ケープタウンに到着!着いた初日から単車を買いに行くの巻

ついに人生初アフリカ!大興奮の初日!
12月3日 07:07(日本時間14:07)に、ケープタウンに上陸。関空を出て27時間の非常に長い旅だったのだが、なんば同様、朝は気持ちよく晴れていて、南半球なので初夏のさわやかな天気。

そういえば、同じ7時7分でも、大阪はまだ完全に夜が明けきってなかったが、ここは南半球で日が長いのでこの時間も充分明るい。そして夜が長い。

時刻表。このほかにもニューヨークやブエノスアイレス、オーストラリアなど全六大陸に就航。

ケープタウンらしく、アジアからの漁船員の姿も。

空港内の自販機の菓子(スニッカーズやキットカットなど)が一品6.5ラント(65円)と割と安い

ABSAの銀行ブースで、一万円札を現地通貨ラントに両替。南アフリカだけだと、日本円現金でもドルとかと同じくレートはよかった。わざわざドルに両替する必要はないです。

なお、南アの周辺諸国でもラントは価値があるため、多めにラントを両替しておくのが得策。

空港と市内を結ぶバスや鉄道がないため(2008年当時)しょうがないので乗り合いワゴン車に乗ったのですが、貸切状態でひとりだと高くついてしまい、2000円近く払う。

車窓 郊外のスラム街

こうして、宿についたのでありました
泊まった宿・キャット&ムース 1泊90ラント のロケーション

宿は地球の裏側の日本からあらかじめ予約していたので問題なし。ドミトリーの一室に荷物を置いて、しばらくしてから街歩き。

宿のスタッフのジョンに、バイク店を教えてもらい早速ホンダの店に歩いて行く。目星をつけていた125ccは新車で11000ラントと破格の安さ(リーマンショック直後なので異常に安かった。運がよかった)なので、早速決意。



記念すべきアフリカでの初めての食事

は、この玉ねぎの入ったボーア風ホットドッグ。100円。うまい。

そして、市場では南アにもカレーライスを発見。肉がたくさん入って190円。安い

早速行った黒人の市場だが、自分のような異邦人でもすっかり溶け込み、旅の自信がついた。南アは思ったよりも旅しやすそうな国である。

名物・テーブルマウンテンが見える。天気が抜群にいいので、最高に気分がよろしい。

ホンダの店に戻り、契約。パスポートのコピーと免許証を提示。支払いは小切手か現金のみ。

明日お金を支払うことになる

南アフリカでバイクを買う&売る方法と、Honda e-Storm(SDH125)について
今月よりアフリカ編が開始しました!まずはアフリカ旅を共にした125ccの紹介。購入と売却とマシントラブルについてしるします。 e-Stor...
話はそれるが、1500㏄バイクで世界一周していた松尾清晴氏もかつてこの店に来たとのことなので、スタッフに「ミスターマツオを知ってるか」と聞いてみると、覚えているといい、

「マツオは大きいバイクできた。英語が話せなかった」

と言っていた

初めてのアフリカで、何もかもが珍しく新鮮なのと、天気も良くてテンションがMAXなのもあって、着いたその日に早速契約してしまい、一日でここまでやってしまった。

が、もう地球の裏側からの長旅で疲れて疲れて眠くてしょうがないので、16時半ごろシャワーを浴びて、日がくれる前にはドミトリーの二段ベッドで寝てしまったのであった・・・

133 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*