04-大節約スマホ術 「Simフリー端末を選ぶ」

「そして、何のSimフリー端末を買うか?」が本日のテーマですが

これまでで一番苦労するのが、端末選びです。

たとえば私が愛用しているiPod touchだと、それ一つしか種類がないので、

どんな長所や不満があろうと、迷うことはないのだけど

格安Simフリーの機種だと、いろんなメーカーからいろんな種類を出しているのだが、

残念なことにどれもが「一長二短」ぐらいの性能なので

何を妥協するかがとてもむずかしく、非常に迷いました。

優柔不断な自分にとって苦痛ですらあった。

たとえば家電店でもらってきたカタログですが、

いろんな種類のスマホはあるのだけど、「ピッタリのスマートフォン」は見つからない・・・・・。

DSCN1947

自分にとって、これまでスマホは全然縁のない話だった

たしかに2012年にスマホのis03を買っては見たものの、
あまりのポンコツぶりに、結局ガラケーのW62CAを使い続ける始末。

そのときにも日本にSimフリーの端末もあることはあったけど、動作保証の怪しい非正規の海外版だったり、そもそも本体が7万円以上したりと高くて全然話にならなかった。
そしてSimフリーに対応したSimカードもほとんどなかったと思う。

これまで、テザリングというと高いイメージがあったし、テザリング機能はオプション扱いとなるので
iphoneだと、いろいろひっくるめると月々10000円ぐらいかかっていたらしい。

しかし。

昨年からは政府の後押しもあってか、Simフリースマホと、格安Simが沢山出回るようになり、
それこそ格安Simを使えば毎月0円やら300円程度からで維持できるし、どの機種でもテザリングもできる。
ちょっと4年ぐらい前なんか、まるでカルテルのごとく大手キャリアがウハウハの独占でがんじがらめだった時代からすれば、なんとも割りのあう合理的さで、スマホにとってはユメのような時代です。

スポンサーリンク
336×280

超ドケチ!的スマホ選び

そこでいかに安く、いかにいいスマホを選ぶか。

私の購入する条件は以下のとおりです

完全Simフリー端末

テザリングができる(モバイルルーターの代わりにもなる)
端末価格は1~2万円台
頑丈なつくり
バッテリーの持ちがいい
何年か使いたいので飽きのないサクサク動く機種

こうみると、我ながら欲張りですね(笑)

まずは、安いからといって、やたら安けりゃいいってもんじゃない。
いかにも安かろう悪かろうなどこぞの国のクオリティだと、出火や爆発なんかしたら逆に高くつきますしね。

かといって4万円だの7万円だのする、ムダに性能が良くてムダに高い、高級スマホもいりません(というか買えません)
どんなスマホも、落としてこわしたり水没したらオジャンだし、何年か経てば型遅れになるのです。

ということで、自分に合ったSimフリー端末を探したところ、
はじめは以下の3種類を候補にしました

ASUS:
「Zenfone Go」
「Zenfone Max」

Freetel:
「Priori 3S」

(そして追加候補。)
「REI」

まずはZenfoneMAXは、MAXな大容量バッテリーとあって食指は動いたものの、

その分大きいだけあって、重い!
重いと手が疲れる。バッテリーが大きいだけあってその分高い。

そして大きい分だけ充電時間がかかるので、

そうなると大きすぎてもあまり意味がない気がする。

なので最初はGOにする前提だったが、

よく見たらバランス的には、3Sもいいかなと思った。

5インチなら大き過ぎずだし。

だけど、3SはGOに比べて、質的にどうも見劣りする気が・・・
インプレッションを見ると、時折もっさりカクカクするというし。
その点GOはスムーズだと言うし。
http://setsuyaku-123.com/zenfone-go-announcement.html

http://setsuyaku-123.com/freetel-priori3s-firstimpression.html

やはりAsusはもともとPCを作ってきたので、ものづくりにたいする経験と実績があるけど、
Freetelの場合、新興企業なのでまだ実績も浅く、日本的な部分を押し出してるように見えて、実際の中身は大陸クオリティそのままではなかろうか。

そしてMaxと3S は、電池が取り外せない事が判明。

そうなると電池交換のさい、いちいち修理扱いとなってめんどくさいし、

当然よけいにお金もかかるので却下。
https://www.freetel.jp/product/smartphone/priori3s/spec.html

http://tel03.com/mvno/kakuyasu-smapho/zenfone-battery01/#ZenFone_Max

となると、残ったのは、「Zenfone Go」一つ。

ポケモンもZenfoneも「GO」ですかね(笑)

しかし、さわってみると

しかし家電店でZenfone GOの実物を触った途端

でかすぎる。

ガッカリするほどのでかさ。

自分の基準としては、片手でも操作できるサイズが必須条件なので、

5.5インチだと、幅が7.7cmもあるので、親指でヨコにフリックするのも一苦労。

左手で操作すると、親指は当然右上まで届かないので、
ヤシの木にサルが登るように、左手をやっさやっさと上下に動かさなくてはならない

これはストレスになるので疲れる。やだ。

GOには「片手モード」があるとはいえ、片手モードで表示画面が小さくなると、

その余白が黒くなるのは、まるでこのときのように違和感ありまくりだし、

DSCN1121

ディスプレイの解像度が異常になった! そのときの対応方法は
きょうの記事は、一気に地味になりますが(笑) ある日、普通にPCをシャットダウンして、 そのあと再起動すると、 な...

片手から通常モードに切り替えたりするのが余計にめんどくさい。

その都度アイコンの配列位置も変わるし。

片手でも両手でも、操作をすばやく行う必要があるので、でかいのは不便すぎる。

持ち歩くのもジャマくさいし、ポケットに入らない。

あと、表上面に「ASUS」という銀色に輝く企業ロゴが入ってるのも、個人的にマイナス。
目ざわりなら、保護シールの上からマジックでロゴをぬればいいのだろうけど、それもなんだかね。

ところで、「GO」なのに、これまでポケモンGOができなかったらしいが

その後、暫定的な処置として強制インストールの方法をASUSが指南していました。

http://japanese.engadget.com/2016/08/13/asus-go/

こういう抜け道的なやりかた(iOSでいう脱獄的)なやりかたを、メーカーが推すのは、珍しい。

かといって
3Sは、あらためて動作性が悪いという評価なので、となると問題外。
これで動作性さえよければ・・・・・。

そこで、

新たにリリースされたフラッグシップモデルのREIに注目したものの

REIは高い。そして電池交換不可!

電池交換できないと2~3年ぐらいで買い替えになってしまうので、またも二の足を踏んでしまう。

REIは高くても優良機種ならばこそ、長く使いたいのに!

電池交換できるなら買ってたろうに。

もったいない。電池交換ができる融通性があれば、もっとユーザーがついてくるのに。

ああ、

なんてスマホの世界は、なんて矛盾しているのだろう。く~

と思ってたら、やはり矛盾に気づいてる人もいるようで

廉価なものはバッテリー交換式になっているものが多いのに対して、ミドルクラス以上、ハイスペックになるほど固定式になりバッテリーだけ交換して長く使いづらい仕様になってる……。スマホって本当にヘンテコリンなもの…(フツウは逆じゃないの??)と思うのは私だけでしょうか?

https://king.mineo.jp/my/5e98793e50b7fad8/reports/5827

そもそも私は、いま使ってるiPod touch 4が動かなくなったら、

次はiPod touch 6(あるいは7?)を買う予定なので、

REIについているジャイロセンサーとかAR機能などはiPod touch で間に合ってしまう。
iPod touchは、iosのアプリが使えるし、格安スマホに比べれば断然に操作性や性能がいい。

となると、結論は

「買いたいと思う機種がない」

自分にピッタリな機種がまったく見つかりませんでした。

ああ、果たして、何の機種を買うのか!

悩む!

そもそも、格安スマホは、自分にとって本当に必要なものなのか?

だったら、ムリしてスマホを買わなくてもいいのではないか?

となると、この節約スマホシリーズは、このまま志半ばに終わりになるかもしれません。

とにかく「欲しい!」とおもう端末が見つからない限りは、企画は続きません。

なのでこれからどうなるかは自分も、誰にもわかりません。

そんな先の読めないスリルな展開ですが、

さあいったい、どうなる!?

381 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*