自転車ツーリング 一日140km

IMGP4084

2008年10月上旬。

新しく買った旅チャリンコで走りたくてうずうずしていたので、いきなり都内まで漕いでみた。

「200ccの単車・ジェベル200」といい、「新車の旅自転車」と、最近買ってばかりだなあ。貯金は減る一方だあ。

と言っても両方あわせてもたった10数万円しかかかっとらん。安っ!

ハンドルバーにはヘッドライトやドイツ製のワイヤレススピードメーター、そしてGPSまで取り付けた(名づけて勝間和代システムだ! 笑)

でも、ドイツメーターはヘッドライトつけたりGPSがあると本体が作動しなくなると言うナーバスなものだった。

うちの場合、東京都心へのコースは、「自宅から大宮」「大宮から都内」の2つのステージに分かれる。

「自宅から大宮」までは荒川自転車道で、R16バイパスと交わるところまで走る。

荒川自転車道は荒川のドテ沿いを通るので、首都圏とは思えぬほどすごく景色が広々として、車も信号も無く、よく整備されていて気持ちよく走れる。

しかし、さいたま新都心の摩天楼が見える大宮から先はいっきに舞台が変わる。「大宮から都内」まではビルの合間を縫って走るシティライドだ。

埼玉県庁を経由する旧国道R17。しかし意外に道幅も広いので車道左端も走りやすい。ときたま30km/hぐらいでメッセンジャーのようにがむしゃらに走ってみたりした。

雨が降ってきた。合羽を着て走る。蒸れ蒸れだが、雨走行も体験せんといかん。

R17でふたたび荒川を越えて、東京都。池袋経由で明治通りにて新宿到着。途中休憩したり買い物したので5時間かかった。

そして飯田橋や神楽坂のほうに行って折り返し。高田馬場、池袋からまたR17で大宮へ。

帰りはバテバテなので荒川では15km/h以下でちんたら走って帰宅。

(池袋から自宅までは4時間08分走りっぱなしで57.3kmだった)

自宅から都心まで、単車なら80~120分でいけるのだが、自転車だと5時間はかかる。いくらいい自転車を買ったからって、そんなに甘くなかった。

往復12時間、140kmはちょっとしんどかった。

車とかに依存してる人にとってはとてつもない距離だが、世界を走るチャリダーから見れば、たいした距離じゃない。

走った後は鈍い筋肉痛がしまくったが、チャリダーとしての自信がついた。

ライダーとしては飽和的なほど充分に経験値があるけど、チャリダーとしてはレベル1の初心者なので、単車旅と違った新しい発見が多くなりそうで、楽しみだ。

234 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*