「ライダーハウス」に向く人、向かない人 

きょうは819の日。

ということで、ツーリングの聖地・北海道ではライダーハウスではさまざまなイベントがおこなわれているわけですが、そんなライダーハウス(ライハ)の話をします

まずは、ライダーハウスとは何か?

北海道を中心に多く運営されている、ツーリングライダーを主体とした単車や自転車・徒歩の旅行者向けの旅人宿。
基本的に宿泊代は安く、実質無料で泊まれるライハもあれば、一泊2500円以上するようなカジュアルでスマートなゲストハウスのようなライハもある

低廉で泊まれることから貧乏旅行者にとってありがたい反面、宿のマスターなどの性格などが運営面に出てくるため、その宿の空気に合わないと、苦痛とストレスになるというリスクもある。



ライダーハウスは儲からない。そう思った理由

私はこれまでツーリングが大好きすぎて、ついに世界一周など世界中を回ったわけだが、

ある人から

「そんなにツーリングが好きなら、将来、北海道でライダーハウスを経営したらどうか?」

と、冗談半分本気半分に言われたことがある。

たしかに、好きな旅の経験が活かせる仕事なので、やりがいはあるだろう。だけど、調べてみるうちに、とてもじゃないが割に合わないことがわかった。

期間が限られる

たとえば沖縄なら通年営業できるけど

【沖縄で泊まる】一泊800円の激安宿から、海の見えるホテルとキャンプ地まで
沖縄ではどうやって泊まるか?沖縄を放浪したたびいちが、宿泊に際し失敗を防ぐためのいい方法をまとめました まずは沖縄の季節:避寒を考えている...

多くの北海道ライダーハウスは、夏のみの営業。となると、1年のうちの半年以下で収益をあげなくてはならない。

ニセコのように夏はライハ、冬はスキー客を見込めるのなら通年利益になるのだが。
そもそもニセコなどは地価が高いのでライハ経営は厳しい。

函館の来夢来人。休業中。バイクブーム当時の名残なのか、宿の名前がスナックのように漢字の当て字なことが多い

維持費に金がかかる

北海道は土地が安いとはいえ、冬場の暖房代や雪下ろしなど、意外に維持費がかかる。

値段を高くすると来ないし、安くすると採算が取れない

長年営業しているところだと、ドミトリーでも2500円取っているので、安定した収益を上げるとなるとこれが採算ラインかもしれない。
しかし2500円となると、その値段にふさわしい相当高いスペックが要求される。かなりきれいにして、ホスピタリティも良く、さらに営業努力もしないと、集客はできず収益は厳しい。
一昔まえのような「居酒屋の片隅でごろ寝感覚」なライダーハウスでは無理。

ライダーハウスは、古きよき時代の産物?

かつて1950年や60年代だと、国道沿いにトラック運転手が宿泊できる食堂・ドライブインが全国にあった。

それは当時は高速道路もなく、今では信じられないが国道ですら市街地を外れると砂利道がつづき、移動に何日も要するものだった。

その名残で、食堂と兼用で食事をすれば宿泊無料というライハが北海道に多数あった。

しかし2017年現在では、はたの食堂などは、食堂のおっちゃんの善意で長らく運営されていたが、そこも引退しているという話のこと。

ということで、
ある程度の宿泊費は取ってビジネスライクにしないと、ライハの主人は生活できないし、安さに甘えるヌシのような客が群がってくる。かといってホスピタリティ・人情味がないと、もちろん続かない。

ライダーハウスは当たりハズレが大きい

たとえばユースホステルなら、ルールが統一されているのである意味安心できるのだが
ルールが自由なところ(というか放任)だと、宿泊客の中には図に乗ってやりたいほうだいやってほかの宿泊者が不快になることもあるし
またはこれとは逆に、あれこれやたらルールがうるさいライハもあり、そうなるとストレスになる。

ライダーハウスに向く人・向かない人

1、ライハを運営・管理する主人によって、その宿の性格が大きく異なるので当たりハズレが大きすぎるので、精神力のある人じゃないと宿泊はきびしいかも。

2、夜になると酒盛りになるので、コミュ力がないとしんどいと思う

3、最近はそれほどでもないと思うけど、昔はヌシ(長期滞在者・沈没者)が大体のライハにいたので、そういうおっさんにかち合う可能性がある。

4、住居の広い北海道のライハでは、だいたい犬や猫を飼ってるところが多いので、そういうのが苦手な人(アレルギーや臭いなど)は向かない。

まとめ

そんなライダーハウスですが、北海道ならではの旅の目的とひとつとして泊まってみるのもいかがでしょうか。
都会の生活では味わえない何かが得られますよ!

640 total views, 6 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*