ユーラシアのルート計画(1)と、ユーラシア横断ルートの歴史

長らくおまたせです!11月以来やっとのユーラシア計画ネタですが、これから計画をすこしずつ具体的にしていきます。といっても実行はまだまだずっと先の話です!

スポンサーリンク
336×280

ルートはこうなる

ロシア>ヨーロッパ>サハラ砂漠>西アフリカでゴール

と言うルートになります。

前回の世界一周でいけなかった東ヨーロッパや西アフリカをじっくり回りたい。

特にロシアンルートは、もうすでに多くの人に親しまれてる(?)ルート。
そして今年の夏に発売されるであろうカッチョイイDL250も、

その後普及していくだろうから、何年後かに境港からウラジオストクのフェリーに乗ったとき、同じDL250に乗った人と居合わせるかもしれない。
それぐらい特別なことでは無くなったのです

私の昔の計画(2006年以前)では西アフリカの後、中央アフリカを突破する予定だったが、アフリカ中央部は危険なのと、東南アフリカは2008~2009にすでに回った。

そしてアフリカからは南米中米に行きたいところだったが、大陸間輸送は日数も金も手間もめちゃくちゃかかってめんどくさいし、そもそも道中過酷な道なので、アフリカに来るころには自分自身もマシンも相当ボロボロになってるし、時期的や資金的問題もあるので南米はさらに何年後かの別の機会にして、西アフリカまでとする。

なお、DL250は今後ワールドワイドで売られるわけだろうから、ユーラシアアフリカの次は、何十年後になるかはわからんが、カナダ・バンクーバーでDL250を買って、北中南米を南下し、南米で売ろうとも考えていた。

が、メキシコや中米はあまりにも治安が悪すぎるので、北中米はやめて、南米チリで買って、南米一周してチリで売ろうというのが濃厚です。

海外の自転車旅行の危険度は? 「治安の悪い国に、性善説なんざ通用しない」
自転車で海外を旅行するとなると、「危険な国」では追いはぎにあいやすいようです。 たびたび、たびいちドットコムに出場している自転...

PCはもちろん、GPSやSIMフリースマホも持っていくので、もうバリバリのハイテクデジタルライダーである。もし必要あらば現地SIMカードを買うかもしれない。
アナログだった2000年の世界一周とはえらい違いです。

ユーラシア横断ルートの転移

そこで、大陸横断や世界一周をしたライダー諸氏がどういうルートを辿ってきたのか
分析してみました

前世紀、2000年以前の定番コースは、まぎれもなく
インド>パキスタンイランなどの中東>ヨーロッパという、深夜特急的ルートだった。

しかし21世紀になってからは、現在にいたるまで
ロシアンルートが圧倒的シェアになりました。

それは、日本から別送せずにフェリーで愛車ともども旅立てるのが、とても大きい。インドに送る手間も省けるし、パキスタンやシリアなどの情勢が変わってきたからでしょう

しかし、私の場合は正直言って、ロシアルートには食指は動きませんでした。
なぜなら

季節が限られる
言葉が通じない
物価高い
不便
治安が激悪
ウオツカにおぼれている、危険
夏は蚊が死ぬほど多い
ロシアはとてつもなく長い
なので退屈でハード

だからロシアは正直避けたいのも事実。
そして、
ロシアンルートはもうすでに多くの人に走り尽くされてるので、希少価値がない。

ところで余談になるが、もしロシアだけでなく中国も走れるとしたら、ロシアよりも中国のほうがマシだと思う。
なぜなら中国のほうがそんなに治安は悪くなさそうだし、飯もうまそうだし。ウイグルとカザフに抜ければ欧州まで最短距離だし、船を下りたらいきなりヨーロッパのロシアとちがい、シルクロードの面影も味わえる。人間や文化がアジアからヨーロッパへと少しずつ変わっていくのが見たいのだ。

まあ抑圧と規制だらけの中国を自由に走れるのは、当分は無理だとおもう。大量の法外な金を払えばなんとかなるかもしれないが。

当初はサハリン経由だったが

ということで、ロシアには全然興味は無かったんですが、かつて日本が統治していた樺太・サハリンには興味がありました。

なので当初は稚内>サハリンからロシアへわたろうと思っていたが、稚内航路は夏場のみだし、しかも昨年からは船が変わって単車は乗せられなくなった。

これじゃサハリン行けんわい!がっくり。と思ってたら、
鳥取県境港から韓国経由のウラジオストク航路は、ありがたいことに通年運航しているということが判明。

しかも一旦ウラジオにわたったとしても、遠回りになるけど、サハリンに寄ることもできる。

が、といっても、ハバロフスクから東はまだ道も悪く(雨が降るとタンボのようになる)、大陸本土からサハリンへのフェリーは、お金がけっこうかかるし、まるでアフリカのように時間が読めず、待たされるケースもあるので、そうなると行き来する頃にはかなり日数もかかってしまいそうだし、サハリンはホテル代がとても高いという。

なので、ほかの中央アジアにも寄るとなるとサハリンにもよるというのはきびしい。行けたら行きたいが、ちょっとでも気が向かなかったら多分行かないと思う。

ということで、次回に続きます。

226 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*