一ヶ月、毎日記事を更新してきた結果。

たびいちです。
昨年12月の旗揚げ以来、これまで「1日、1記事、毎日更新」をめざしていました。

しかしそれはいったん停止します。

なぜなら、2つの理由があります。

スポンサーリンク
336×280

大事なのは、量よりも質

まず一つ。

ほかの仕事が忙しくなったからです。

これまで一ヶ月間、毎日記事を書いてきて判ったのは、
一記事につき2~4時間はかかる、ということ。

思った以上にとても労力がかかります。

たしかに、無料ブログで誤字脱字だらけでいいかげんに書いていた時代は、そんなにかからなかった。

しかし今後はプロとして起承転結にして体裁をつけないといけないし、写真を貼ったり整理したり、書いた記事が後で問題にならないか、裏づけもしなくてはならないので、どうしてもそれぐらい時間がかかる。

てきとうに書いて、後になって編集すると、それも面倒になる。

ただ毎日書けばいいというものではない。

「一記事・一入魂」ぐらいの気負いで書かないと、PVアップにはつながらないことが判った。

(といってもそればっかりじゃバランスにかけるので、スパイスのようにくだらない記事も書きますので御安心を)

そして、もう一つの理由が、

毎日記事を書いても、結果としてPVが微増どころか右肩下がりのジリ貧になった。

トップブロガーなどから「毎日1記事書くべき」とはよく言われることだけど、毎日旅とカンケーないこと書いて逆効果になってしまった(笑)

ようするに、DQでたとえると、1ヶ月経っても強い敵が出てこず、

いつまで経ってもスライムしかでてこないようなもの。

それどころか、日々のネタがないのに無理して毎日書こうとすると、記事によっては途端にPVが激減してしまうことが判った。

数字は正直です。テレビの視聴率と同じね。

だったら、「キリマンジャロ登山」のような優良記事を、しっかり丁寧に創り上げたほうがいいと実感した。
キリマンジャロの記事の後、仕事が忙しかったので、あえて3日ぐらい記事書きを放ってみたのだが、その3日間は意外とPV数も激減しなかったことが判った。

なぜかというと、流行や時事ネタ、流行のデジタル製品などは、何年か経つとすぐに古いものになってしまう。使われなくなった情報は、価値がなくなる。

しかしキリマンジャロ登山は、10年経っても20年経っても情報の価値があるので、貴重な資産になりつづける。
それは、登山というのは流行の対極で、何年経っても基本的に変わらないからだ。

下手に価値のない役に立たない記事ばかり毎日書いてると、せっかくの優良記事が埋もれてしまう恐れがある。

たびいちドットコムは、もちろん旅がテーマなので、旅をするようになれば、毎日一記事書きます。

まだ読者数も少なく、仕事として成り立つほどの広告収入ではないので、
まずは量より質。

そうやって土台を固めて、そして、書きたくなったら書く。

ぐらいのスタンスでやっていきます

427 total views, 3 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*