8年前に青森ねぶたにいたあのカンボジア代表と、選手村の謎!

スポンサーリンク
336×280

ちょうど8年前の2008年8月6日、あの男を見た!

ついに五輪もはじまりましたね。

そこには、日本人なのに日本代表ではなく、なぜかカンボジア代表として開会式に出場する猫ひろし。

ちょうど8年前は、青森ねぶたにいたのですが

青森ねぶた2008 ねぶたブートキャンプ O carnaval de Japão
さあ、来週から青森では「ねぶた祭り」が始まります!2008年のねぶた祭りに参加したときの記録を、写真を大幅に追加して紹介しますので、ねぶたに...

そこにはなんと、本人がいたわけですよ。

なんたって「ラッセラー」が持ちネタだから必然的なのでしょうが

まさかこのちょうど8年後に、青森から地球の反対側で五輪に立つとは思いも寄らなかった。

これからが本題。
オリンピック選手村に対する、中二のような素朴な謎!
それは

「オリンピック選手村で、なぜ、今度産むを配るのか」

猫ひろしもよろこんでましたね

「リオひろし、選手村の中、有名選手と遭遇する率高い!リアルポケモンGO!!」と、初めての選手村に興奮。8月1日には「オリンピック・パラリンピック版コンドーム!本当に配られてた」と“証拠写真”を公開した。

http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160802-00000087-nksports-spo

オリンピックになると、かならず選手村で今度産むを配るけど、
はたして草食国家のわが国で、4年後の東京五輪でも同じように配るのだろうか。
(おそらく日本のゴムメーカーが販促をかねて、待ってましたといわんばかりに自主的に配ると思われるけど)

というのも、日本の常識からすると、どうも信じられんわい!

なぜかって?

もらったところで、いったいだれとするのか。夜の街へくり出すのか。

それとも
まさか
選手同士?

西洋とかだったら「スポーツの一環」としてありそうだけど。

でも日本のオリンピック界だと、慣習的に禁欲ゆえ、
日本で選手同士で合体するなんて、全然思いもつかないんよ。

たしかに、日本選手でも、出場できたということで、うまくみつくろってハメを外す男女もいるかもしれない。
だけどね、現実的には
あの柔道の伝説の金メダリストも、
「よし、するか」
といって棒に振ったったではないか(*´Д`)
それでなくても選手同士でやろうものなら、週刊誌などの格好のスクープにされそうだし。

果たして

煩悩を除くために発散したほうが好成績につながるのか。

それとも

禁欲してひたすら雑念を払うほうが好成績になるのか。

謎でござる。

340 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*