「やってみるって大切だ!!」と、小学生女子に気づかされた日

私の友人に、自転車冒険家の西川昌徳(まさ)君がいます

(16)自転車冒険家 西川昌徳氏とのコラボレーション@Bangkok
現在バンコクにいます。 そして今日、自転車冒険家であり、福島県の非常勤講師であるまさくんがシンガポールへと向かいました ...

じつは以前、我々がバンコクで過ごしたよしみもあって、

帰国後まさくんに「自転車の冒険 対 バイクの冒険」というテーマで

トークライブをしないかと打診したことがあるのですが、

断られた経緯があります(苦笑)

まあそれはいいとして

まさくんは現在、冒険教育の先生として、いくつかの小学校への指導を受け持っています。

そして、先日のまさくんの記事より。

「やってみるって大切だ!」

昨日も今日も明日も小学校!
毎日多くの子どもたちに会えて、貴重な時間をいただき授業させてもらえるのは、ほんまに貴重だ。こんなに多くを学ぶことができる空間と相手は他にはない。

授業のあと「せんせーここにサインちょーだい!」
とノートを持ってきた先日の福島県新地町の女の子。

「ノートとらんでええからね〜ほんまに忘れたくないことや、誰かに伝えたいことあったら書いたらええで〜」と伝えていた僕は彼女の開いたノートにびっくり!

「やってみるって大切だ!」
僕が言ったことでなく、彼女自身が創りだしたこの言葉。
ぼくのほうがありがとうや!ほんまありがとー元気もろた!

いやあ、すごいでしょう?

ひさしぶりに心動かされました。

その女の子のノートには、

縦書きで、ていねいな字で感想文がつづられており

そしてその最後に、赤い字で2行にわたって

やってみるって大切だ!!

と大きく書かれていた。

「やってみるって大切」なんて、普段の生活からすれば

意識するまでも無い、あたりまえの当然のことです。

しかし、大人になると、生きて行く上で、

社会ではキレイゴトだけでは通じず、本音と建前でどんどん汚れていってしまう。

そこに、まだ汚れを知らぬ小学生女子の心から動かされた、

魂を揺さぶられたであろう、澄み切ったまっすぐな強いメッセージ。

IMGP6566c

いやあ、

かたや大人が

ウジウジくすぶってる場合じゃないっしゅね!

これら世界の冒険の授業を通じて、まさくんが感じたことは

 「僕が与えるんじゃなく、彼ら(生徒たち)がつかみとってくれてるんです!」

とまさくんは言っている。

普段の学校の授業にはない、

自転車で世界を見てきた、そんな「輝かしい男の光」をみるからこそ、

生徒たちは理屈抜きに、魂からつかみとってくれる。

「とにかく、やってみようよ!」

それに尽きるのです。

そして、不肖ながら私も

「世界の貴重な経験を無駄にしてはいけない」

という思いで、たびいちドットコムを運営していかないと!

ということで、今日も一日がんばりましょう!

387 total views, 4 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*