WordPressのパーマネントリンクの設定

WordPressで絶対やっておくべきことは、パーマリンク設定だという
http://bazubu.com/how-to-setup-wp-permalink-22927.html

詳しい設定方法は上記を見ていただくとして

パーマネントリンクとは何か?

たとえば、日記などの記事を書くとアドレスは
http://tabi1.com/post-0-363
となるのだが、
この「post-0-363」
に当たる部分がパーマネントリンクの部分。
きのうまで、何気なく使っていた。

しかし、1ヶ月経つのにPV数が伸び悩むどころかじょじょに右肩下がりになっており、先日は最低PV数記録を塗り替えました(・▿・)
このままではいかん、何かいい方法はないかと探っていたら、パーマリンク設定が出てきて、
これまでの数字の羅列では、Google検索からも注目されない「もったいない」ことをしていたわけです。

記事を作成するとデフォルトだと
http://tabi1.com/post-0-363
とランダムの数字になるわけですが
WordPressのいいところは、ブログとちがって、パーマリンクを好きなようにカスタマイズできるので、変更すれば
http://tabi1.com/india-photo-dvd
と言った風に自由に設定することができる
とくに力を注いだ記事や、物販や、役に立つ記事は効率的に変更するかがキーポイント。

そのため、パーマリンクを少しずつ変更しているわけです。
(リンク切れもあるかもしれないので、そのさいはお不便をおかけします。tabi1.comから入って下さい。)
だけどあの正月に起きたサーバークラッシュの復旧作業とちがって、パーマリンクの設定はやりがいがあって楽しいですよ。

といっても、過去10年分、400件近いたびいちの記事のパーマリンクをすべて塗り替えるのは、当然大変です。
といっても、過去の記事で、古くなった情報や、どうでもいいつぶやきのような記事までカスタマイズする必要はないので、それらはデフォルトのままほったらかしにしてあります(笑)

むしろ注目して欲しい記事だけをパーマしたほうが、そっちのほうが引き立ちますしね。

パーマネントリンクは英語で書くこと

となっています
シンプルで、見た目もカッコいいですしね。
写真を多用すれば、日本だけでなく外国の人も見てくれるので、世界を舞台にすればPVもアップできます
とくによくないのは、アルファベットやローマ字ではない、日本語のまま。

英語といっても難しく考える必要はなく、英単語がわからなかったらネットで調べて、単語をちゃんとそれらしく並べるだけです。

インド一周編をどうナンバリングしたか

日記のような単発の記事ではなく、昨年のインド旅行記のような「連載の記事」になると
タイトルの始めに(25)などの何号目という番号を振ってあります

たとえば
「(1)インドの旅2015年版で、デリーでホテルに泊まった話」
の場合だと
01-india2015-delhi-hotel
これだとイッパツでわかる。一目瞭然でわかりやすい

しかし
「(1)インドの旅2015年版で、2014年12月にネパールで得した両替の話」
の場合だと
01-india2015-money-exchange-2014nepal

よく考えたら矛盾ですよね
「2015年の旅なのに、2014年?」なんか違和感ありますね
「インドの旅なのに、なぜネパール?」
となったら、どっちやねん!と無用にわかりずらい。
インド周辺国のネパールやブータンも回ったのに、ネパールやブータンのことを書くとわかりずらい。
しかもリンクが長い。

たびいちとしては、ちょっとでも違和感のあるのは個人的にはいやなので、

ならば重複してわかりにくくならないよう、かつ、少しでもリンクを短くできるように考えたのが

in01-money-exchange-2014nepal
さっきのデリーのホテルの場合だと
in01-delhi-hotel

という具合です

私としては、パーマネントリンクにするならこれがベターかなと思ってますが、後々の運営や、集客の結果次第ではベストかどうかはわからないし、ましてや人にとってはどっちが使いやすいかとは一概に言えません。

それでも、「たびいちはこうやってパーマネントリンク設定をしている」という一例としてお役にいただければ幸いです。

263 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*