AUS07 いよいよオーストラリア上陸!シドニーへ

これまでオーストラリア編

といいながら、シンガポールなどで引っ張ってしまいましたが、これからやっとやっとオーストラリア・シドニー編です。

12110023c


マレーシアからシンガポールに戻り、

そしてその日の夜にシンガポール空港で出国。そして早朝にオーストラリア・シドニー空港に到着。

09300003

ついに上陸だ!人生初のオーストラリア大陸上陸!

南国の空気と違って、ひんやりとからっとした空気。空はどこまでも青い、とてもさわやかな朝だ

09300020

シドニーの列車から見る街並みは狭い国土に団地が絶え間なく林立するシンガポールとは違い、伸びやかで、煉瓦造りのプラットホームやトンネル、駅舎のつくりはロンドンとまったく同じだった。

地理的には地球の対極なのに、ロンドンで電車に乗ったときとそっくり彷彿させてしまう。

英語だらけなのはシンガポールと同じだが、英語に時どき併記されていた中国語はシドニーにはなく、英語オンリー。白人がとても多い。イギリスに戻った気分すらある。

12030013



空港から電車に乗って、しばらく歩くと「東京ビレッジ」到着。

この宿はライダーにとっては有名なシドニーのバックパッカーズ(ゲストハウス)。しばらくお世話になりますっ

09300021

10050026

シンガポール同様、シティのど真ん中に紀伊国屋もあった。日本にいるときよりも紀伊国屋が身近にかんじるものだ。

途中チャイナタウンによるとシンガポールとほとんど同じだったりするが、ちがうのは、物価が高すぎる!ちょっとした料理がA$7~8以上もして、シンガポールの食堂の2~3倍はする!もう気軽に食うことはできない。

さて、食べる物もガマンしてやっとの思いでコンビニに入ることにしたのだが、日本やアジアの感覚でコンビニ入ったのが間違いだった

パワーレード600mlと、スナック菓子を買っただけなのに、

たったこれだけでなんと6ドル(500円)!

死ぬほど高い!

シンガポールはおろか、日本以上に高い物価に、どん底に突き落とされたような嘆きの日々に変わったのは言うまでもない。

さあ、あまりの物価高で、しかも知り合いもいない完全アウェーの異国の生活がはじまった。

これからどうなる!?

519 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*