あの西洋人の大袈裟なリアクションうんざり!なブロガー向けの写真ののせかた

たびいちドットコムでは、いまのところ、アフィリエイトのリンク写真をのぞいて、自分で撮ったものがほとんどです。

それらには、絶景の写真もあれば、当然ショボイ写真もあります。

なぜなら、これまでに撮った写真が、もう膨大にあるから。
2001年に初めてデジカメを買って以来、これまでに撮った写真はなんと42万枚!だいたい75GB分です。

海外では、最高で一日に1300枚撮った事もあります。

そのときは視界に入ってたものを片っ端から撮りまくってたので、ある意味ビョーキかも(笑)

画像が多少しょぼくても、自分の身近にあるもので何かテーマに見合ったものを撮ったほうが、自分の個性・オリジナリティがあって良いと思います。

とくにアフィリエイトや企業用などの事業的なウェブサイトを作るときに気をつけなくてはならないのは、著作権。
「これなら著作権フリーの写真だ」と勝手に思いこんでダウンロードして、自分のサイトに貼り付けたら、実は誰かの著作物だったりする。

そうなると最悪の最悪の最悪の場合、アドセンスを停止させられるとおまんまの食い上げになるし、著作者から訴えられたり、厄介な事になる。


著作権フリーのサイト集は、こちらを参考しました

http://nelog.jp/cc0-and-public-domain-picture-sites

著作権フリー・商用使用可能、著作権の帰属先の表示不要の写真サイト

https://pixabay.com/


では、記事に見合った写真がない場合はどうするか?
それは、それに近い写真を使いましょう。

たとえば、以前尾道に移住したデザイナーの記事を書きました

東京の下町から尾道に移住したWEBデザイナー
先月のパーティで、葛飾から、広島県尾道市にIターンとして移り住んだWEBデザイナーに会いました。 彼は26才で、のび太くんに似た、いかにも...

そのとき、尾道の写真がなく、著作権フリーのサイトを探してもなかったので、

ならば尾道・瀬戸内海と似たようなイメージ写真を探してみると、

イメージ的に似たようなものとして、アフリカ・ザンビアのカリバ湖の写真を使いました。

DSCN7124
実際、カリバ湖に来た時は、その景色から真っ先に瀬戸内海が思い浮かびました。それほどそっくりでした。
そうすれば、関連はなくても、見る人からすれば
「ああ、瀬戸内海とカリバ湖は似てる!」
「尾道にはいけないけど、今度ザンビアに行くならカリバ湖もいいな」
と、本場尾道の写真を使う以上の一石二鳥の拡がりが持てるわけです。(といってもザンビアに行く人のほうが少数だけど

ほかにも、たとえば「チクショー!くやしい!」というシーンを使いたい時
西洋人の幼児がチクショーしているポーズの写真よりも、
自分自身がくやしがってる、挫折しているシーンを自撮したほうが、より面白いし、立派なネタになるじゃないですか。

なので、一石零鳥や一石一鳥どころか、一石二鳥・三鳥になる方法を考えながら運営していきたいです。

287 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*