東日本大震災 「どん底と恐怖と計画停電の一か月」

本日8月15日、tabi1.comは新サービス開始!

https://note.mu/notes/nb6de56650b9e

広告収益にまつわるマル秘話、解禁。

=====================================

いまでは信じられぬぐらい緊迫した日記になっておりますので、

当時の緊張をぜひ味わってください。

2011年に書いた311のブログ記事を、

この1か所にまとめました



きのう(311)の夜

やっと日記を書く気になれてきたので書いておきます

昨日の地震について、ボイスより: 震度5強の地震で、棚の上の軽い書類や紙はたくさん落ちたが、大きな戸棚とかは倒れていない。電話通じず、防火装置作動のためガスが使えずそのほかはOK。こんな地震人生初めてだが、これだけですんだのは幸い

(2004年の中越地震のときもやたら長く揺れて気持ち悪いぐらいだったが、今回の揺れはそれよりさらに強かった) その後もまだ余震が何べんもつづいている。これはもう異常。地震が永遠に続きそうな錯覚。

昨日の地震の夜は、自分の人生での中でも一番まがまがしい、おぞましい夜だった。

マンガや映画でしか見たことのない、都市が滅亡するシーンが現実に起きていた。スマトラで起きたあの巨大津波の被害が、日本でも起こったなんて。

特に三陸地方は、仙台から気仙沼、大船渡、釜石、宮古、八戸と旅をしたことがある

とくに港の空き地で野宿をし、午前中は街中を巡った気仙沼では、津波で街ごと流され、さらに夜は火の海と化した。

あまりにも禍々しすぎる。

人間のすることに容赦はあっても、自然は決して容赦してくれない。テレビやネットで見せ付けられたのは、そんな無慈悲な現実だった

自分は無事だったとはいえ、これからいろんな面で弊害がでてくるとなると気が滅入る

夜中の二時だというのに、ありえない事にからすが鳴いていた。凶兆を告げているのか、あまりにも不吉すぎる。そしてその後、またも地震が起きた。今度は信越の地震だった

大地震から夜中まで20回ぐらい揺れたのに、その夜中で10回は揺れた。そんな群発地震のため、おちおち寝てられない。

阪神大震災のときは、東日本ではたいした揺れでもなかったので実感は無かったが、しかし今回は、何度も続く地震、言ったことのある場所、都内でもうちの知人友人も苦労していた。

そんな恐怖を本当に身をもって味わっただから身にしみた

今日は大丈夫だったが、今でもたまに小さな揺れがある。

とにかく、ひとりでも悲惨な目から脱出し、一日でも早い復興を目指すのみ。

これからを生きるために!

どん底に叩きのめされ、恐怖に突き落とされても、これからを生きるために!

まずは、放射能と原発。MITの研究者による解説は、素人判断より説得力があります。

http://d.hatena.ne.jp/arc_at_dmz/20110316/fukushima_nc_power_plants

http://blog.livedoor.jp/lunarmodule7/archives/2406950.html

放射線の影響に関してはこちらの方が参考になります(まだ途中ですが)

https://twitter.com/team_nakagawa

無用な社会混乱を生じさせないためにも、落ち着いて行動しましょう!

買占めはせず、ガソリンが充分に出回るまでは自動車やオートバイは極力使わず、自転車や徒歩、電車で移動しましょう!

その結果、被災地への物流を滑らかにし、結果的に被災地への立派な貢献になるのです!

そして、マスメディアにはなかなか出てこないが いわき市や茨城北部では、原発区域に阻まれて物流が滞っている。

http://blog.goo.ne.jp/drees-bowwow

ツイッターによると、いわきでは、ついに餓死者や凍死者も出ているらしい。

野戦病院や難民キャンプの如く医療機器も最低限しかないので死者が出ている。だとすると混乱期のアフリカ・ジンバブエなどと同じぐらいの危機状態です。

でもこれが、世界最先端の医療技術を持っているはずの日本で起きている、無慈悲な現実なんです

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110317/k10014727811000.html

同じ日本でも、災害地ではもはやかつての日本ではなくなり、別の国と化しています。

私もいろんな国を旅していろんな目に遭ってきたとはいえ、このあまりにも想像を超えた東日本大震災に絶句し、心労と食欲不振と不安のため、体重がいっきに3kgも減りました。

しかし、困難を乗り越えて、明日を信じて強く生きましょう!

思えば、それまでの日本の社会はどこか狂ってた。

未来のない人々(自分も含めて)、サービス残業、人身事故の自殺増加。その他もろもろ。

諸外国にくらべれば豊かで贅沢なのに、経済は落ちるだけでそれでいながらバブルが終わってもなお虚栄なる欲望が残っていた。

とくに年々増える人身事故は、あきらかに異常に向かっていると思ってた矢先。

日本の社会は閉塞感だらけの行き場のないどうにもならない状況に行き詰っていたと思う。

そこで起きた未曾有の大震災。

ジリ貧から容赦なく一気に叩き落された日本は、別の意味でたくさんの苦難が待ち構えている。

「痛みを伴う改革」

気がつけば「援助される側」の国になり、欲しい物も買えなくなった。

しばらくの間は、「先進国」というプライドは置いていかねばならない。

落ちるところまで落ちるだろうが、復興すれば登っていくのみ。

それこそが、本来の本能を取り戻し、人間として生まれ変わるきっかけになる

http://blife.exblog.jp/16062325/

東北とはあまり縁のない四国や九州などの西日本からも、

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/232036

そして世界中の国々からも励ましてくれている。(日章旗のもあって、一瞬(?)と思ったが、「日はまた昇る」と考えればとても理にかなったデザインだと思った)

それまで景気の悪い時期に生きて励ましてもらえず、自信をなくしていた若者たちも、きっと気づいてきたと思う。

君はひとりじゃない。

自然と前向きになっていく。

そんな世界中からの励ましを受けた以上は、期待に応じられる、いい生き方をしなければならない。

取るに足る豊かさでいいから、もうあくせくがつがつせず、ストレスの少ないバランスの取れた素晴らしい新生日本を建設できればとおもう。

落ち着きませう

もし余分に買ってしまったら、その食品を食べるまでは買い物に行かないように。

「足るを知る」という言葉をかみしめてほしい。

一人一人の募金だって、金額の問題ではない。 今回の巨大震災では、義捐金だけでは到底足りず、国家予算を投じることになる。

それより、被災地のことや、これからのこの国のことを考え、

身近な事でも自分なりに実行すればいい。 その気持ちがあればいい

食品にはわずかな放射能がつくかもしれない。でも人体に影響ない限りの量なら、食べなければならない。それが原発の風評で苦しんでる現地の人を励ますことにつながる。

あー、たまには震災以外のネタを書きます

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2790940/6965847

海外のSNSってなんでシステムがこう大味でいい加減なんだろうね。

本名を出さなきゃだめだし、住所や携帯電番を載せる欄があるけど、信じられない。

あちらのくにはお得意の自己責任で、というかもしれないけど、まだこんな思慮分別もない10代もいるから、限界がある。

ミクシとちがうのは、自分の顔写真を載せている女の子がほとんどということ。だとなるとこういうことだっておきてくる

あだ名でいいじゃないか。もう一人の自分でいいじゃないか

ビジネスや実用のためにSNSがやくだつというが、娯楽として楽しむためにSNSをやる人がほとんどだ。 ビジネスで使おう、と思ってる人は、運営側の策略にはめられてるだけじゃないのか。

フェイスブックはSPAMが野放しというぐらいだから、そんなのがビジネスに役立つはずもない

本名にすると、逆に「監視」され、言いたい事もかけず、個人の行動が縛られる気がするのだが。 日本人には向かないし、

ミクシにくらべりゃシステム的にお粗末だというので流行らないだろう

計画停電については↓に書きました

知っておこう!停電した場合の冷蔵庫の扱い方 ~311の計画停電の経験より~
これは、ぜひみなさんに知ってもらいたい知恵です。 先日鳥取で地震が発生し、停電も起きました。そしてこの前は、都内でも大停電しました。 ...

669 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*