2月10日はニートの日。そんなニートな雑学とニートソングを大紹介!

そこには、禁断の響きでありながら、会社や組織にしばられない、大いなる自由がある。

自分もいろんなところを旅したり、人生行き詰ったりしたこともあるので、当然プータロー・ニート歴があります。

ただ、年寄りでもないのに「無職」と書くと、当然体裁が悪いので、時代とともに、別な言葉で置き換わられていました。

たとえば60年代はフーテンと呼ばれていたし、

80年、90年代はプータローとか、たんにプーと呼ばれていた。

そしていまは、ニート。

そういえばなぜ近年プータロとかプーとか呼ばれなくなったんだろう?

某デズニーから「くまのプ~さんの品格がおちるからおやめなさい」とクレームがきたのかな?

ともあれ、ニートは、

NO EMPLOYMENT, EDUCATION or TRAINING

の略称からきています

プータロ的な人も、今ではニート呼ばわりされるのも違和感あるかもしれませんが、

はたして



日本以外でNEETという言葉は使われているのか?

じつは本当に使われているようで、

アフリカケニアの首都ナイロビのビルのエレベーターの前にあったごみ箱をみてばわかるとおり

見えづらいけど「ニート トレーニング カレッジ」と書いてあります(笑)
ケニアのニートのための訓練校がこれを作ったんでしょうかね。

だけど、親族の田んぼや土地や、あるいは建物やマンションなどの部屋を貸すことによる「不労所得」だけで生活している人間も、まぎれもなくニートではないか?と思うのですが。

そこで、ニートのテーマソングを紹介。

その名も、ズバリ「ニートな午後3時」

この曲が発売されたのは、1981年2月5日。

なんと36年と5日前の曲なのです

春風吹きはじめる季節なので、

まさに2月10日のニートの日にちょうどええんでないかい。

しかもすごいのが、

デカデカと、「ニートカラー」。

これがNEETのなかった1981年当時だと、べつにどうも思わなかったろうけど、

現在「ニート色」なんていうと、どうしても笑ってしまうのである。

ニートの色って、どんな色よ?

さらに歌詞の中のNeatをNEETに置き換えると!

♪I’m gonna feel
Neat, Neat Everyday
恋の数ほど女は
Neat, Neat Everyday
自由になれるわ 未来を愛して愛して
She’s just Neat! She’s just Neat!
なぜにこの曲が昨今はNEETのテーマソングとして市民権を得つつあるのか…分かってきたような気がするのでゴザイマス。♪自由になれるわ~って…たしかに職も学びもな~んにもしてないんだから、自由人には違いないのだけれども。(笑)

http://blogs.yahoo.co.jp/cherrycreekjp/58573656.html

と、NEETでも意外にもピッタリになってしてしまうという。

まとめ

季節的にも、2月10日のこの時期にふさわしい曲ですが

現在絶賛ニート進行形な人よりも、

とくにいま働いている会社がつらくて辞めたくてしょうがない、という人は、ぜひ歌おう!

「I’m gonna be ニートニート エブリディ 自由になれるわ~」

カローシするぐらい苦しいのなら、エブリデー・ニートになって、ハッピーになれ!未来を生きろ!

なぜなら、

タワマンの1Fに住もうが、8Fに住もうが、最上層の50Fに住もうが、

イモけんぴの味は同じなのだッ!!

377 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*