ブログの記事を書く時の注意点3か条 若い頃と現在でどう変わったか

新月、あけましておめでとうございます。

ということで先月9月は7万PVを突破したので、プロブロガーの道はまだまだ全然遠いものの、ここまでくれば、もはや堂々とブロガーと名乗ってもいいかもしれません。

たびいちドットコムを旗揚げして2年10か月たちましたが、長い冬・長い低迷期を乗り越えて、ようやく少しずつ実りを迎えています。
そこで、自分の記事の書き方が、昔に比べてどう変化していったのかを書いていきます

10月の幕開けは台風

というありさまですが、今回の台風は、今までにないぐらいに風がとにかくすごい。絶え間なく疾風が吹いているので耳障りさは極端ではないけども、0時11分に突風が吹いたときは微震のように家が揺れました。戦慄ですよ。

とはいえ2時ぐらいになると急にピークは過ぎて、2時半になると、ウソのように雨も風も収まりました。台風が来たとは思えないぐらいに静けさが戻った。

ただ、2時に気圧が965mbと急変したせいか、やたら頭が痛い。

こうして思うのは、最近、自然災害に対する意識も変わってきたと思う。

近年、311以降、特に今年は酷暑や水害や地震や台風などの気象災害が過激化しているので、きょうなんかは列車も計画的に運休をする予防線を張っている。

やっと日本人も「天気の悪いときは無理するな、早く帰れ」と気づき始めてきたんでしょうね。しょせん人間は、自然の猛威にはかないっこないんですからね。

ということで、

ブロガーのための、

そしてあなたのための、

記事を書く時の注意点3か条はというと・・・

1、ちゃんとした文章を書こう

たびいちドットコムをやる以前のブログは、誤字脱字はあたりまえ。文脈がめちゃくちゃで、本当に意味不明なことばかり書いていた。

しかし、いろんな方に見ていただく以上、もうそれらは当然アウト。ちゃんとしたわかりやすい記事を書かないといけない。

そして気を付けなくてはならないのが、「てにをは」など。

国語の時間で習ったわけだけど、たかが「~を」「~に」を間違えるだけでも、意味がガラッと変わる。それが日本語の恐ろしいところなのだ。

タイのウボンターニーであったタイ人女性は、地元の大学で日本語を勉強していたけど、ただでさえ複雑な日本語なのに、いわゆる「てにをは」は難しすぎてお手上げだと言っていた。それくらい難しい表現である。

さいわい、自分にとって日本語は母国語なので苦は無いけど、ブロガーになるなら、編集や校正するのは自分自身しかいないので、かなりの国語力も必要だというのが身に沁みました。

2、あまりウケは狙わないようにする

これまで、あらゆる場面で受けを狙ってきたりしたけど、結果的には効果がなかったり、白けることのほうが多いように思うようになった

相手によく思われたいと言って受けを狙うのは、ただのひとりよがりだし、逆効果になると痛手も二倍になる。

無理に受けを狙うことを考えるぐらいなら、淡々と書いたほうがいいと思うようになった。
そして、思いついたときに、そのときにスマッシュギャグをかませばいい。

3、下ねたはひかえめに

はばかりながらも、若いころは、シーモネーターといわんばかりの下ねた大魔王だったのだ。

思えば2005年ぐらいまでは、エロネタや放送禁止用語連発の下ネタばかり連発してたっけな。その後も下ネタは続けてきたけど、たびいちドットコムをやるようになってからは下ネタは封印した。

なぜなら、へたにエロいことを書くとアダルトになってアドセンス違反=おまんまの食い上げになる、というのもあるけど、若いころなら許されたエロネタも、いまの草食社会でMetoo!な時代だと、セクハラ認定されるだろう。

もう昭和どころか平成すら終わろうとしてる時代なので、プロを目指すならそんな時代の空気も読まないといけないし、
たびいちドットコムは女性の読者も少なくないので、そうなると自然と下ネタもなくなってきた。

まあ、自分も性欲がなくなったわけではないが、若いころのような滋養強壮もピークをとうに過ぎて、心に余裕が出てきたと思う。

生々しい下ネタは、ドン引きするしね。
「少しでも性的な内容になると不快になる」と知り合いの女子が言っていたけど、ましてや中年40男の下ネタなんて、若い女の子にとっては大敵ですよ。

これまでの人生、いろんな女性に会ってきたおかげで、きついダメ出しを受けたりしてシーモネーターから矯正・更生しつつあるのだけど、そうじゃなかったら「歩く性欲男」といわんばかりの痛い中年になってたかもしれぬ。

昔のコントは、ドリフは下ネタガンガンだったけど、同時期ブレイクしていた欽ちゃんは下ネタは禁止だったそうな。

まとめ

ということで、これからは欽ちゃんスタイルがブリリアントです。

とはいえ下ネタはいまでも大好きだけど、自分だけが気持ちよくて相手が不快になるのは本末転倒。

それでは、よい月を。

155 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*