キリマンジャロ登山 5 ~エンディング・下山編~

ここは、もはや地球ではない。

生物の存在しない環境なので、月や火星のような惑星である。

宇宙に近づいている。

 マラングルート 出発~山頂~ゴールまでの全行程 70km 標高差4025m
graphkiliman2

スポンサーリンク
336×280

 5800mの世界

DSCN0747 DSCN0748 DSCN0749 DSCN0750 DSCN0755 DSCN0756 DSCN0759

登りのときは暗闇で気づかなかった、

ギルマンズポイントの看板。

おや?

この下には石板がある・・・・・・?

DSCN0760

石碑を見ると・・・・・

「Mr.Kunimatsu and Mr.Saotome」

日本人の名前である

てっきり、キリマンジャロの登山中に亡くなった邦人なのかなと、その時は思っていた。

しかし、2016年の今日、写真をよく見ると・・・・

DSCN0766

割れた石板に enturous Cyclists .とかかれており

これはもしかしたらアドベンチャーサイクリスト・すなわちJACCのメンバーではないかと思い

調べてみたところ

この二人は、ともに、自転車で世界一周しており、

1981年に旅の途中でたてつづけに交通事故で亡くなっている。

国松輝男氏:  1977年1月出発。1981年6月にトルコで交通事故死

早乙女次男氏: 1980年6月出発。1981年7月にカナダで交通事故死

そして、「umi Furutani ima Japan」

と書かれているのは、

古谷彰史氏(広島)で、1985年8月から9月にキリマンジャロに登頂、とかかれており、

そのときに「二人の魂」である、重い石板を背負ってBMXで登ってきたわけだ。

http://www.pedalian.com/p-furutani.html

参照元:

自転車冒険〈大百科〉― 日本一周から地球走破までのノウハウ (ヤングアダルトブックス)

思えば国松氏といえば、ガッツ石松ならぬガッツ国松というフレーズで世界一周してるのを本か何かで見たことがあった。

キリマンジャロの山頂・ギルマンズポイントから見た下界。

くりっく拡大して、写真中央よりやや下に見える四角いのが、

荷物を預け、一夜を過ごしたキボハット。

その標高差900m。身もすくむような絶景である

DSCN0773 DSCN0774

登りのときは極寒と低酸素の暗闇地獄だったが、

朝になるとこの通り。とにかく急な斜面だった。

DSCN0790

DSCN0796

無事キボハットに戻った!

朝食。食パンときゅうりスープ。

DSCN0809

キボハット以降で使った極寒用装備。これより下山し、気温が高くなるのでインナーのフリースも脱ぐ。

DSCN0811

DSCN0814

キボハットを下る。

11:55 Last Water Point 草が茂り始めるようになる

DSCN0832

DSCN0833

これより上は、水のない世界なので、キボハットではリヤカーなどで運ばれた水を使っている。

ホロンボハットに戻った

ホロンボハットには多くの登山者がいたが、見覚えのある人を発見。

DSCN0857

なんと、ケニア・ナイロビの宿ニューケニアロッジで会った日本人女子に再会。

そういえばあのとき彼女も「キリマンジャロに登りたい」と言っていたので

ならば一緒に登ろうかと提案したのだが、

モシに着いた時、彼女の姿は見当たらず。

後日モシにやってきて、別のバックパッカーズに泊まっていて、そこで登山を手配したとのこと。

くそ~!一緒に登りたかった。

だけど、山小屋とかが相部屋になったりするとなると、やっぱりだめか・・

そんな未練を残しつつ、ホロンボハットを後にする。

行きのときは真っ暗になっていた、ホロンボハット近くの景色。

DSCN0862

DSCN0864

そして、ゴール!

マラングゲートにて

DSCN0923

汚れと疲れた顔をしているけど、無事に登頂し、下山する事ができて、とにかく感謝!

こうして、我がキリマンジャロの旅は、終わった。

しかしこれですべてが終わったわけではない。

アフリカの旅は、まだまだ続くのであった

キリマンジャロ登山編 完

659 total views, 3 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*