USBメモリーでUbuntuを使う&ストレージ別転送スピードテスト

Linuxユーザーのみなさん、おひさしぶりです。

これまでデュアルブートでLubuntuをつかってきましたが、自分のHDDだと起動がいまいち不安定なのと、Lubuntuにも飽きてきたので、本家のUbuntuを、USB起動で使うことにしました

初めに試してみたのがSilicon Power 32GB USB2.0 Touch Series T01 SP032GBUF2T01V1K Amazonで1650円。防塵タイプのタフなつくりでしたが、とても小さいだけあって、USB起動だとフリーズの連発で、使いものにならなかった。やはりストレージ向けですね。

しかし、Silicon Power SP064GBUF3B30V1K なら、USB3.0でも2.0でも「超高速転送」とうたっており、USB2.0までのnx4300でも問題なく動作でき、デュアルブートよりも速いぐらいです。Amazonで3300円でした。

しかも64GB (実際は62GB)あるので、10GB ぐらいをLinux用に、残りを従来どおりにストレージにすることもできる。その際のパーティション分けですが、Ubuntuのインストール時についているGpartedでもできますが、Gpartedではうまく行かない場合があるので、そのときは、Windowsでパーティションソフトを使って分けるとうまくいきます。

(nx4300でUSB起動させる場合)

電源を入れたらF10ボタンを押す>Bios設定画面になるので、Advanced> Boot order>+Hard Driveに行く。USBメモリーが差し込んであれば、認識されているので、それをF6ボタンを押して上に持って行き、F10ボタンを押して、セーブして完了。



ストレージ別  転送スピードテスト

一本の動画ファイル(100MB)で読み書きの転送実験しました

古いパソコン(nx4300)なので、USB2.0の速度です。

転送速度(秒) To memory  To PC

320GB a      6.1   4.5

320GB b      5.9   5.2

64GB SP 3.0     7.4   3.2

32GB SP 2.0     17   6.4

2GB SDカード a    24  3.8

2GB SDカード b   21   11

1GB SDカード x     17   7.6

1GB SDカード y     27   11.1

1GB SDカード z     37   7.2

320GBは、外付けハードディスクHD-PF320U2です、同機種を2つ(それぞれa,b)持っています

64GBは、Silicon Power SP064GBUF3B30V1K USB3.0

32GBは、Silicon Power 32GB USB2.0 Touch Series T01 SP032GBUF2T01V1K

2GBは、Transcend(トランセンド・ジャパン) 【永久保証】 TS2GSDC の同機種を2枚(それぞれa,b)持っています

1GBは、xはSandisk ExtremeⅢ  yはSiliconpower 45倍速タイプ zは無名のメーカー。

最速の64GBのUSBメモリーとはいえ、さすがに100MBのデータを6秒で書き込めたHDDにはかなわなかったもようです。

749 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*