ブログでストレス解消ができる人は、道が開ける!

ある日、とある著名ブロガーが、こんなことを言った。

ブログ書かないとストレス溜まるなあ(ノД`)……

みんなブログ書かないでどうやってストレスを解消してるんだろう……。

すごい。

著名ブロガーは次元が違いすぎる!

ブログを書くのは広報的な任務、仕事のような任務だけではなく、ストレス解消の一助にもなっている。

書きたいことを書いてストレス発散できる上に、それでお金や仕事が入ってくるんだから、理想である。

そのように毎日書くように習慣づければ、パブロフの犬のように、反射的にこなせるようになる。

そのうち

「ブログかかないとストレスが溜まる」

と言えるようになれば、しめたものだ!

imgp7502c

私の場合も、7ヶ月ぐらい経って、毎日の更新を習慣化することができた。
http://tabi1.com/anniversary-8month
・・・・といっても、毎日ブログで世界へと発信するのは、適正と素質が必要なので、誰にでもできるものではない。

たとえば、ある人はSNSで

「んー、今宵も言いたいことはたくさんありますなあ、いろんな人を敵に回すから言わないけど。」

といっていたけど、そんな人はプロブロガーには向かないと思う。

いいたいこと言えないと、モヤモヤしてストレスが溜まってしまう。
言いたいことをズバット斬ることで、敵も出てくるかもしれないが、それ以上に共感者も増える。

たしかに自分の意見が原因で反感を買うのなら仕方がない。

だけど、過激な表現や、偉そうな物言いによる「無駄な反感」が発生すると、結果的にはどちらからも支持されない裸の大様になってしまうので、注意が必要。

そんな「意図しない敵」を作らないためにも、決して偉そうにはせず、はばかりながらも、しかしうまい具合にしゃあしゃあと、かしこく自分の意見を突いて言い切ってしまう必要もある。

だから短文で感情的に発言しがちなツイッターは危険だけど、ブログのほうが長文で、書いているうちに気持ちや表現を整理と修正ができるブログのほうが比較的安全だともいえる。

ある旅行者曰く、南米コロンビアの人々は、人の気持ちを思いやるような繊細さを持つ日本人とは対照的で、驚くほど神経が図太いという。

今後たびいちドットコムで長くやっていくためにも、そんな「図太さ」を併せ持った人間にならんといけんのかも。

あ、もうすでに図太いか?(笑)

だからといって、下手に書きたい放題書くと、読者が離れていってしまう。

つい以前、憂うつになったので、ストレス解消もかねて書きたい放題書いたのだが、そうなるとPVもぜんぜんあがらないし、書いてる自分自身も結果的に後味が悪くなったので、やはりいきおいつけすぎて書きすぎたなと思った。

たしかに著名ブロガーがやれば、肥やしにすらなるのだろうけど、まだ無名の人は、無駄な「冒険」はやらないほうがいいなと思った。

そうやって、いろんな方向から書いてみて、失敗をくりかえして、地道に経験をつんでいくしかない。

186 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*