海外ツーリングの常識をぬりかえられるか?ユーラシア計画は「仕事」だ。

きょうは226事件の日。もちろんGoogleロゴにはなってません。

で、先日は勇み足な発言でしたが、きょうはプランについて書きます。

このユーラシア計画は、2年越しになりそうだ

本来なら、春にロシア、夏秋にヨーロッパ、冬にアフリカ大陸というスケジュールだったが、
一年で一気にアフリカに行くのは、ほぼ無理だと思うようになった。

インド一周ですら6ヶ月もかかり、そのうえいろいろ行き残したところがあるぐらいである。
かといってちんたらのんびり走るわけではない。
DL250では、一般道は90km/h、高速道路は100km/hで走るわけだが、それでもあちこち撮影したりすると、ぜんぜん進めなくなる恐れがある。

しかも、ネット収入も稼がなければならないので詳細をタイムリーに更新していくため、より走行時間が少なくなる。

たしかに、ただ突っ走るだけなら半年で日本からアフリカにたどり着けるだろう。
しかしそれだけではダメなんだ!

単なる自己満足のツーリングではない
みんなのための、旅とツーリングとビジネスの結合でもあるのだ。

ただ「日本からはるばるここまで行きました、満足です」ってえのは、おのれのG行為のマスターベーシックでしかない。

自分だけ気持ちいいのはダメなのだ!
多くの人も気持ちよくさせるのだ!

つまり、旅の臨場感と感動と冒険心を可能な限りシェアしなくてはならない。
世界の旅の経験を無駄にせず、社会に対して血になり肉にしなくてはならない。

一眼レフや動画などはもちろん、ドローンを飛ばして自分が走ってるシーンや旅先各地を空撮するのもいいかもしれない。

もう、ユーラシア計画は人生最後の大スペクタクルなので、めっちゃ派手にやりまくりたい。

スポンサーリンク
336×280

ヨーロッパの冬はつらいよ

ヨーロッパは日本よりも緯度が高く、冬になると日照時間が極めて短くなるし、なにより寒いのはキライなので、

11月には切り上げて、東南アジアや日本で越冬して4~5月ぐらいにまた開始する。

となると、

春はロシア。夏は中央アジア。秋はヨーロッパ。

冬はアジア。

春と夏、ヨーロッパ。秋にはアフリカ大陸へ。冬には西アフリカへ。

松尾清晴翁の場合は、ニースに預けてミラノから帰国したという
ある人はアテネに預けたり、ある人はマドリッドに預けたりしている。

安宿とかに単車を何ヶ月も預けるのは気が引けるし、治安の面もあるが、日本からヨーロッパまで来ると、そもそもマシンもダメージ来てるから、一番合理的なのがバイク屋に整備依頼をかねて、冬の間預けてもらうのが一石二鳥ではないか。

そんなふうに少しずつ計画を考えております。

215 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*