沖縄放浪 まだまだ続くよ島めぐり。次の島は、九州という島だった。

4月25日

長かった南西諸島に別れを告げ、フェリーは鹿児島に着いた。九州上陸。北上したので、より朝の空気が寒く感じられる。

鹿児島から沖縄を結ぶ国道58号がここから始まり、

九州を囲む3号と10号がここで終わる。

その始点のオベリスクとして、西郷どんの銅像がデーンと立っている

鹿児島市内のカメラ屋でデジカメで撮った写真をメモリーカードからCD-Rに焼き付けてもらう。待っている間ブックオフに行って立ち読み。興味を引く懐かしい内容のマンガ本があったので2冊買う。

自分の単車に戻ろうとしたら、小学生女子がいたので、二人が出るまで、我が単車は出せずじまい。

西日本では小学生でも制服だったりする。

この女の子かわいいかわいい

(とはいえ、写真で振り返ると2002年の写真でもついこないだのようにかんじるけど、じっさいこの2017年現在では、この少女はもう20代前半の大人になっているわけなので、月日がたつというのは実に不思議なものである。)

48MBのコンパクトフラッシュカードが4枚だが、カード一枚につきCDR1枚焼き付けなので4枚になり1500円も取られてしまった。
しかしそれでも1000枚近く撮れたのでデジカメは偉い。本当に買ってよかった。

その後市内の城山公園から桜島を見る。南イタリアのソレントから見たベズヒオ火山を思わせるが、4年前に鹿児島に来たときと違って、この日は噴煙はとても少なかった。

当時鹿児島の運動公園でテントを張ったのだが、朝起きたら極粒子の砂のような火山灰がテントとかに付いていたからだ。

大噴火したときの写真。

夜だとはっきりいって、こええ。

城山公園の、西郷どんのコスプレ。

眠りこけてる姿が、おそろしいぐらいにリアリティがあった。

そして鹿児島を出発。

その後はR10で北上。宮崎市内に来るころには夜になってしまった。

南国宮崎で張り合う、キリンとアサヒ。

そして23時、延岡まで走った。

川の中州にはグランドゴルフ場があって、お粗末な屋根のついた休憩所があったのでやはり4年前はそこで寝たのだが今回そこに行ってみると、まったく変わらぬ形で残っていた。うれしい。

寝袋を敷くと、4年前の日本一周の旅が甦ってきたのであった。

206 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*