UberEats 39日目 長野でサービス開始初日(前編)まさかの時給!

スポンサーリンク

旅と仕事が合体!たびいちウーバーイーツツアーの第3弾は長野です

そして今回もキャンプをしながら仕事しました

39日目 7/2

まずは、たびいちドットコムは地味にVlogも初めております。

先日の長野までの走行動画(下道での最短距離:高崎>国道18号>軽井沢>浅間サンライン>新地蔵峠>長野)を4分間にまとめましたので、

今回載せる道中の写真はない代わりに、この動画を見ながら、走行中の臨場感と早朝のさわやかなシーンをお楽しみください

まだ暗い3時35分、熊谷を出発。前回の静岡とほぼ同じぐらいの出発時刻だ

17号バイパスをえて群馬県に入るころには夜も明けてきた

高崎からはR18。軽井沢の峠と言えば、バス事故があったのが生々しい

たびいちドットコムのはじめのころは、このバス事件を一つの記事にしたことがある

その現場が、動画の2:48あたり

そこに戻ると、慰霊碑が立ててあった。合掌。

のどかな高原地帯がひろがる浅間サンラインからは、一気に長野へショートカットする峠道・県道35号にいく。千曲経由の国道18号だと山に挟まれた道で狭いうえに、通勤時間で渋滞するのでロクなことがない。

地蔵峠。ウーバー用語で「地蔵」はマクドナルドなどの前で依頼を待つ配達人という意味なので、地蔵と聞くと最近はそっちのほうを思い出してしまう

山を下りると松代、そして長野市内の静かなる通勤通学風景。長野はほかの県よりも真面目な県民性というのがよく伝わる。

長野に到着

8時5分、長野駅に到着 自宅から190㎞・4時間30分

駅では、いつものようにキャンプ道具などの荷物をコインロッカーに預けた

駅のコインロッカーは、静岡でも麻布十番でもこの長野でも400円だった

それぞれに謎のご当地キャラが描かれており、某・ブルースソーに酷似したキャラのロッカーに入れた。その名は阿智村だからアッチー

長野の初配達

長野駅前からオンラインにしたが、思った通りそう簡単には鳴らない

コインロッカーで出会った、新幹線でやってきた折り畳み自転車配達員のB氏と共にくっちゃべりながら待つ

そして、日本一周中という若者に出会い、3人して待つ。この後新潟、そして札幌にむかうという。

「YoutUber」に笑ってしまった

人生初配達の大宮がそば屋、川越がスタバ、宇都宮が餃子。そして静岡ではタピオカの店Tapista。そして長野ではどこの店が初配達になるのだろう?

そう思ってても、まったく鳴る気配が無い

12時過ぎ、ついに初依頼が来た。それはケンタッキーだった

でも自分が一番乗りではないらしかった

ダブル配達だったが、2件目のお届け先が面白かった

学生らしき若者3人がいて、彼らもこれからUberEats配達員をはじめるというので、登録のことやシステムなどを矢継ぎ早に聞かれた。かれらは今回は客として頼んで、研究しているらしい。おかげで調子こいて20分ぐらい話してしまった。

といいつつ超ド級の田舎者の私は、実はまだUberEatsを注文したことが無い。

それどころか注文者用のアカウントやアプリすら持ってない。

いいかげんはよ作らんとなあ。

スポンサードリンク

謎の依頼

そして何軒か後の街外れのマクドナルドでは、配達先の住所欄には「外で」としか書いてない

なんじゃこりゃと思ってメッセージを読むと、

「若里マックのとなりのツタヤの駐車場にいますのでそちらにドロップおねがいします」

と書かれてあった。あの時は気づかなかったが、ドロップという業界用語を使うところが同じ配達員っぽい。

そしてどうせ隣だからバイクに乗るまでもなかろうと歩いて届けに行ったら、やっぱり彼も同じ配達員でした。

その彼、Q氏は、自転車配達の遠征組で、そこでまた私は調子こいて10分ぐらい話した。このQ氏とはこの後も明日も何度か会うのだった

長野と言えば善光寺

前回の静岡市は、東京を圧縮したような新しさを感じる街だったが、ひさびさに訪れた長野はかつての活気が抜けてる印象がした。

自分の印象としては、長野と言えばオリンピックで新幹線も作られるぐらいのすごい街という印象だった。21世紀以降も、なんとなくクリスタル知事が異様な特色を出してたものの、北陸新幹線が開業して終点ではなく通過駅になってしまう頃には、もう普通の地方都市に戻っていったのだろうか。

静岡と気温は同じぐらいだが、静岡は海に近いのでとにかく蒸し暑かったが、長野では晴れてるのに時おり冷たい風がそっと吹いていて、山と高原の国を体感する。

県庁に行ってみた

なんとなくクリスタルな知事の県庁。

国内ツーリング・アーカイブ 1995~2011 長野・静岡
本日は819の日! そこで、若き日のたびいちがしてきた(悪く言えばPVの低い)ツーリング記事は、この1か所にリストラ、ならぬ...

あの後どうなったのか

これが2006年

これが2020年。カーテンが閉められてそっけない。カーテンの向こうは知事室ではなく、観光課かなにかのの事務室になっており、もちろん元知事のコスプレもとっくに撤去されていた

長野では知名度が低い

静岡では新しもの好きが多いのか、市民の間では、UberEatsがはじまったことを多くの人が知っていた

しかし地域柄なのか長野では知らない人もいて、知名度が低いと思った。

タワマンに住んでいちいち外に出たがらないブルジョワ港区民と、日ごろから健康的な食生活を心掛ける長野市民とでは、UberEatsに対する存在意義も違う。

それでも若い子からはほかの街同様ウーバーイーツだとよく呼ばれる。やっぱり芸能人気分。

UberEatsを初めて見たという人は興味津々で、思わず私も得意げに饒舌になってしまう。

おかげでこの日は本当によくしゃべった。本当に面白かった。

仕事を終えて、すき屋で牛丼大森480円。近くにいたカップル女子が、牛丼大森に紅ショウガてんこ盛りだった。

こうして一日を終えて、キャンプ地である犀川の河川敷にむかったのだった

キャンプの様子と2日目は、次回のお楽しみに。

収益

8時50から20時まで稼働

2111円 6配達 OL9h37 時給219円

走行250km (稼働50㎞)

記念すべき長野の初日で、さらにさらにさらに最低時給記録を達成!

ついに時給219円\(^o^)/

静岡でもそうだったが、長野はもっと最低時給だった。サービス開始初日で飲食店側もまだ準備ができてないような状態なため、対応できる店がとても少なかったと思う。6回の配達のうち、健太と外れのMac1件だけだった。

ほかに対応してる店は「焼肉Monster」と「九州男児」という店があるぐらい

静岡ではTapistaという店を何度も配達したが、初日の段階で対応している店は静岡よりも少ない。

しかもビックリしたのが、単価の低さ

いくらショートとはいえ、この200円台という見たことのない単価の低さに、真っ青になりましたよ。下の611円はダブル。200円台と300円台で611円。さいたまなら歩いていけるほどのショートでも300円台だし、宇都宮でさえダブルしたら720円なのに・・

ほかの配達員にも聞くと、B氏は3000円越えで、まじめにやってた自転車日本一周君は4000円越え。それでもちゃんとやって時給600円いかないと思う。まさに少ない案件のウーバーいあいだ。

のんびり旅気分でやったため、遊び半分で仕事を楽しんだからいいけどね。

働く意義というのは、お金だけではない!

トーキョーでオニのように稼げばええわい。

だけど長野は単価そのものが異常に低いし、長野市民の食文化や県民性、車社会ということを考えると、利用者爆増の大化けになるとは思えないから、地元の配達員はかわいそうだな。

492 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加