ブログの更新は、太鼓の達人やダンスダンスレボリューションに似てる

ブログの更新は、太鼓の達人やダンスダンスレボリューションDDRに似てる

これらはいわずと知れた音楽ゲーム・ダンスゲーム(音ゲー)なので、

多くの人は知っていると思います

どうでもいい話ですが、私のDDRの好きな曲は、(ゲームの難易度などは別にして)

Relight my fire
I believe in miracle

Keep on movin

などいろいろあります

DDRは、ゲームをクリアするには、曲に合わせてステップを連続して踏まなくてはならない。
もちろん一つぐらい踏まなくても(ミスしても)問題ないけど、
何個か踏まないとDangerの文字が出始めて、
さらに2つ3つ外すと、即ゲームオーバーになる。

太鼓の達人も、曲のリズムに合わせて叩きつづけなきゃダメですよね。



これをブログ運営にたとえるとどうなるか。

プロとしてブログを書くなら、毎日記事を書くべきだが、
たまに体調不良などで1日だけ無更新ならまだいいけど
だけどこれが
1週間ぐらい断続的に無更新だったり、
何の予告もなく1ヶ月も半年もまったく無更新だと、「ゲームオーバー」と思われて、読者は離れていくでしょう。

なぜなら、この世にブログは無尽蔵にあるので、もしブログの更新が止まったら、分野の似たようなブログを探せばいいだけのこと。
なにも一つのサイトやブログに固執する義務も無いのである。

なので、
あなたのブログを毎日チェックしてる読者にとって、
あなたのブログが何週間も無更新だと
「このブログは、もうオワコン?じゃあ、ほか行こう」と読者が離れていってしまう。
一度離れてしまうと、元のあなたのブログに戻って、読み続けることは難しいと思う。

手っ取り早く一月何十万PVを目指すなら、
1500文字前後の記事を毎日4個から10個書くことらしいが、
ただ単に文字を打ち込めばいいのではない。
内容がショボかったりすると、読者もついてこないし評価が下がるし、
それどころか裏づけをしないままいい加減なことを書き散らすと、事実と相違してあとでクレームが来たり、非常に厄介な問題が起こったりする。

ただ単に6000字分なり15000文字なり書いていれば、みんな誰もが月10万円以上ブログで稼げるか?といえばそうじゃないでしょう。
プロブロガーの道は芸能界と同じく、立派な競争社会だし、収入が上がったと思ったら突然激減する事もある。毎日何記事もとなると、当然ネタ切れにもなりやすいし、どんなに書いてもどこまで収入になるかはわからんし、半年続けても成果が全くの徒労に終わる可能性もあるので、よほどのカクゴがないと、その道はとても難しいのである。

だけどその大変さを考えたら、1日1記事にすれば、かなりハードルは下がるので、
とにかく毎日1記事、それ以上は書いて、灯火を絶やさないようにしたい。

ということで、「げーむお~ばー」にならないよう、10年、20年と継続していきます。

394 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*