YouTube動画のBGM用フリー無料音楽を見つけ、作成する方法

スポンサーリンク

たびいちの「動画革命」第3弾は、「BGM選びとBGM入りの動画作成のコツ」です

動画革命宣言として、YouTubeの動画づくりを本気でやり直して以来、
作り直した動画は、じわじわと進化していってるわけですが、

それでもまだまだ何かが物足りないと思ったので、

今度は「BGMを入れること」に挑戦しました

テーマを理解していただくために

今回の記事の「BGMと動画づくり」のテーマを理解していただくために
まずは、私が本気出して作ったこの動画を「最後まで」見てください。2分足らずで終わりますので。

あの先日の低評価騒動で、くやしさのあまり
「みんなを驚かせてやる!」
という決意と、ほとばしる勢いで作ったのです

ということで、フリー音楽の探し方ついてと、
どのような経緯でフリー音楽をこの動画に使うようになったかという話を
解説していきます。

そこらへんの音楽を勝手に使ってはいけない

音楽にも著作権がある以上、
「テレビCMで流れてたあの曲はカッコいいナ」
と思って、その曲を勝手に自分の動画のBGMとして使って、ネット上に公表してはダメです。

いくら非商用利用のためでも、
YouTubeにアップすると、すぐにYouTube側から著作権の侵害認定になって、その動画に制限が加わったり削除されたりするので、あまりやるとまずい。

花火大会でもNG?? 著作権侵害の盲点!

うちのチャンネルの実例でいうと、

熊谷の花火大会で花火を撮った時、

会場で大音量ではっきり流れていたポップソングのせいで、

その動画はYouTubeから著作権侵害認定されてしまったことがある(笑)

そもそも、適当に撮った動画、醜悪な動画、下劣な動画に、みんなが知ってるような曲を入れると、見る人にとってはその曲のイメージがぶちこわしになってしまうこともある。

そうなるとその曲のファンの人や、シンガーソングライターにとっても嘆かわしい。

BGMサイト選び タダで音楽が聴けるなんて、いい時代だよね

とはいえ、そこはよくしたもので、
いまや完全無料の音楽なんてちょっと探せば、より取り見取りの選び放題、何千曲でも入手し放題できる時代。

そこで、フリーBGM素材集のサイトを探すわけですが、

いろいろある中で探せば、海外のサイトだとカッコいいのもあるんだろうけど、海外の物だと、どこまでフリーユースが可能なのか、その版権の問題がややこしい。

「曲を利用するのはいいが、必ずどこどこにクレジットをいれなきゃいけない」

など、やたらしちめんどくさいものもある。

そういう意味では、ちゃんと日本語で説明がされて理解できる、日本国内のサイトが安心できる。

そこで、一番安心そうなのが、

フリーBGMサイトのDOVA-SYNDROMEを利用しました
https://dova-s.jp/

さて、私の場合は、BGM使用目的といっても、
そんなに大それたものではなく、
当初は楽曲の数秒ぐらいしか利用しない予定だった

というのも
先の動画は、30秒ぐらいの動画を何個か合体させて作ったものだが、
その動画と動画のあいだに、動画では映らなかった場所の「写真」を入れたかった

しかし写真を入れると、その時間が無音状態になってしまうため、なにか物足りないということで音楽素材が必要になったわけです。

この動画は「国境の海」が舞台なので、
その中からイメージの合ったものとして
「Serene」という曲をダウンロードしました

https://dova-s.jp/bgm/play13218.html

ダウンロードしたSereneのMP3を、
私が普段使っている動画編集ソフトWindows Movie Makerにて
SereneをAdd Musicしたところ

曲全体がすっぽり動画の最初から最後まで全部入ってしまった

本当なら、動画間の写真に使うだけで充分なのに。

まあとりあえず何気な~く全部を通して聴いて見たところ・・・

まさかの衝撃を受ける!

もうね、
心の底から衝撃受けましたよ。

エモい!エモすぎる!!!

この曲Sereneと、撮った渚の動画が、あまりにも絶妙にマッチして、感動。

そのマッチした魅力が、音楽をいれない場合に比べて、エモさが20倍ぐらい違う。

本来なら隙間の写真のところだけにSereneの一部分を差し込む予定だったのだが、
あまりにエモいので、一瞬で予定変更。
すぐさま即決で全編に曲を入れることにしました

スポンサードリンク

必要なのは、感性と何百回もの調整だ!

そうして動画が完成したわけですが、

実を言うと、たった2分のこの動画に、何時間も費やしたのです。
それは、BGMなどをとにかく気の済むまで緻密にタイミングを調整しながら作ったからです。

なぜそこまでするかというと

動画にBGMを挿入する場合は、
BGMと動画の進行バランスは、絶対に重要です。
絶対に絶対にズレてはなりません。

もしズレると、その動画の魅力を削いでしまう。

下手すると動画自体が台無しになってしまう。

ちまたで見かける、中途半端なYouTube動画だと、
その雰囲気にぜんぜん合ってない曲がミックスされたりしてて、
とてもげんなりするし

BGMの展開と、動画の展開がちょっとでもとズレてたりすると、
すぐに本能的なモヤモヤや違和感ばかり感じてきた。

だけど。
今度は自分がそういう動画を作る番になり
うまくできるのかと不安でしたが、

とにかく満足のいくまで、今後の命運をかけて、徹底的に何百回も編集と調整を重ねた結果、
自分でも超感動するぐらいの動画ができたのです。

ただし、いくら自分が自画自賛したとしても、
それが人にとっていい動画かどうかは、別問題ですけどね

そうやって作った動画は、「感性の結晶」ですが、
その「感性の結晶」が、全ての人に迎合できるわけではない。

だけどせめて曲のタイミングにあった展開になるよう、もっとしっかり丁寧に緻密に調整していけば、少しでも多くの人は納得するのではと思います

まとめ 職人のように

なので、BGM付の動画を作るのなら、たとえ2分の動画でも、職人のように納得のいくまで何時間もかけて調整して、タイミングをコンマ秒まで調整、調整、調整して、丁寧に作るべきです!

でもね、

こうして夢中になって手間をかけた末に完成した動画を見ると、

「ブラボー!!!」

と叫びたいぐらいめちゃくちゃ感動しますよ。

自分にはできないと思ってたことができた。

やればできる!

この経験を糧に、プロのクリエイターを目指していきます。

※チャンネル登録よろしくおねがいいたします

https://www.youtube.com/user/stk1akira/videos

473 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加