昔の日本のクリスマスはどんなもの?「結婚とXマスケーキの法則」

ついにクリスマスイブ!

ということでクリスマスに因んだ話をします

24と25のクリスマスケーキ

あなたは、クリスマスケーキの法則を知っていますか。

クリスマスケーキは、24日までに買うものなので、25日になると売れ残りとなって安い値段で売られるになる

それが転じて

『クリスマスケーキ』の解説

クリスマスケーキはクリスマス当日の25日を過ぎると安い値段でさばかれる。また、適齢期を過ぎても結婚出来ずにいる女性のことを「売れ残り」という。ここから、24歳までは男性に対し、結婚のための条件をいろいろつけていたが、25歳を過ぎて条件を下げる(=自分を値引きする)女性をクリスマスケーキという。ただし、結婚適齢期が高くなるとともにこの意味では使われなくなり、現在、死語となっている。

http://zokugo-dict.com/08ku/christmas-cake.htm

これは35年前に流行ったらしいですが、今の日本では適齢期も高くなり、とっくの昔に廃れたわけですが

それどころか、自分が子供のころは昭和だったので「売れ残り」とか「オールドミス」とかいう今では聞けないクラシックで過激(?)な言葉も普通に使われていた。

いまでも、クリスマスケーキがそっくりそのままあるのです
それが中国です。

この前、たまたま見つけた記事

http://tabi-labo.com/259271/marriage-market-takeover

ケーキと同じく、25歳を過ぎると、「剰女」となる。余った女。まるで昭和50年代の日本である。

このキャンペーンは、外資系企業が打ち出したものなんだけど、そもそも欧米とかでは、人生結婚せずとも自分の好きな道に生きる生き方は当然になっている。

しかし東洋の国々では結婚して孫を見せるのが親孝行とされており、特に中国は昔のままなので、そのギャップたるや相当のものだと思う。

でも思ったのは、

たしかに、20代後半や、アラサーなら「独身でも充分日々満足してます」と、強気でいけるだろう。

しかし、自分のように40歳を過ぎてしまうと、彼女たちはどう考えるのだろうか。

「自分ひとりでも生きていけるわ」と心から言い切れる強さは残っているのだろうか。

40になるとどうしてもそんなふうに考えるようになった。

クリスマスはクルシミマス

近年、日本でもクリスマス離れが進んでいるという。

いまや友人や仲間とネットでつながってられるし、特別に外出するほどのものでもないし、豪華なプレゼントやデートするのもとても金かかるし、それ自体が古臭いというのもあるだろう。

あとは近年ハロウィンが急上昇してきたから、クリスマスはもはや重要なイベントではなくなってきている、というのもある。

ハロウィンは、なぜ昔の日本で流行らなかったのか?そのタブーとは?
今週末はハロウィンまっさかり!いまやどこへいってもハロウィンハロウィン! といっても、ハロウィンが流行ってきたのはつい最近...
本来、キリストの生誕を祝い、ミサに行ったり家族で祝う。それがクリスマスだった

しかし日本では、特にバブルのあたりはどこでとち狂ったのか、クリスマスイブの日は、恋人とホテルに泊るのがトレンドになっていった。

キリストが生まれた日に、

サンタがやってくる日に、

日本ではここぞとばかりに、

夜のホテルの一室で自分たちのキリスト作りをしたのである。

そのため、そこからあぶれた報われない男たちの怒りというのは、今では比べ物にならないぐらいすさまじい負のエネルギーがあったように思う。

バブルのあたりとかでそんな風に魔改造されたクリスマスだけど、2017年になると報われない側のほうがメジャーになり、クリスマス離れとなっているおかげで、本当の意味でのクリスマスに原点回帰しつつあるのではないかと思ってます

海外と日本のクリスマス

たとえばちょうど昨年に書いたボリビアのクリスマスは真性カソリックの国。

標高差4667m!南米アンデスの真夏から真冬のクリスマス・イヴはどんなもの?
きょうのGoogleロゴは、もちろんクリスマスイブです。南米のアンデスとカソリックの国・ボリビアではどんなクリスマスだったのか?...

日本では仏教徒も神道もメリークリスマスとためらいなく言うけど、そんな節操のないところも意外と好きです。

インドのサイババにとっては、キリストもアラーもみんな友達。

(88)サイババは生きていた!?~これであなたもサイババファンになれる~
世界一のいじられ神さま。それがサイババ。 あなたは、サイババブームを覚えているだろうか? 私がはじめてサイババを見たのは...

これぐらいゆるいほうが、くだらない宗教対立もおこらないし。

それでは、よいクリスマスを!

448 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*