あなたはどう感じる?ケープマクレア情報

スポンサーリンク

美しいけど、物価が高くなって敷居が高くなってしまった、

マラウイ湖の岬のリゾート・ケープマクレアの話です。

謎の国境地帯からさらに、

仰天!世界でいちばん奇妙で変な国境に行ってみた
気がつけば、そこはよその国。気がつけば、異邦人。 国境線には縁のない日本ですが、世界に出るとそんな我々の常識を超えた、ぶっ...

さらにケープマクレアへと進みます。

モンキーベイ(ケープマクレア)へのM10は、ダートになったり舗装路になったりする

途中の町・モンキーベイで夕食。照り焼きとンシマで130円と安い。

左上にあるのはフィンガーボウルだが、指を洗った後のフィンガーボウルなのに、ナイフとフォークを突っ込まれたことは、金輪際、心に留めておきたい。

さらに夜道を走りつずけ、やっとのことで、20時13分、ケープマクレア到着。9時に出発したリロングェから317㎞走行。

23時に寝る。もーれつに眠い。

ケープマクレアの景色

白人向けのレジャーリゾートとなったこの村。

夕ぐれの美しさは屈指。

宿泊について

この日泊った宿Cape Maclear  Steven GH  1500

昔はかなり安かったらしいが、2009年時点で一泊975円と急騰した。

部屋からは湖が見えて水平線も見えるのはいいが、隣に民家があって非常にうるさく、雰囲気が台無し。

宿の中庭。

町外れのFat monkeyに行くと

完全に白人がウジャウジャしとったです(キャンプ500・ドミ1000・部屋3000)

村の売店。見ての通り、油を売ってます

ケープマクレアの食事

ンカタベイは庶民どころからレストランまでそろっていたが、ここは不便な僻地の岬とあって、とにかく物価が高い。

街中のしゃれたレストランは、一品1000クワチャ以上して超高い。日本のレストランと同じかそれ以上かかる。

ステーキなら安く感じるが、野菜だけのスパゲティが650円てどういうことよ?サイゼリヤのほうが安いぞ。

逆にその点、黒人向けの掘っ立て小屋レストランは、とても安いけど、お茶とパンしかなかったりする。

なので白人向けと黒人向けの中間の食堂のようなレストランで食べていたが、値段も中間。チキンスパゲティとサラダのセット390円。

魚のカレーライス455円と、それでも高い。

ケープマクレアは、完全なリゾートとなったためか、他のマラウイの町と違って物価が高く、黒人と白人の棲み分けが歴然としていて、正直気分が滅入った。

なお、唯一の収穫と言えば、

マクドナルドを発見したことでした(それは最後に)

ダイビングショップ

今回の目的である、日本人女性が運営しているといわれるダイビングショップをのぞいてみる

ダイビングのPADIライセンス(Open Water)はむかしは130ドル程と世界最安でとれたらしいが、いまは(2009年時点)400ドルと高くなっている。

いまは日本人女性もいないようだし、そもそも活気がない。

130ドルなら安いから、ここでPADIライセンスを取ろうと思ったのにな。

まとめ:

スキューバなどしにいくわけじゃなければ、ケープマクレアは無理して行くほどの村ではない。

町もあってコンパクトで便利なンカタベイのほうが断然便利でいいと思いました。

そして、お待たせしました

マラウイの田舎で、天下のマクドナルド発見です!

掘っ立て小屋のローカルスタイルのマクドナルドです!

ハンバーガーは無いけど、Chips(ポテト)と玉子焼きで130円でした。

そして、トイザらスもあるよ

ケープマクレアじゃないけど、デッザから100㎞の、モンキーベイからマンゴチの間の国道沿いには・・

かやぶき屋根のトイザらスですが、

職人の伝統工芸のように、匠の技が光りますな。

132 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です