旅のベテランより、若い人のほうがブログの人気が集まる理由~ベテランが陥る罠~

いままで、旅のサイト作りやPVにおいては、旅のベテランこそが有利だと思っていました。
しかし、1年続けてわかったことは、それはとんでもない錯覚でした。
裸の王様ってやつですね。

前回きのうの続きですが、

月10万円稼げるブログと、月千円も稼げぬブログの明暗をみた~SEOを超えた決定的違い
今年になって、アクセス激減のスランプに陥ったたびいちドットコム。 しかし稼げているサイトを見たとたん、なぜ自分のサイトがいまだ低迷期な...

稼げている二人のブログ

http://sozoen.com/yuichiro/100000pv

http://maeharakazuhiro.com/adsense-earning-way/

で気づいたのは、
旅のネタは料理と同じ。新鮮なリアルタイムに限るからです。

旅をするチャンスがたくさんあるので、そのつど「とれたてのピッチピチな新鮮なネタ」を供給できるからです。

そして若人はエネルギーと感受性があるので、恋話のようなぶっちゃけ話みたいなことも臆することなく書ける。



かたや年を取ると、

旅の話が過去の昔話ばかりになってしまうので、
2017年時点の情報を書くべきなのに、15年前の昔の情報を書いても役に立たなくなってしまうので、価値がドーンと下がってしまう。

しかも、若い頃のような感受性は衰えているので、冒険的な表現もなく、内容も淡々としてしまう。年をとると、若い頃とちがって女の子も寄り付かなってくるので(笑)それじゃあネタ的にも読者の側にとってもおもしろくない。

まえちゃん氏の場合、台湾の女の子とのうれしはずかしなやりとりなども公表してるけど
これを露出するのはアラフォー男は勇気がいるよね。

記事は食べ物と同じ。リアルタイムの鮮度第一

鮮度が命!リアルタイムで書かないと、あまりに効率が悪いんです
なぜか?

その日起こった出来事は、あまりに新鮮なので、いきおいあって、バーっとかきまくりますよね。

ところが、日を改めて後になって書こうとすると、人間はそのときの記憶や熱意は忘れてしまうので、後になって言葉を探したりするので、よけいに無駄な時間がかかってしまう。

時間がかかる割りに、反比例して価値がどんどん落ちてしまう。そうなると、苦労して更新するのもめんどくさくなるのでよけいに悪循環になる。

リアルタイムで書けない場合は、どうすればいいか?

それは情報云々よりも
それまでの長い豊富な経験でつみ重ねたエッセンスで、旅記事を書いていくしかないですね。

新鮮な魚介類は出せないけど、

かわりに熟成されたワインを売る。といったふうに。

574 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*