UberEats 41日目 新潟でサービス開始初日の配達(前編)

スポンサーリンク

「あなたの血液型は何型?」

「新潟!」

旅と仕事が合体のUberEatsTour第4弾は、新潟です

新潟の出発前夜

いよいよ今宵25時ぐらいから新潟に出発だ。
もう4度目の遠征で、なれてきたので特別に準備することもないし。

新潟は天気悪いので今回はホテルに泊まろうと思ったが、
さっきホテル予約しようとしたら、きのうよりもえらい値上がりしちまったのでガックリ。結局今回もキャンプ。

だけどテントのほうが、いつでもどこでも泊まれるからずっと気楽だわい。
静岡同様海辺にキャンプしたいが、雨なら橋の下か。

25時(夜中1時)に出発しようとしたら、運が悪いことに雨が降り出してきた

41日目 7/9 どしゃぶりの中をすすむ

雨の様子を見ていたが、リミットが迫るので2時半ごろ出発。雨が止むどころか強くなるばかり。国道17号上武国道をひた走る

合羽で万全の装備をしているとはいえ、連日の雨と、出発早々のっけからの大雨に、いいようのない怒りがこみ上げてくる。あまりに頭に来るので、新潟行きをやめて、本気で引き返して帰ろうかと思った。

でも新潟行くと宣言しちゃったし、一生に一度だし、シークレットのインセンティブももらえるかもしれないので、とりあえず進む

以前は上武国道は50号で終点となって、新潟方面に行く場合は、前橋を通過しなければならなかったが、バイパスが前橋よりも北にのびて沼田方面まで直結している。

前橋を過ぎるころには少し元気が出てきたし、今更引き返すのも面倒なので、このまま新潟に進む。でも先はまだまだ遠い

前回の18号群馬=長野とちがって、17号の県境あたりは交通量がきわめて少なく、越後湯沢までは独走状態だった。

たびいちドットコムは地味にVlogも初めております。

先日の新潟までの走行動画(越後湯沢>国道17号>新潟)を7分間にまとめましたので、

今回載せる道中の写真はない代わりに、この動画を見ながら、走行中の臨場感と早朝のさわやかなシーンをお楽しみください

新潟県に入ってからは雨も小雨になり、そしてやみ始めてきた。

新潟の17号は単調だが、豪雪地帯のため路肩が広く取ってあり、バイクなら遅いトラックや車をすり抜け追い越すことができるのが救い。

新潟到着

新潟駅前で、二台の自転車を発見。

それは長野で出会ったB氏と自転車日本一周氏だった

そしてしばらくして、テレビ局がやってきた。長野に続いてまたもやB氏、取材される。

長野に比べると新潟は鳴りがいいのか、我々は駅前でクダを巻くことなく、各々は解散、少し寂しいね。

新潟初の一件は、万代店のマクドナルド。

配達先は同じ通りの美容院。初注文とあってか、受け取った女子店員のうれしそうな顔が印象的だった。

なお、Macデリバリーの仕事は時給850円。UberEatsとどっちが稼げるのだろう。

新潟に来る途中、雨に濡れたため、USB充電ケーブルがダメになってしまった。

しょうがないので、充電ケーブルを買う羽目になった

かといって駅前の淀橋とかだと1本1000円ぐらいして高い。

ならばいつもの百円ショップなら売ってるだろうと探すも、百均がちっとも見つからないのだ

長野に比べると、新潟はやたらパチンコ屋が多い。

その点長野市は記憶にないぐらい少なかったので、風紀はよかったと思う

パチ屋はすぐみつかるのに、百円ショップはないんかい!と非常に不満に思ってたら

「そうだ、Googlemapで調べてナビすればいいんだ」と、いまさらながらに気付いた、スマホを操り切れない昭和の男。

結局、2.2㎞先の中心部にあるヨーカドーの6Fのダイソーで無事Getzしたのだった

スポンサードリンク

新潟はまんがの町だった

その後もちっとも鳴らないので、観光に充てる

宇都宮は餃子の町。静岡は富士山と東海道の町。長野はオリンピックのあった町

それでは新潟は?というと、まんがの町だとおもう

新潟市営のマンガの家。

新潟は多くの著名な漫画家を輩出しているが、雨や、特に冬の雪が多いため、ひきこもることが多く、その分ほかの地域よりもイマジネーションが働く時間が多いからだと思う。東北やロシアに文豪が多いのは天候もある。

抜け作戦性じゃなかった、抜作先生

アーケード街のドカベンふざけまくる

水原勇気もこうなる

こういうくだらないことができて、はるばる雨の中行って良かったと思う

テレビを見に快活clubへ

夕方6時からのBSNで駅前でUberEatsを取材されたのが放送される。テレビを見るために快活新潟桜木店に行く。じつはB氏と日本一周氏も、ここのブース席に泊まったのだという

夕食代わりにソフトクリームを何杯もばか食いしながらテレビを見てたが、しっかり自分も1秒ほど映ってた。

そのブース席だが、フラットルームはいかにも寝る前提で作られてる。でも扉を閉めたりの物音が結構響くので、うるさいのが嫌いな自分はちょっと泊まる気にはなれない。テント泊のほうがよっぽど快適だと感じた。

大雨でも東屋などにテントを張れる。だけど真冬とかだったら、寒い夜を避難する意味でもアリかなと思った

ブース席には結局50分ほどいた。456円なり。

日本海の夕やけを見る

あまりしゃかりきに働く気にはならないし、せっかく新潟に来たのだから、野宿地探しを兼ねて日本海へ行く。

今夜は降水確率が低いので、浜辺で野宿に決定。

その後オンラインにするも、鳴らない。

夜の新潟駅前に戻ってうだうだしてると、B氏が戻ってきた。長野とちがって件数もできて、ほくほく顔のようだ。そしてその後、昼の配達で見かけた地元の新人さんたちも集まってきた。

長野のような地元の新人配達員との何気ない交流がいい。だけど長野にいた遠征組は今回見かけなかった。天気悪いし遠いからだろう。

収益

10時40から21時まで稼働

1300円 3配達 OL6h31 時給199円

走行421km (稼働60㎞)

ついにどん底の最低記録更新!時給100円台。

この日は420キロも走ったのに、ガソリン代だけで相殺されるほどの収益。

といっても、観光してたのであまり本腰を入れなかったのもある

その点B氏はしっかりやったので、6500円ぐらいだとか言っていた

といっても時給650円程度だが。

568 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加