私が海外ツーリングを安易に勧めない理由 

海外ツーリング研究家のたびいちです。

これまで6大陸を単車で走ってきました。

昨年もインドを一周してきたので、

それら合わせると合計5年の海外経験になります。

だけど、今日のタイトル!矛盾してますね。

そうです。

海外ツーリング研究家ではありますが、
海外ツーリング推進家ではありません。

私のライフワークである海外ツーリングは、

安易に人には勧められんのですよ。

なので

「海外ツーリングに行くかどうか迷ってる」

と言う人がいたら、

「迷ってるんだったら、やめれば?迷うぐらいなら行かないほうがいいですよ」

と言います。

迷ってると言う事は、「何がなんでも絶対に行く!」という鼻息の荒い熱意とカクゴが足りないということです。

なぜそう言い放つのか?

それは、海外で事故したり死んだり国際問題になってしまっては、責任取れんのです。

たとえば以前、松尾清晴翁が

「自己紹介ならぬ事故紹介」

と称して

世界一周中にアラスカで大事故にあい、ヘリコプターで搬送され入院治療に740万円かかったといっていた。医療費は旅行保険でカバーできたけど、旅行保険の期限が切れてたりしてたら、自腹を切っていたかもしれない。

その事実を聴くと、

大抵の人はドン引きして尻込みするんじゃないでしょうか。

一つ運がよければ無傷だったかもしれないし、一つ運が悪ければ後遺障害がのこったり、死んでいたかもしれない。

しかもなにせ740万円といえば、小さな家が一軒買えるぐらいの金額ですからね。

ほかにも実際あった事件では、

海外ツーリング中にシベリアで野宿中に殺害さる。
世界一周中にタンザニアで暴走バスに激突されて、即死。

シベリア野宿事件の時はニュースになりましたが、
タンザニアの事件は、ほとんどニュースになっていません。

そのほかにも、海外ツーリングに出た人は、結構な確率で事故にあったりしています。
南米では追いはぎにあって身包み剥がされた人もいます

命の保証はありません。

それでも責任を持って、

海外ツーリングを人に勧めるカクゴはありますか?

DSCN3344

自分の経験からすると、極端な話になるけど、

海外ツーリングは、戦場カメラマンや戦場ジャーナリストを勧めてるのと、10歩100歩だと思う。

「ボクは戦争カメラマンになろうか、迷ってます。アドバイスください」

なんて言われたら、みんなから

「危ないからよせ」 「行くな」と言われるに決まってる。

それでも戦争カメラマンになりたい人は、現状の地位に満足できず、家族や周囲の反対を押し切り、「強烈な情熱と衝動」に突き動かされて、自然と計画してカメラや機材を揃え、黙って日本を出国して、密入国したりして戦場に行くわけだ。

もちろん、戦争カメラマンと海外ツーリングはまったくコンセプトは違うけど、危険度にかんしては
戦場カメラマンほどではないにせよ、危険やリスクが多いのは確かです。

海外ツーリングは冒険か?

海外のリゾート地でレンタルバイクを乗り回す程度や、レンタルバイクツアーなら、冒険じゃないと思うけど、自分の意思で何ヶ月以上も海外をバイクでJourneyするとなると、大冒険です。

たとえばたびいちドットコムに何度か登場しているまさくんは

「やってみるって大切だ!!」と、小学生女子に気づかされた日
私の友人に、自転車冒険家の西川昌徳(まさ)君がいます じつは以前、我々がバンコクで過ごしたよしみもあって、 帰国後まさく...
(16)自転車冒険家 西川昌徳氏とのコラボレーション@Bangkok
現在バンコクにいます。 そして今日、自転車冒険家であり、福島県の非常勤講師であるまさくんがシンガポールへと向かいました ...
何ヶ月単位もの自転車旅をして、それで生活しているので

自ら「自転車冒険家」と名乗ってるし。

海外でも「日本のように安全運転すればええやん」と思う人もいるかもだけど
それはちがう。

たとえば「高速道路を逆走」と言う事件があった場合、日本ではニュースで大騒ぎになるけど、インドでは高速道路を逆走する車なんて、当たりまえです(苦笑)

では、出会ったらどうするか?

日本のように「逆走する車が悪い!」といって、そのまま突っこむと、あなたは死にます。

となれば、ただよけるしかないんです。

なので、日本の交通常識を持ち出してしまうと、逆に危険です。海外を走る場合は、思考のローカライズと、柔軟かつ大胆な運転技量も必要です。

日本の無駄な常識は持ち込まず、現地に適応しなければなりません。

ということで、残念ですが、

海外ツーリングは生半可に勧めません。

というか勧めたくありません。

その代わり、かつての私のように、

「とにかくいきたくてしょうがない!」

「何が何でも世界一周してやる!」

と言う心からの情熱・熱意のある人だけが、力いっぱい世界に飛び込めばいいのです!

1,037 total views, 7 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*