014年12月17日の日記より: 15年ぶりのインドで苦しめられるの巻 15年ぶりに、インドの地を踏んだ。 15年前に来た時もコ...
(20)コルカタからデリー行き寝台列車へ
12月18日の日記より: 6時50分に目ざめた。タイ時間だと8時20分なので体がまだタイモードのままだった。 ...

しかし、読んで判るとおり、

実際のカルカッタは、ぶっちゃけた話、かなり居心地が悪すぎる街でした(笑)

同じインドの都市でも、

旅をするならムンバイのほうがきれいだし、

(70)青空と海の大都会・ムンバイ(ボンベイ) 写真もたっぷり
インドでも全然インドらしくない都市、ムンバイ。ボリウッドと呼ばれるほどのインド映画産業とインド経済の最大都市・ムンバイで、首都デリー...
首都デリーのほうが便利です。

女子旅なら、旧フランス領のポンディシェリーがおすすめです。

(85)【女子必見】おフランスなポンディシェリとオーロビル Pondicherry
女子旅にとって鬼門ともいえる国が、インド。 しかし、インドとはかけ離れたキレイな街並みと海とスイーツもある、旧フランス領のポン...
インドの美少女 タージマハル編
タージマハールの町の食堂で、偶然出会ったインド女子3人組。 見た目は大人っぽいけど、3人とも16歳。 彼女たちに...
それでも、悠久の哲学を持ちつつも、古くからハイテク技術を開発するインドのすごさは、

さすが理数系の国だと思いました

2,009 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*