タイで発見!謎の日本料理 「きゅう丼」の正体とは?

タイ東北部。田舎の地方都市・ウドンタニ。

そこはコンビニやショッピングセンターも近く、バスターミナルや鉄道駅まですべて徒歩圏内というタイでも珍しい町。

バンコクやビエンチャンなど違っていちいち市バスに乗ったり自転車やスーパーカブを借りる必要が無いので、小さな町のほうがコンパクトで便利で、しかも人も素朴で物価も安い。

近頃のタイは、日本食もすっかり浸透しており、焼き鳥や怪しい寿司、ラーメン、たこの入ってないたこ焼きなどたくさんあって、海外にいても食べる事には全く困らないのだが(インドとはえらい違う)それでもひさしぶりになぜか牛丼が無性にたべたくなったので、

ウドンタニの中心部にある「相撲」というジャパニーズレストランに入店しました。

dscn9538

その前に、

ウドンタニで食べるべきものと言えば

そう、うどんですよね!!

そこで数あるうどんの種類から注文したのが

「Tonkatsu-udon」

ようするに、うどんの上にとんかつを乗せただけのものなんですが

てんぷらではなくとんかつを乗せる視点がタイらしい。

dscn9522

見た目も味もラーメン風。うどんの麺はゆるめの堅さで、後はふつうの味でした。

dscn9523

まあ、ウドンタニでうどんが食べれたので、

任務のひとつが終了!

スポンサーリンク
336×280

そしておまちかね!きゅう丼

メニューはお目当ての牛丼の写真が描かれてるのに、

名まえが「Kyu-don」しかかかれていない。

きゅう丼ってなんですか?(笑)

でも日本的に考えれば、たんなる文字間違いで、

まぎれも無く牛丼なので、

どんなのがでてくるのかと心待ちにしていると

ありゃ?

これ、牛丼ですか?

肉は厚めだし、野菜も、まるですき焼き丼。

そして、

食べてみると

コチュジャンの味が・・

セットの味噌汁は普通だったが、

漬物は、色のうすいキムチ(水キムチ)

そして極めつけは、店内のBGMが、K-POP・・・

店名は「相撲」なのに。

純日本の牛丼を期待すると、

決まり手は肩すかし。

タイ人にとってコチュジャンの混じった日韓混血の味を

「おお、これが日本の牛丼の味か」

と思われてしまうと、ちょっと哀しい。

あ、でも「牛丼」ではなく、「きゅう丼」という認識なら、問題ないか?

そして肝心の味自体は、「ビビンバ風すき焼き丼」って感じで、けっこうおいしかったし、

野菜も多いので栄養のバランスが取れていいかもしれない。

日本料理店だから、日本の漫画とかゴルフ雑誌が多い店内なので、日本人向けだろうけど、

きっと日本人客も疑問を抱きつつも「相撲」の料理を賞味しているのだろうか。

以上、きゅう丼の謎が解けた!の巻でした。

359 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*